貴金属市場の動向とここからのポイント [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2017/10/26(木) 19:59

日米の株式市場が高値を更新する展開となる中、金価格はレンジ入りしてしまったようです。金ドル建て相場は北朝鮮のミサイル発射や水爆実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などの挑発行為による地政学的リスクの高まりから、9月8日に1,356ドルまで上値を伸ばしたのですが、9月9日の北朝鮮の独立記念日にミサイル発射がなかったことで、短期的にはトップアウト。7月以降、200日移動平均線を上回る状態が続いているものの、年内の米国の追加利上げ観測を前に、上値が重い展開となっています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト 森成俊さんにお話を伺いました。

12月13、14日のFOMCで利上げの可能性が強く、ドル高進行シナリオが
足元では金市場にとって逆風となっています。


また、次期FRB議長候補にスタンフォード大のジョン・テイラー教授の
名前が。テイラー・ルールが適用された場合、現状ではFF金利は
3.75%前後に設定すべき、ということに。(現在レンジは1-1.25%)
テイラー氏選出となれば、一時的にしろ米金利市場が大きく動くことが予想され、
ドルや株式市場にも影響が及ぶと推測されます。

そして今夜26日は欧州中央銀行(ECB)の理事会で、欧州のテーパリングが
どのような計画となるのかにも注目です。
足元ではリスク回避が金市場のテーマではなく、
金融政策を見極めようという様子見のムードが広がっています。

ゴールドETFの金現物保有高は今月25日現在、1,188.43トン。
9月末の1,199.95 トンから約1%減少。

投機筋らのポジションは今月17日現在、20万0,724枚となり、
12日現在の20万0,112枚から微増。
9月12日には25万4,760枚まで増加していましたが、減少傾向にあります。

金とプラチナ価格の逆転現象が長期化していますが、
ここからの投資を考える時にどちらに妙味があるでしょうか。
森さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

******************************************

番組内でご案内しました10月31日(火)TOCOM×サンワード貿易共催セミナーです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/event/2017/20171019.html
TOCOM×サンワード共催セミナー