原油堅調は続くのか~ここからのポイント [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2017/10/25(水) 23:25

9月、OPEC生産量が前月より減少したことや米国原油在庫が下旬に向け減少したことを受け原油価格は強含み。IEAが今年の需要量を上方修正したことやクルドの独立問題などの地政学リスクも原油価格を支えました。10月はサウジ国王のロシア訪問でOPECと非OPECの協調減産の強化などの連想が原油下値を支えており、足元では原油価格が強含みでの推移となっています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はオイルエコノミスト藤沢治さんにお話を伺いました。

年末にかけて、また来年上半期にかけてはどのような材料が
原油価格決定要因となってくるでしょうか。

① 11月30日OPEC総会

OPEC/非OPEC合計で日量180万バレルの現状の減産合意を
来年年末までに継続する、というのがコンセンサス。
減産幅の拡大は無いと予想されています。

② 米国シェールオイル増産復活

米国EIA(エネルギー情報局)は、今年の第4四半期は、
米シェール生産を日量960万バレルと前年同期比より日量79万バレル増と予測。
17年通年では、約日量40万バレル増観測。
2018年は、日量約70万バレル予想。
この予想はやや控えめという指摘もあり、WTIが$50以上で推移すれば
シェールオイルが増産基調になるため、
2018年は日量約100万バレル増になるのではないかとの見方も。

③ 地政学リスクの鎮静化

クルド独立問題~クルドの独立は困難であり現実的でない。
米国の対イラン制裁復活も困難な状況であり、地政学、政治リスクを
材料にした原油高は一服か?!

④ 世界需給の均衡時期

OECD諸国の在庫は徐々に減少しているものの、
OPEC/非OPECが現在の減産をしても需給のリバランスは
来年の末までかかる見込み。

ということで、藤沢さんは現状の原油価格はやや割高と指摘。
ここからの原油価格予想をしてくださいました。
詳しくはオンデマンド放送で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

******************************************

番組内でご案内しました10月31日(火)TOCOM×サンワード貿易共催セミナーです。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/event/2017/20171019.html
TOCOM×サンワード共催セミナー