ハリケーン被害でガソリン高騰、またもハリケーンイルマ接近中 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2017/09/06(水) 21:38

この12年間に米国に上陸したハリケーンの中で最も強いハリケーン「ハービー」により製油所が打撃を受けたことで、一部操業の停止などに追い込まれたことでガソリン価格が急騰。9月1日時点で300万バレル/日の精製能力(全米の約16%)と32万バレル/日の原油生産能力(メキシコ湾岸地域の約18%)が操業停止となっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。

これを受けて米エネルギー省(EIA)は8月末に戦略石油備蓄(SPR)100万バレルを、
更に翌9月1日に350万バレルの放出を決定しました。合わせて最大450万バレルの備蓄放出です。
米国の戦略備蓄在庫の放出は2012年以来5年ぶりのことですが、
米国の石油消費量は日量2000万バレルもあり、これに対し450万バレルはあまりにも少ないことから
ガソリン価格高騰を鎮静化するには至っておらず、価格は乱高下。

しかも大西洋東部で強力なハリケーン「イルマ」が発生し、カテゴリー5へと勢力を強めています。
これがフロリダに上陸する懸念が出てきており、これがまた製油所が密集するエリアを直撃すれば
さらなる価格高騰につながるとの思惑も出てきているようです。

※ちなみにSPRの備蓄量は6億7888万バレル(8月25日現在:米国内消費の33日分に相当)、
これに対する今回の備蓄放出量はわずか0.7%相当に過ぎません。。。

また、ゴム価格も上昇しています。

小針さんによると、インドネシア政府の農産物とロシア政府の戦闘機とで、
政府間のバーター貿易協定を交わしたと報じられたことも
今後価格に織り込まれる可能性があるとか。

インドネシアがゴムやコーヒー豆、パームオイルなどを輸出するのに対し、
ロシアは戦闘機Su-35(スホイ35)を輸出する物々交換の協定で、
インドネシア商業省が明らかにしたところでは、ロシア戦闘機Su-35を11機購入する
金額11億4000万ドルのうち、半分を現金で支払い、残る半分の5億7000万ドル相当分を
農産物の現物支給とする契約。

ロシアはウクライナ情勢をめぐる欧米の経済制裁に対抗するため
欧米からの農水産物の輸入を禁止する政策を採っているため
インドネシアからの農産物の輸入に前向き。
一方、インドネシア政府は老朽化していた戦闘機F15を最新機に入れ替えることができるため、
双方の思惑が合致したということのようですが、

5億7000万ドル相当分の農産物のうち、天然ゴムが占める割合に注目が集まっています。
仮に、全体の3分の1をゴムが占めるのであれば、金額ベースで1億9000万ドルの貿易量。
数量ベースでは理論上約11万3000トンに相当するゴム量が取引されることになります。

詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。



****************************************

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月23日土曜(東京)

東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。