今週の放送予定(5月8日~12日) [山本郁コラム] [マーケット・トレンド]
2017/05/07(日) 23:43
GWも終わりましたね。
暦通りで5連休だった私ですが、この連休中は特に遠出することもなく都内で過ごしました。
そんな私がお世話になったのが最寄りの映画館。
この連休中に、CINEMA2以外の3作品を楽しませて貰いました♪

中でも印象深かったのがCINEMA4で鑑賞した「午前十時の映画祭8」
昨日5月6日から、1995年に日本で公開された「ショーシャンクの空に」の上映が始まりました。
私の好きな映画ベスト3の一つに挙げられる作品で何度も見ているのですが、映画館では一度も見たことが無かった作品だったのです。

大好きな青い海の広がるラストシーンや、脱獄が成功して自由を手にしたシーンなどの迫力!
スクリーンで見ると感動が一入ですね!!

「午前十時の映画祭」
その名前を目にしたことがある方は多いと思います。
人気の高い名作を、ほぼ毎日、タイトル通り午前十時から上映するという企画で
映画文化協会などの主催で2010年に始まりました。

私も存在は知っていて、気にはなっていたのですが、朝10時に映画館に出かけるのが少々億劫で
今まで一度も利用したことがありませんでした。
今回「ショーシャンク...」を上映しているのを知って初めて行ってみようか...という気になったのです。

キャッチフレーズが「一度スクリーンで見たかった。もう一度スクリーンで見たかった。」
映画評論家などで構成される選定委員が選んだ作品を1作品基本2週間ずつ、全国56の劇場で上映していきます。
スタート時はフィルム上映。洋画のみで、1作品1週間で50作品上映していました。
途中、映画館のデジタル化で、フイルムを上映出来る映画館が少なくなったため一旦中止になったこともあったそうです。
邦画が加わったのは5回目の2014年から。「細雪」「砂の器」など上映されています。

そして8回目となる今回は先出の「ショーシャンクの空に」や「ペーパームーン」「ローマの休日」など28作品が選ばれました。
http://asa10.eiga.com/2017/cinema/
この「午前十時...」で初上映となる作品が16作。
目玉は黒澤作品を始めとする日本映画が7作。
オードリー・ヘプバーン主演作品が4作。
毎日1,100円で鑑賞できるというのも嬉しいですね。
「ライフ・イズ・ビューティフル」「アメリ」はもう終わってしましましたが、来年の3月23日まであと26作品の上映があります。
私は、来年1月27日からの「バグダット・カフェ」も、まさに「一度スクリーンで見てみたかった」作品なので、見逃さないように手帳にメモしました♪

尚、今上映中の「ショーシャンクの空に」「裏窓」や、夏休み上映のオードリー・ヘプバーンの4作品は1週間上映なのでご注意を!!
尚、上映映画館もA・B二つのグループがありますので、間違った方に行かないようにご注意くださいね!!
http://asa10.eiga.com/

それでは今週の放送予定です。

5月8日(月)
清水功哉さん(日本経済新聞社 編集委員)
「トランプ円安の本格的な再開はあるのか?」


5月9日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第1期
第6回『「転換線」を究める』


5月10日(水)
大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
「専門家の目~原油市場の見通し」


5月11日(木)
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」


5月12日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!