大豆:コーン比価と2017年小麦の作付面積大幅減 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2017/04/05(水) 23:20

豊作に売りなし、とは言ったもので。

2016年度の大豆・トウモロコシ・小麦などの穀物は4年連続の大豊作。ところが、豊作の可能性を織り込みながら下落が続いていた穀物市場は2016年秋口に底入れし反転上昇。9月頃から2017年1月まで5か月もの期間、上昇を続けました。豊作を材料に売り込まれた市場は豊作がほぼ確定したことで買い戻された格好ですが、半年近くも上昇するとは...。

ただし、1月中旬に大豆が先行しトップアウトしてからは総崩れ。

4月に入ってそろそろ需給相場から天候相場が意識され始める時期ですが
下落の波はまだ止まる気配がみられません。

皆様ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はコンチネンタルライス代表取締役 茅野信行氏にお話を伺いました。

大豆が先行して下落を始めたのは
「大豆が買われ過ぎて、割高になっていた」からだ、と茅野さん。
大豆は1月17日に10.75ドルでピークアウトしてから9.80ドル台をうかがう展開ですが
1月時点での大豆とトウモロコシの比価は2.8~2.9倍にもなっていました。

教科書的には大豆がコーンに対して2.3~2.4倍前後の価格水準となるのが
価格が均衡した状態と言われていますが、随分と大豆が高かったことがわかります。

現在の比価は2.46倍、いいところまで割高は修正されてきましたが、、

茅野さんは、現在南米産大豆の収穫期でハーベストプレッシャーがかかりやすく
まだ下値を確認したとは言えないと指摘。
1月くらいまで南米には雨が少なく、不作となるリスクが囁かれていましたが
(1月中旬までの米国産大豆の値上がりの背景にもなっていた)
その後恵みの雨が降り、一転市況は豊作を織り込む形で下落。
そして、その南米産大豆は3/20頃から収穫が始まっており、
農家の売りにさらされやすい時期になってきているのです。

トウモロコシの12月限りを2.4倍すれば大豆の理論値になります。
3.80ドル×2.4倍=9.12ドル
茅野さんは理論的には時間をかけて9ドル付近まで下落するリスクがある、と解説くださいました。

また、この先2017年度の穀物市況については小麦相場に注目とのこと。
3/31発表の作付意向面積では小麦全体で4,605万9,000エーカーと
前年比で8.16%減少する見通しとなりました。

茅野さんは、穀物トレーダーとなり穀物市況を見続けてきた38年間で
5000万エーカーを割り込む数字を見たことがないと驚かれていました。

これは昨年小麦が豊作で売り込まれて割安となったことに起因していると
見られますが、マーケットはこの数字にも大きな反応はありません。

今年、天候リスクなどが生じた場合最も敏感に大きく反応するのは小麦相場と
なりそうです。茅野さん曰く、大相場は何時も小麦から、だそうですが、
今年の作付予定が歴史的に減少する見込みですので、
大相場の芽があるのかもしれません。

詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。