TPP協定と農業競争力強化プログラム [大橋ひろこコラム]
2017/04/12(水) 23:33

米トランプ大統領は、就任早々TPPからの永久離脱を表明しました。TPP発効には加盟12カ国のうちの6カ国以上が批准することが必要です。かつ全体のGDPの85%以上となることが求められており日本のGDP比率17%、米国62%を鑑みれば日米のいずれか批准しない限りTPPは発効しないということになります。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。


今回は資源食糧問題研究所代表柴田明夫氏に
「農業」改革とTPP協定をテーマにお話を伺いました。

アベノミクス農業政策は、TPPの漂流が決定的になるのとは別に、
TPP対策=「農業」改革を進めています。
昨年11月、政府・与党が作成した『農業競争力強化プログラム』という改革案の
中身を柴田さんに解説いただきました。

柴田さんは3つの点に注目されています。

(1)種子法の廃止 

『農業競争力強化プログラム』の最大のテーマは生産資材価格の引き下げ。
具体的施策の中で「戦略物資である種子・種苗について、
国は国家戦略・知財戦略として、民間活力を最大限に発揮した
開発・供給体制を構築する」と謳っています。

問題は、そうした体制を整備するため「民間の品種開発意欲を
阻害している主要農産物種子法を廃止するための法整備を進める」
としていることにあります。

対象となる農産物は稲、麦、大豆の基礎食料。
これまで種子法では、これら主要農産物に関しては
都道府県の農業試験場を中心に原原種や原種の確保、
生産・普及を義務付けてきました。

しかし、これが民間の参入を阻害しているとして
ターゲットになってしまっているのです。

では、政府が活力を最大限発揮させようとする民間とは?

現在日本では種子などの「遺伝資源」について、
自国の主権的権利が認められています。
農家は生産に必要な種子は、国内の種苗会社や農協から買うか、
前年の作物から優れた種もみをとっておき自家採取で手に入れています。
しかし近年はハイブリッド(雑種1代)種子や
遺伝子組み換え(GM)作物が普及するに連れ、
農家が自家採取に取り組みにくい状況となってきています。

つまり種子が誰もが利用できた「公共財」から、
購入しなければ利用できない「商品」の性格を強めているのです。

競争力強化を謳って種子法廃止となれば、民間企業がこの分野に
流れ込んでくるということですが、知的所有権を盾にした
多国籍アグリバイオ企業がシェア獲得に動くでしょう。
種子法廃止は「遺伝資源の囲い込み」政策でもあるのです・・・。

 TPPの漂流が決定的になるのとは別に、
政府は農業者や国民への十分な説明無しに
競争力強化戦略を拙速に進めようとしていますが、
 しかし、それは却って日本の食料主権を脅かすことに
なりかねないものでもあるのです。

(2)コメ政策 ―コメ価格の上昇の背景

足元でコメの市中価格が上昇してきました。
農水省の「コメの相対取引価格・数量」によりますと、
2015年産米、16年産米の全銘柄平均価格がそれぞれ
前年比10%、8%上昇しています。この背景に、
政府主導による飼料用米の増産政策があることをご存知でしょうか。

政府・農水省は14年より「減反廃止」(米生産調整の見直し)政策を
本格化し、主食用米から飼料用米への転換を進めています。

16年産米の「生産数量目標」は743万tで(前年産▲8万t)。
需要見通し762tを下回りました。
一方、飼料用米は18万tから60万tへ増加、2025年には
110万tに拡大する計画となっています。

飼料用米増産の駆動役となっているのは農家への助成金です。
10アール当り平均単収530kgを挙げると8万円、最高680kgで
10万5000円の助成金が出されます。

単収を上げると助成金が増えることから、主食用米のなかの
「くず米」も増量原料として混入されるケースも多くなっています。

主食用米、くず米が品薄となることから価格が上昇するサイクルへ。
これは中食・外食、米菓などの経営を圧迫するもので
消費者の家計負担も増えることにつながります。
影響は甚大です。

米消費が減退していく中で、補助金目当てで生産者らが
飼料用米に切り替えることで米価をあげていく。
ただし、飼料用穀物はトウモロコシや大豆をすでに米国から輸入しており、
政策による米飼料増で、大豆やトウモロコシの輸入量が減少するような
ことになるようなら、米国はそれを看過できないのでは、
と柴田さんは指摘されています。


(3)MA米輸入とアメリカへの配慮

 
昨年TPPの国会承認を巡り、与野党の対立が激化しましたが、
新たな火種となったのが輸入米問題。

政府はガット・ウルグアイラウンド合意(WTO協定)に基づき、
1995年以降、コメのミニマム・アクセス(MA)として
現在77万tの輸入枠を設定していますが、この内、
アメリカのシェアは47%前後で推移しています。

うち10万tは、国が主食用にSBS(売買同時契約)米として
商社など輸入業者とコメ卸売業者との直接取引を認めています。
輸入業者と卸売業者がペアで国の入札に参加し、
輸入業者からの買い入れ価格と卸売業者への売り渡し価格との差が
大きいものから落札します。
国は国内のコメ価格に影響が出ないように、
売り渡し価格を設定しているはずでした。

しかし、輸入業者が政府に申請した価格より安く買い入れ、
一部を調整金として卸売業者に支払っている事実が判明。
国の売り渡し価格よりも安く流通しているのではとの疑惑が生じています。

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。


******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)



小次郎講師のトレードラジオ講座~一目均衡表とは [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第1期(~17年7月)]
2017/04/11(火) 23:08

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座/中級編.
~チャート分析を極める~がテーマです。

18:15~18:30の15分間、毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。事前連絡、予約は不要です。

また、このトレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に
講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。
こちらから是非お買い求めいただき、
テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。
テキストはこちらから→http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=115743699


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今シリーズは半年をかけて一目均衡表を徹底マスターしていきます。
まず、今回は一目均衡表の様々なラインの呼び方、とその意味をじっくり解説。

それぞれのラインはどのような計算式から成り立っているのかが
理解できれば、その意味もおのずと解ってきます。

①転換線
過去9日間の最高値と最安値の半値   
(※半値とは一定期間の(最高値+最安値)÷2)

②基準線
過去26日間の最高値と最安値の半値

③遅行スパン
終値を26日過去にずらして描画

④先行スパン1
基準線と転換線の半値を26日将来にずらして描画 ※(転換線+基準線)÷2

⑤先行スパン2
過去52日間の最高値と最安値の半値を26日将来にずらして描画


さて、これをどのように見てトレードに活かせばいいのでしょう?!
一目均衡表を極めるシリーズスタートです!!

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。



******************

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!

金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、
6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。


金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ
「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、
金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の
「金(ゴールド)」の祭典です。


当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、
当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、
お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語る
スペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!


参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。
(外部サイトにジャンプします)


「魚の陸上養殖が食糧危機を救う」
2017/04/10(月) 23:08
今、世界で魚が不足しているのだそうです。
人口の増加と、身体に良いという理由で、消費量がこの5年間で5倍に増えているのだとか。

そこで魚不足を解消するために最近注目されているのが本日のテーマ「魚の陸上養殖」
本日のコメンテーター 東洋経済新報社 編集局 編集委員の田宮寛之さんによると
魚の陸上養殖は、今後成長が見込まれる業界。
今の内にチェックして置いた方がいいでしょう!

田宮さんに、魚の陸上養殖の6つのメリット
そして成功している企業について教えて頂きました。

6つのメリット
1、台風、赤潮などの外部環境の影響を受けない
2、水もエサもコントロールできるので衛生的で安全
3、生簀ではなく水槽で育てるので、エサの無駄が出ない
4、水温、エサの量・質を調整できるので、魚の生育期間や味の調整が出来る
5、作業員の負担が軽いので高齢化社会でも対応できる
6、どんな場所でも出来るので、輸送コストのカットや、鮮度を保つことが出来る。漁業権も必要ない。

成功している企業
株式会社フジキン
http://www-ng.fujikin.co.jp/csr/eco/sturgeon/index.html

株式会社イワキ(6237)
http://www.iwakipumps.jp/

IMTエンジニアリング
http://imteng.co.jp/

これらの企業については5月18日発売予定の田宮さんの本
『無名でもすごい超優良企業』(講談社+α新書)に掲載されるそうです♪
詳しい田宮さんの解説はオンデマンド放送で!
今週の放送予定(4月10日~14日)
2017/04/09(日) 08:57
この週末、渋谷モディ 1階にちょっと面白いスペースが誕生しました。
「Sony Square Shibuya Project」
"ソニーグループの製品、テクノロジー、コンテンツなどを掛け合わせることで、ユニークかつ新たなソニーの魅力を伝えることをめざして開設されるスペース"だそうです。
展示のテーマは、1~2か月毎に更新されるそうで、今回は「音楽」

10坪ほどの小さなスペースですが、壁面にはLPジャケットや、何やら不思議なパネルが、そしてさらに不思議な楽器などが並んでいます。


まずはこの不思議なパネル、一見、モディ前交差点のイラストなんですが、これは何と楽器なんです!

モディ前の交差点のライブ映像が、スネアドラム、シンバル、ハット...といったドラムセットになっていて、キーボードもターンテーブルもあります。
ABCDは音色を変えるスイッチになっていて、このパネルをタッチすると音楽を演奏出来るんです。

トランペットとギター。これも一種の楽器。
MESHという小さなブロック状の電子タグ...明るさを感知したり、温度を感知したり、振動を感知したりなどするセンサーのようなものをアプリに繋げるという仕組みで作られたものです。


たとえはトランペットは、ピストンのところに光を感知するMESHブロックがつけてあって、そこを触ると、暗くなったことに反応して音が鳴るという仕組み。
ギターの方は、振動を感知するMESHがつけてあるので、抱えて振ると音が鳴るという仕組み。
これを利用していろんなことが出来るようになるそうです。

例えば、光を感知するMESHをプレゼントの箱に入れておけば、箱を開けた瞬間にハッピーバースデーの音楽が流れる仕掛けをしたり...なんてことも♪
こちらに一般の人がMESHを便利に生活に取り入れた例が沢山紹介されています。
https://recipe.meshprj.com/jp/

他にもノイズキャンセラーの機能を持ちながらも手をかざした時だけ外部の音を聞き取ることが出来るワイヤレスヘッドフォンの試聴が出来たり。
これはかなり感動ものでした!

壁にはLPレコードが展示してありますが、アナログレコードが再びブームになってきているので最近リリースされた新譜コーナーと、音楽好き著名人のお気に入りのLPのコーナーです。
LPレコードって絵になりますよね。置いておくだけでお洒落なインテリアのよう。やっぱりレコードっていいですね。


 1~2か月で展示が変わるということで、次回のテーマはまだ内緒だそうで。
SONYグループでは様々な製品、技術を開発しているので、渋谷に行く機会に時間があったらはちょこちょこ立ち寄ってみたいなと思います。


それでは今週の放送予定です。

4月10日(月)
田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「魚の陸上養殖が食糧危機を救う」

4月11日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編』第1期
Lesson 2「一目均衡表とは?」

4月12日(水)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

4月13日(木)
新村直弘さん(マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)
「専門家の目~新年度コモディティの展望」

4月14日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!

新年度の初週...思わぬ地政学リスク、今後は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017/04/07(金) 20:25
虫歯ポーズ↑↑↑岡安さん&袰川です。
はぁ?虫歯ポーズってなんだ?という方はネット検索を、是非。。



月初というだけではなく、年度の始めとなった今週。

前半にはロシアでのテロ事件、後半はトランプ大統領が中国への痛烈な批判を繰り広げた後の米中首脳会談が注目され、今日金曜にはアメリカによるシリアへの攻撃が伝わるなど、なんとも穏やかでない一週間に。

このシリアへの攻撃が場中に伝わった東京では、110円13銭近辺まで円高ドル安が進みました。

有事の円買いの是非には疑問符が付くものの、ニュースのワードに反応して売買するアルゴリズム取引がある以上、こういう不安定な場面ではどうしても円が買われてしまうそう。

日中はこのニュースが伝わる前の水準に戻ることはありませんでしたが、しかしそれでも110円を割らなかったドル円。
このラインはやはりかたいといっていいのだそう。

FOMC議事要旨公表で、株価の割高感に言及するメンバーがいたことが明らかになりましたが、バランスシート縮小への言及はドル高要因のはず。

それでもドルが買われないのは、やはり地政学リスクを背負った政治相場が金融相場を凌駕してしまう、ということにあるのだそうです。

地政学リスクといえば、南アフリカでも大統領が財務相を更迭したり、次の大統領選に向け大衆迎合的に動いていることで、ランドが急落していることについて、岡安さんが先週の放送でも触れていらっしゃいました。

そんな南アの隣国ジンバブエが、過去似たような状況に陥り→ハイパーインフレ→自国通貨廃止...という憂き目にあった歴史があるそう。

南アの場合、そこまでは想定しづらいそうですが、それでも不安定国であることはたしか。

ランドに対し、慎重に見るか、うま味を持った通貨と見るかは、難しいところなのだそうです。

今夜はアメリカで雇用統計の発表があり、直近のADPから良好な数字が予想されますが、好調な指標にも反応しづらい政治相場の今、発表後の反応は注目なのだそうです。




虫歯ポーズ?流行ったの、ちょっと前だよね!?......というご意見は、聞こえないものといたします、はい。
全25件中 16件〜20件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]