門倉貴史氏に聞く~2017年世界経済のリスク [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2017/03/15(水) 20:22

今年は世界経済のリスク要因が3つ。米利上げがマーケットに及ぼす影響。欧州の政治イベントリスク。そして不透明な中国経済。どれかひとつでもリスクが現実となれば、マーケットには大きな影響が出るとみられますが、その時日本市場は?!そしてリスク回避にはどのような資産分散が必要でしょうか。

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はエコノミスト、BRICs経済研究所代表 門倉貴史さんに
「世界経済の行方と投資戦略」をテーマにお話いただきました。

門倉さんのマーケット・トレンドへの出演は実に6年ぶり。
最後のご出演が2011年3月でしたので、その後程なくしての政権交代とアベノミクス、
そしてトランプ新政権誕生と激動の世界経済について
門倉さんはどのようにご覧になっているのでしょう。

門倉さんが指摘する3つの2017年世界経済のリスク要因とは...。

①米国の利上げが世界のマーケットに及ぼす影響。

米国景気は相当回復しており2017年は複数回の利上げが見込まれています。
米経済の足腰はしっかりしているので、利上げによって米国経済が
変調をきたすということはないと思われますが、、、、
新興国のマーケットに深刻な影響が及ぶ可能性があると門倉さん。

米国内金利が上がると、海外の投資マーケットから米投資資金が
引き揚げられる動きが加速。新興国から資金が引き揚げられると、
通貨の売り圧力が強まり、一部の国は通貨危機に陥る危険性が。
通貨危機といえば、97年のアジア通貨危機を連想しますが、
あの当時暴落した通貨バーツ、タイは現状外貨準備高が潤沢であり
それ程の懸念はなさそうと門倉さんは指摘されます。。
現状ASEANで通貨危機が発生するとすれば、マレーシアだそうです。
というのも外貨準備高の減少が大きいため、介入による通貨安防衛が
困難な状況に陥るリスクが。

またトランプ大統領の経済政策もマーケットのかく乱要因です。
特にに為替レート。拡張的な財政政策にマーケットの注目が集まり、
ドルが積極的に買われてドル高・円安の流れになっていますが、
足元では「アメリカ・ファースト」を掲げ、
国内産業を保護する方針からドル安を志向してくるのではないかとの懸念が浮上。
トレンドがドル安・円高の流れに変わる可能性も。

②欧州の政治イベントのリスク

昨年6月のブレグジットに続いてEUから離脱する国が出るでしょうか。
2017年は欧州の選挙が相次ぎます。もしポピュリズムが台頭し
EU離脱ドミノが発生すればEU存続が難しくなり、
欧州発の世界同時不況になる可能性も否定できません。
現状で最も懸念されているのがフランス。
4~6月の大統領選・議会選挙で、EU離脱を表明する国民戦線が
与党になれば、EU離脱の現実味が増してきます。

③中国経済リスク

中国景気が減速傾向ですが、今後1~2年の短期で減速を通り越して
失速してしまうのではないかとの懸念も出はじめています。
失速の場合、経済成長率が+5%を切る可能性も否定できず。
昨今、中国経済のプレゼンスが高まっている現状を踏まえると、
中国経済が失速すれば、中国初の世界不況に陥る可能性があります。
ただし、門倉さんは中国経済が失速するという最悪のシナリオは
十分に回避できるとお話くださいました。

では、こうしたリスクが一つでも顕著となった時、日本経済へは
どのように波及するでしょうか。そしてどのような資産分散が必要でしょう。

門倉さんは、日本は相対的に投資リスクが小さいとみられ、
世界の投資マネーが日本市場に流入しやすい環境になるのではと指摘。
また、先行き不透明感が強いことから投資家はリスク回避の姿勢を強めており、
究極の安全資産といわれる金に投資マネーを振り向けるようになっていることを
解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で、門倉さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からプレゼントのお知らせです。
TOCOMは、3月21日に新商品「プラチナスポット」を上場します。
「プラチナスポット」について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/platinumspot/ (外部サイト)

この「プラチナスポット」上場を記念して、
「TOCOM特製プラチナ1gインゴットカード」を
番組をお聴きの方抽選で2名様にプレゼントいたします。

応募方法など詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/pspot.html