膠着の原油相場、ここからのポイント [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2017/03/08(水) 23:08

WTI原油価格は50ドル台で膠着の様相。2016年のOPECの減産合意で50ドル大台に乗せてからというものほとんど動いていません。1月からの減産実施の遵守率が高く,非OPECのロシアでさえ60%もの減産に動いていることを評価しているとの指摘もありますが、下値を支える効果にはなっていても、ここからの一段高には更なる材料が必要なのかもしれません。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章さんに原油、プラチナについてお話を伺いました。

原油価格が上昇してくると米国のシェール生産が増えるとの指摘もあり、
実際に掘削リグ稼働数は増加トレンドに入っていますが、
米国の1~2月のシェール生産はほとんど横ばい~微増。

米国在庫は増加していますが、輸入が増加していることや
シェールではない従来型の原油生産が伸びていることが背景。
まだ現段階では、原油価格が50ドル台に戻ったことでのシェールオイル生産増はありません。

ただし、DUC(Drilled Uncompleted)と呼ばれる米国の待機井戸数が
(掘削済み井戸のことで、現状では生産していないもののいつでも生産できる状態)
増えてきており、いつでも増産体制にあることには留意しておきたいのですが。

トランプ新政権は、環境規制を取り払い、米連邦政府所有土地の原油生産再開を
掲げていますので、これがいつ実現するのか、という点にも注目ですが
トランプ政権には多くのエネルギー関係者が入閣しており、
エネルギー価格を安易に下落させてしまうなやり方はしないと思われます。


ひと昔前は、原油価格が安いほうが経済にはプラスとされてきましたが、
現在はエネルギー産業の発展が株価を支える構造となっていますので
原油価格が下がると困る向きが圧倒的です。

現在原油価格の当先のサヤが縮小し、価格がフラット化してきています。
市場のボラティリティも低く、狭いレンジで推移しており、
居心地のいい水準で安定しているとも言えますが、
不透明感が強まっているとみる向きも。

目先は3月22日に開催される予定のOPEC非OPECの減産合意検証委員会において
減産が遵守されているのか、6月以降はどのようにするのかなどが
話し合われるものとみられており、
このイベントで出てくるニュースには注意が必要です。

また、今回は大場さんにプラチナ価格の今後についても伺っています。
詳しくはオンデマンド配信で大場さんの解説をお聞きくださいね。