利上げきっかけに上昇に転じたゴールド、ここから [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2017/03/16(木) 21:37

暴落説まで飛び交った3月15日。オランダ選挙にFOMCトランプ大統領の予算教書など様々なイベントが重なることから警戒が強まっていましたが、ゴールドは利上げ織り込みとその先の金利引き上げのペースアップの思惑などから軟調地合いが続いていました。市場の大方の予想通り、15日の3月のFOMCで0.25ベーシスの利上げが実施されると、ゴールドは反転、ドル建て金価格は1200ドル近辺をウロウロする展開でしたが、FOMC後に一転上昇に転じ1220ドル台へと駆け上がりました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は金融・貴金属アナリスト亀井幸一郎氏をお迎えしゴールド市場の値動きと
今後のポイントを伺いました。

亀井さんは、FRBは上げられるときに上げておきたいという想いが強くも、
2月中は市場が利上げに懐疑的。3月利上げを全く織り込んでいなかったことから
3月利上げをマーケットに織り込ませようとFOMCボードメンバーらのタカ派発言が
相次ぎました。2月28日ダラス連銀カプラン総裁の
「インフレ対応で後手に回らないよう、近い将来に利上げする必要があるだろう」
との発言を皮切りに、ダドリーNY連銀総裁、ウィリアムズ総裁、ブレイナード理事に
フィッシャーFRB副議長、イエレン議長とFOMCボードメンバーらによるタカ派発言が
3月利上げが確実というセンチメントを醸成しただけでなく、
その後の利上げのペースも年3回ではなく4回になるのではないか、と
前のめりに動いたことが、ゴールドの下落につながっていたと亀井さん。

実際には、金融引き締めに積極的にタカ派の姿勢が強まったという内容ではなく
経済見通しや金利の見通しが昨年12月時点からほとんど変わっておらず、
前のめりに上昇していた米国債利回りが低下するとドルが下落。
ゴールド市場ではショートカバーが大きく入った格好で
ゴールドが急反転となったのです。

ここから市場の目は欧州と米国発の政治リスクに移ることで
ゴールドは下値固く推移しそうです。

オランダ選挙に波乱はありませんでしたが
焦点は4、5月のフランスの大統領選挙。5月には国民議会選挙があります。
昨年の英国に続きEU離脱派が勝利する可能性もゼロではありません。

こうした欧州の政治問題がマーケットの不安要因としてゴールドを支えると
考えられるほか、ECBはいよいよ追加の緩和ではなく出口を模索し始めたとの
スタンスの変化がユーロの上昇をもたらしており、相対的にドルが下落すれば
これもゴールドの下支え要因となってきますね。

また、2016年は静かだった実需、インドが動きそうです。
昨年突然に発表されたインドルピーの高額紙幣の使用禁止でキャッシュ不足に
陥ったインドは、秋の婚礼シーズン期に婚礼が見送られるケースが多く発生しました。
次の婚礼シーズン期は4~5月。ここで先送りされた婚礼需要が増すことが予想され、
この時にゴールドの需要が高まるとの期待もあるようです。

4~5月に向けてゴールド相場が大きな山を描くかもしれません。

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からプレゼントのお知らせです。
TOCOMは、3月21日に新商品「プラチナスポット」を上場します。
「プラチナスポット」について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/platinumspot/ (外部サイト)

この「プラチナスポット」上場を記念して、
「TOCOM特製プラチナ1gインゴットカード」を
番組をお聴きの方抽選で2名様にプレゼントいたします。

応募方法など詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/pspot.html

門倉貴史氏に聞く~2017年世界経済のリスク [大橋ひろこコラム]
2017/03/15(水) 20:22

今年は世界経済のリスク要因が3つ。米利上げがマーケットに及ぼす影響。欧州の政治イベントリスク。そして不透明な中国経済。どれかひとつでもリスクが現実となれば、マーケットには大きな影響が出るとみられますが、その時日本市場は?!そしてリスク回避にはどのような資産分散が必要でしょうか。

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はエコノミスト、BRICs経済研究所代表 門倉貴史さんに
「世界経済の行方と投資戦略」をテーマにお話いただきました。

門倉さんのマーケット・トレンドへの出演は実に6年ぶり。
最後のご出演が2011年3月でしたので、その後程なくしての政権交代とアベノミクス、
そしてトランプ新政権誕生と激動の世界経済について
門倉さんはどのようにご覧になっているのでしょう。

門倉さんが指摘する3つの2017年世界経済のリスク要因とは...。

①米国の利上げが世界のマーケットに及ぼす影響。

米国景気は相当回復しており2017年は複数回の利上げが見込まれています。
米経済の足腰はしっかりしているので、利上げによって米国経済が
変調をきたすということはないと思われますが、、、、
新興国のマーケットに深刻な影響が及ぶ可能性があると門倉さん。

米国内金利が上がると、海外の投資マーケットから米投資資金が
引き揚げられる動きが加速。新興国から資金が引き揚げられると、
通貨の売り圧力が強まり、一部の国は通貨危機に陥る危険性が。
通貨危機といえば、97年のアジア通貨危機を連想しますが、
あの当時暴落した通貨バーツ、タイは現状外貨準備高が潤沢であり
それ程の懸念はなさそうと門倉さんは指摘されます。。
現状ASEANで通貨危機が発生するとすれば、マレーシアだそうです。
というのも外貨準備高の減少が大きいため、介入による通貨安防衛が
困難な状況に陥るリスクが。

またトランプ大統領の経済政策もマーケットのかく乱要因です。
特にに為替レート。拡張的な財政政策にマーケットの注目が集まり、
ドルが積極的に買われてドル高・円安の流れになっていますが、
足元では「アメリカ・ファースト」を掲げ、
国内産業を保護する方針からドル安を志向してくるのではないかとの懸念が浮上。
トレンドがドル安・円高の流れに変わる可能性も。

②欧州の政治イベントのリスク

昨年6月のブレグジットに続いてEUから離脱する国が出るでしょうか。
2017年は欧州の選挙が相次ぎます。もしポピュリズムが台頭し
EU離脱ドミノが発生すればEU存続が難しくなり、
欧州発の世界同時不況になる可能性も否定できません。
現状で最も懸念されているのがフランス。
4~6月の大統領選・議会選挙で、EU離脱を表明する国民戦線が
与党になれば、EU離脱の現実味が増してきます。

③中国経済リスク

中国景気が減速傾向ですが、今後1~2年の短期で減速を通り越して
失速してしまうのではないかとの懸念も出はじめています。
失速の場合、経済成長率が+5%を切る可能性も否定できず。
昨今、中国経済のプレゼンスが高まっている現状を踏まえると、
中国経済が失速すれば、中国初の世界不況に陥る可能性があります。
ただし、門倉さんは中国経済が失速するという最悪のシナリオは
十分に回避できるとお話くださいました。

では、こうしたリスクが一つでも顕著となった時、日本経済へは
どのように波及するでしょうか。そしてどのような資産分散が必要でしょう。

門倉さんは、日本は相対的に投資リスクが小さいとみられ、
世界の投資マネーが日本市場に流入しやすい環境になるのではと指摘。
また、先行き不透明感が強いことから投資家はリスク回避の姿勢を強めており、
究極の安全資産といわれる金に投資マネーを振り向けるようになっていることを
解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で、門倉さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からプレゼントのお知らせです。
TOCOMは、3月21日に新商品「プラチナスポット」を上場します。
「プラチナスポット」について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/platinumspot/ (外部サイト)

この「プラチナスポット」上場を記念して、
「TOCOM特製プラチナ1gインゴットカード」を
番組をお聴きの方抽選で2名様にプレゼントいたします。

応募方法など詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/pspot.html

小次郎講師のトレードラジオ講座~大循環MACD基礎編 [『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期(~17年3月)]
2017/03/14(火) 23:03
毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座。トコムスクエアにて公開生放送終了後、ミニセミナーでより詳しい解説を行っています。たくさんの受講生が毎週、トコムスクエアにご来場くださっています。投資をより深く学びたい方は、是非お気軽にトコムスクエアまでお越しくださいね。もちろん、公開生放送揉みにセミナーも無料です。

また、講座内容をわかりやすくまとめたテキスト販売中です。
テキストを見ながらお聞きいただけますとより理解が深まります。
テキストは有料ですが、内容充実、大変お得なラジオ講座資料です。
http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=110845976Lesson4

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson13「大循環MACD基礎編」。

大循環、、、というと、小次郎講師オリジナルインジケーター
「移動平均線大循環分析」がありますね。

これは3本の移動平均線を使って、大きなトレンドをとらえてトレードする手法。
では大循環MACDは?!

移動平均線大循環分析は大きなトレンドに乗り、利を伸ばすことを目的と
していますが、その中で発生する小さな波は無視します。
ポジションを持つ期間が長期化するだけでなくトレードの機会はそう多くありません。

大循環MACDは、大きなトレンドの中に発生する小さな波のトレンドも捉えるという
上級者向けのインジケーター。

3本のMACDラインを使用します。

MACDは、MACDラインと、シグナルと、ヒストグラムの3つの総称でもありますが、
その中のMACDのみを使います、ただし、3本表示させます。

MACD1

短期移動平均線と中期移動平均線によるMACD
短期線と中期線のクロスを先読み
ステージ1からステージ2、ステージ4からステージ5の変化を先読み

MACD2

短期移動平均線と長期移動平均線によるMACD
短期線と長期線のクロスを先読み
ステージ2からステージ3、ステージ5からステージ6の変化を先読み

MACD3

中期移動平均線と長期移動平均線によるMACD(別名帯MACD)
中期線と長期線のクロスを先読み
ステージ3からステージ4、ステージ6からステージ1の変化を先読み

小次郎講師は、MACDの傾きが重要だと解説くださいました。
MACD1が最も早くトレンドの変化を教えてくれます。
次にMACD2トレンドの始まりを確認、
MACD3で安定したトレンドを確認することができます。

MACDというのは、2つの移動平均線の幅を表示するもの。
ゼロのラインを下から突き抜ける瞬間がゴールデンクロス
上から突き抜ける瞬間がデッドクロスです。

3本のMACDの傾き、ゴールデンクロス、デッドクロスが
どのように「大循環」していくのか。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

私は自宅に帰って早速、3本のMACDを設定して表示させてみました。
これは使えそうです!

**************************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からプレゼントのお知らせです。
TOCOMは、3月21日に新商品「プラチナスポット」を上場します。
「プラチナスポット」について、詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://www.tocom.or.jp/jp/platinumspot/ (外部サイト)

この「プラチナスポット」上場を記念して、
「TOCOM特製プラチナ1gインゴットカード」を
番組をお聴きの方抽選で2名様にプレゼントいたします。

応募方法など詳しくはこちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/pspot.html

米国の経済の現状とトランプ政権の今後のポイント [経済評論家 岡田晃さん]
2017/03/13(月) 23:15
本日のコメンテーターは、経済評論家の岡田晃さんです。
「米国の経済の現状とトランプ政権の今後のポイント」というテーマでお話を伺いました。

まず、米国経済の現状。
先週末の雇用統計は予想を上回る良い数字が出ました。
岡田さんは、米国の雇用は非常に底堅いと感じているそうです。
失業率と共に重要視されているポイントが、非農業部門の雇用者の増加数。
この数字を見ると雇用の改善が持続的で長期化しているというのです。
従来はだいたい"20万人の増加"というのが好調かどうかの目安とされてきました。
この数字、リーマンショック直後はマイナスが大幅に続いていたのですが、2010年の10月から6年5か月間、一回の例外もなくずっと増加が続いているのだそうです。
この間の増加数、約1,534万人。
1か月平均で約19万人増えている計算です。
基本的に雇用はずっと改善した状態、景気も良好な状態がずっと続いているということです。
しかも、失業率も最近の数字では、完全雇用と言っていい状態。
ここから先は更に雇用が目立って良くはなりにくい状況ですから、失業率はほぼ下げ止まりなのですが
それにも関わらず、雇用の数は20万人を超えているという状況です。
FRBも最近は、雇用の増加の目安は10万人前後...イエレン議長が10万人弱から12万人くらいと発言していました。
このように目安のハードルが下がってきていますから、今週のFRBで利上げに踏み切る可能性は極めて高くなりました。
利上げの回数も3回...多ければ4回と予想されています。
これは完全に金融引き締め局面に入っていくという状況です。

それでも、トランプ大統領はアメリカ経済全体がどんどん衰退に向かっているという言い方をしているので
米国は不景気だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

数字やトレンドをしっかり見極める必要があると岡田さんは指摘します。
例えば、これまで幾度となく繰り返し叫び続けてきた移民問題。
年々不法移民が増え続けてきているというようなイメージを抱いている方が多いと思いますが
実際は4分の1以下に減ってきているのだそうです!!
トランプ大統領の発言には十分気をつけなくてはいけませんね。

ただ、最近はその語調が大分和らいできている感じがします。
大統領に就任してから、言いたいことを言って、やりたいことをやっているというイメージがありますが
実は、政策は何も進んでいない状況です。
何かをやるには予算が必要ですが、予算審議どころか、閣僚人事も滞っています。
閣僚以下の省庁幹部も約600人の内、18人しか承認されていない状態。
これでは不味い。議会と仲良くしなくてはならない。好き勝手言っているだけでは駄目だと悟ったのではと岡田さん。
となると多少真面な方向に行ってくれるのではないかと期待しているそうです。

岡田さんの詳しい解説は、オンデマンド放送でお聴きください。


今週の放送予定(3月13日~17日) [山本郁コラム]
2017/03/12(日) 23:22

東京タワーって今、毎月満月の夜は、特別なライトアップをしているんですね。
「満月ダイヤモンド・ヴェール」
満月のあかりを引き立てるためにタワーの上半分のライトをわざと消しているんですって。
今月は3月12日が満月でした。
残念ながら、この日は曇り空で、おぼろ月でしたが...。

また、満月ダイヤモンド・ヴェールの日は、地上150メートルの大展望台のフロアには、足元に100個のキャンドルを灯して、温かな光で癒しの空間を演出しています。
250メートルの特別展望台は東京タワー開業以来の大規模な改装工事が行われていて、入れませんでしたが、その代わり、去年の11月から大展望台で、プロジェクションマッピングの上映が行われています。

六本木・新宿方面を臨む回廊では未来都市をイメージしたマッピング

東京湾方面は江戸時代から現代への移り変わりをイメージしたマッピング。

また皇居方面はマッピングで夜景のガイドを。

また、マッピングによるフォトスポットやシースルーウインドウの再現などを楽しむことが出来ます。

今は、今月に入ってからスタートした桜バージョン。
桜の花びらのじゅうたんや、光の桜の花びらが舞い降りて来る幻想的な世界を、一足先に楽しむことが出来るんです。

春節もとっくに終わったこの時期ですが、中国からの観光客が大勢訪れていたのが印象的でした。

14日、ホワイトデーには、外階段を特別解放するそうです♡


それでは今週の放送予定です。

3月13日(月)
岡田晃さん(経済評論家)
「米国経済の現状とトランプ政権の今後のポイント」


3月14日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期
Lesson 13「大循環MACD基礎編」


3月15日(水)
門倉貴史さん(BRICs経済研究所 代表)
「専門家の目~世界経済のゆくえと投資戦略」


3月16日(木)
亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」


3月17日(金)18:00~
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」
18:15~
特別番組「2017年世界経済の動きと投資を考える」
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
岡安盛男さん (FXアナリスト)

今週も1日15分+α、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!

全29件中 16件〜20件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]