小次郎講師のトレードラジオ講座~ボリンジャーバンド活用編 [火曜・『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期]
2017/02/28(火) 00:56

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座。トコムスクエアにて公開生放送終了後、ミニセミナーでより詳しい解説を行っています。たくさんの受講生が毎週、トコムスクエアにご来場くださっています。投資をより深く学びたい方は、是非お気軽にトコムスクエアまでお越しくださいね。もちろん、公開生放送揉みにセミナーも無料です。

また、講座内容をわかりやすくまとめたテキスト販売中です。
テキストを見ながらお聞きいただけますとより理解が深まります。
テキストは有料ですが、内容充実、大変お得なラジオ講座資料です。
http://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=110845976Lesson4


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson11
「ボリンジャーバンド活用編」。

ボリンジャーバンドは3つの視点で分析します。

①トレンドの方向性
②ボラティリティ
③相対的価格の高さ

この3つの組み合わせでトレンドを見出し、
トレンドに乗るのがボリンジャーバンドを使ったトレードの醍醐味。

「トレンド」はミッドバンドで確認します。
「転換点」はバンド幅で見極めます。

巷に広まっている「+2σで売り」という逆張りではなく
+2σを超えたところを買うのです。

ただし、「スクイーズ」状態であることを確認、
バンド幅が前後の期間の中で最小に狭まっている「スクイーズ」からの
バンド拡大局面をとる「バンドウォーク」が最も妙味があるトレンド局面です。

安定上昇トレンドでは価格は+2シグマ近辺で小さく上下動しながら上昇。
バンド幅はほぼ並行でミッドバンドは右肩上がり。
安定下降トレンドでは価格は-2シグマ近辺で小さく上下動しながら下降。
バンド幅はほぼ平行でミッドバンドは右肩下がり。

バンド幅が前後の期間の中で最大に広がっているところをボージと呼びますが
これを確認するまでトレンドに乗り続けて利を伸ばすことが肝要なのです。

知れば知るほど奥が深いボリンジャーバンド。
その極意はオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

**********************************

ここで、イベントのお知らせです。
3月9日(木)午後6時から、東京は日本橋 TOCOMスクエアで、
「マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組
「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。

生放送と特別番組の2本立て企画です。

番組コメンテーターとしてお馴染み
ICBCスタンダートバンク東京支店長池水雄一さん
FXアナリスト岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。

来場者全員にはプレゼントをご用意しております。皆様のご来場お待ちしております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html

基調強める金相場 [日経新聞編集委員]
2017/02/27(月) 23:28
毎月最終月曜日は、日本経済新聞社 編集局 編集委員の志田富雄さんに、商品関連のお話を伺っています。

今日のテーマは、『基調強める金相場』
金価格、直近で米国財務長官のドル高牽制発言を材料に、1260.10ドルと、3か月半ぶりの高値をつけました。
しかし、志田さんが見るには、金相場は高騰している...というよりは、原油相場などに比べると、割と冷静な相場動向ではないかと感じるそうです。
その根拠となるのは、NYコメックスの金の残高。
現在の金の買い越しが384トン。一時800トン台まで買われたことを考えるとまだまだ健全な状態だと考えられるそうです。
金ETFの最大銘柄のスパイダーゴールドシェアの投資残高を見ても841トン。
これも、一時期1,350トンまで買われましたから、回復傾向にありますが、過熱感は無い。
相場がじわじわと上がって非常に冷静な状態だそうです。

その理由は、トランプ政策への不安、中国の経済不安、欧州の不安。
米国、中国、欧州のいずれも非常にリスクを抱えている。
その一方で、投機人気が高まっている。
投資家、機関投資家が、リスクヘッジのために金投資が拡大している、投資家の裾野が広がって来ている。
これが、金投資の今の状況だそうです。

詳しい志田さんの解説は、オンデマンド放送でお聴きくださいね。


ここで、イベントのお知らせです。

3月9日(木)午後6時から、東京・日本橋 TOCOMスクエアで、マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。
生放送と特別番組の2本立てで、番組コメンテーターとしてお馴染みの池水雄一さん・岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。
来場者全員にはプレゼントをご用意しております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html
今週の放送予定(2月27日~3月3日) [山本郁コラム]
2017/02/26(日) 08:44
週末土曜日、今年で第6回となる「JAZZ JAPAN AWARD 2016 セレモニー&ライブ」が開催され
今回は8部門で12の個人、グループ等が受賞しました。

「JAZZ JAPAN」 は日本を代表するJAZZ専門誌。
あの、1947年に創刊されて約63年間続いた「スイングジャーナル」の後継となる雑誌です。

スイングジャーナル時代は、年に一度、ジャズ関係者を招いて、表彰式&パーティーを開催していましたが、JAZZ JAPAN AWARDでは、横浜の日産グローバル本社ギャラリーという開かれたスペースで、一般の方にも無料でご覧いただけるライブを主体としたイベントに生まれ変わりました。
毎年大勢のジャズファンが駆けつけて下さいます。
何と言っても、昨年日本のジャズ界で注目を集めたミュージシャンが集まったライブを無料で楽しめるのですから!

このイベントの司会を第1回から、私、山本郁が務めさせていただいております。
本当に役得です!
同じステージの上で、素晴らしいライブを間近で楽しめるんですから。

今年は、NYで活躍している大林武、
バラエティ番組で゛ぱいぱいジャズ美"なんてあだ名をつけられたジャズ界の乳フェイス高木里代子、
他、TRI4TH、福井ともみ、大橋美加、大橋祐子、寺井尚子/板垣光弘
以上7つのライブ+αが行われました。

今年はジャズレコードが誕生して100年の記念の年。
1917年2月26日、ニューオリンズからシカゴを経てNYにやって来た「オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド」が
ジャズという名前を歴史上初めて明言してレコーディングしたと言われているのです。

そう、2月26日!
100年前の今日なんですよね。
ジャズ100年を記念したアルバムもたくさん発売されていますし
今回受賞したユニバーサルミュージックの「ジャズ百貨店」シリーズもおすすめです!
ジャズって何から聴けばいいの?って方も、ジャズ100年の今年、聞き始めてみてはいかがでしょうか?

「JAZZ JAPAN AWARD セレモニー&ライブ」
今年は第4土曜日となりましたが、原則、第3土曜日の午後に開催されます。

それでは今週の放送予定です。

2月27日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員))
「基調強める金相場」

2月28日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第3期
Lesson11「ボリンジャーバンド2活用編 」

3月1日(水)
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」

3月2日(木)
小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)
「専門家の目~原油価格の見通し」

3月3日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね♪

ダウ30年ぶりの快挙もドル買われず...背景に不透明感? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017/02/24(金) 19:35

始まりましたね、賛否両論のプレミアムフライデー。
いや、賛2:否8ぐらいのプレミアムフライデー。

数か月後には、導入を決めたオエライ方たちですらシレッと忘れたフリとかしてたりして......。

おっといけない、こんなナナメな見方ばかりしていないで私も楽しまなくてはね。

......とか言っているうちに、番組が終わればもう"プレミアム"感の去ったいつもの夜。
いや~ざんねん!日本の経済活性化に貢献できずで~。

オエライ方々、フリーランスに優しい政策も、今度ぜひに。


それはさておき......。
マーケットはまさに、静かな一週間。

連休明けのニューヨークは、もう少し動きがあるかと思った...。
と、岡安さんも言われたほど。

アメリカではダウが30年ぶりとなる10日連続過去最高値更新。
しかしアメリカの経済指標も引き続き良いものが多かった中でも、なぜか円の強さが続き......。

その理由は、欧米の不透明感にあるのだそう。

ヨーロッパでは次々と選挙が控えるし、アメリカではトランプ政権にやっぱり不透明感。

FOMCの議事要旨やムニューチン氏の発言など、ドル安に動きやすい材料も。
しかし不透明感が、やはり安全通貨の円に向かいやすくさせたのだそう。

同じく買われたのが豪ドル。
資源国通貨としての強さに加え、同じ資源国であるカナダドルより強さが目立ちました。

背景にあるのは、アメリカとの関係性がカナダより薄いということでは、とのこと。

トランプ氏の厳しい''口撃''を受けた中国やメキシコなどと違い、足もとでは名指し批判に挙がっていない日本の円。

一層「安全通貨」としての見方が強まりましたが、豪ドルも似たような位置づけにあるのかもしれません。

来週には注目されていたトランプ氏の演説がありますが、それを通過したらもう3月。
ヨーロッパの政治シーズン突入です。

岡安さん曰くの「政治相場」は、まだまだ続くのでしょうか。



さてさて、我らが岡安さんご出演情報でございます。
こっちの方がプレミアム!?

*******************************************


イベントのお知らせです。
3月9日(木)午後6時から、東京・日本橋 TOCOMスクエアで、マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。
生放送と特別番組の2本立てで、番組コメンテーターとしてお馴染みの池水雄一さん・岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。
来場者全員にはプレゼントをご用意しております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html


*******************************************

米株高でも買われているゴールド [大橋ひろこコラム]
2017/02/23(木) 23:24

金ドル建て現物価格は2月に入って1250ドルに迫るところまで上昇してきました。2017年はドル高となる予想が多い中で、ドル高とは逆相関関係にあるゴールドが強いのは何故でしょうか。

 

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト森成俊さんにお話をうかがいました。

 

2017年の金利引け上げ見通しは2~3回実施との予想が多いなか、

NYダウはトランプ政権への期待から史上最高値の更新が続いています。
ゴールドは株とも逆相関関係というのが教科書的な解説ですが、

現在は米株の高値警戒感から金をリスクヘッジとして買う動きが強いとみられます。

 

金ETFの金現物保有高は今月22日現在、1,178.85トンで

先月末の1,136.75トンから3.7%増。年初の1,159.85トンから約1.5%の増加です。

機関投資家らの資金流入が確認できますね。

 

また、ヘッジファンドら大口投機家の買い越しは今月14日現在、

10万9,407枚となり、3週連続で10万枚以上の買い越しを維持。

多い時には20万枚を超えますので、まだ買い越し増加の余地あり。

実需は中国が弱いもののインドで婚礼シーズンを迎え、需要回復の動きも

みられるようです。

 

東京金先物価格は、2月16日に昨年7月21日以来の高値となる4,512円まで上昇。

昨年7月20日の高値4,523円が抵抗線となっていますが、4,523円突破なら

昨年3月7日の高値4,622円が高値目標になると森さんは解説くださいました。

 

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

**********************************

ここで、イベントのお知らせです。
3月9日(木)午後6時から、東京は日本橋 TOCOMスクエアで、
「マーケット・トレンド」公開生放送&特別番組
「2017年世界経済の動きと投資を考える」公開録音イベントを開催します。

生放送と特別番組の2本立て企画です。

番組コメンテーターとしてお馴染み
ICBCスタンダートバンク東京支店長池水雄一さん
FXアナリスト岡安盛男さんが、相場の動きと今後の投資戦略を語りつくします。

来場者全員にはプレゼントをご用意しております。皆様のご来場お待ちしております。
詳しくはこちら→http://blog.radionikkei.jp/trend/170309event.html

全24件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 次の5件 ]