ETFとETN/金の需給と今後の相場予測
2012/11/30(金) 11:00

みなさんこんばんは!

いよいよ今週末はゴールドフェスです。ゴールドの専門家が集結、そして我らが
大橋さんが司会をされるイベントですが、私もちょっぴりお手伝いさせて頂きま
す。参加のみなさん、是非会場でお会いしましょう★

■今日の投資用語「ETFとETN」
ETFは”Exchange Traded Fund”で、上場投資信託、価格連動型証券。
ETNは”Exchange Traded Note”で、上場投資証券、指標連動証券、価格連動型債
券。両方を指して「上場投資信託」と呼ばれることが多いです。ETFは1990年に
カナダのトロント証券取引所で上場されたのが始まり。コモディティのETFは
2004年に初めて上場と、比較的新しいのですが、2011年の時点で全世界規模の純
資産残高は1.6兆ドル。今年は既に1.84兆ドルとなりすでに過去最高を更新して
います。ETFには実物の裏付けがありますが、ETNにはなく、価格保証だけという
のが大きな違いで、例えば金ETFでは金地金と交換できますが、ETNではできませ
ん。コモディティETFは分散投資や代替投資という観点からますますの成長が見
込まれています。


■今週のCX相場
直近の金の需給と今後の相場予測について。
11/15にワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が第三四半期(7-9月)の需給
を発表し、前期比10%増加。ただし、前年同期比では11%減少しています。これ
は中国の需要が前年より8%ほど減少し176.8tとなったことがあげられますが、前
年同期は過去最高の金需要があった年なのでそれに比べての減少と考えればそこ
まで心配する数字ではないとのこと。対して前期比増に影響したのはインドの需
要が伸びたことで、前年同期比9%増加の223.1tでした。婚礼シーズン前の仮需
要が高まったことも大きいようです。金ETFに関しては、前年同期比56%の136t
で、かなりの増加傾向がみられます。全体の需要量1,084.6tに対し供給量は
1,286tで、2期連続供給過剰です。しかし、下落に至らなかった理由は、世界的
な金融不安イベントが続くなかで有事の金に対する期待が大きいことがあげられ
るようです。今後の予測としては、中長期的には実物金が買いスタンス。金CXで
は、金融イベントや地政学的リスクの影響を受けやすいため噴いたら早めの利食
いで柔軟な戦略を。また、金融経済要因ではトリプル安の可能性も否めないた
め、大きな下落の際には拾い買いが有効ではないかとのことでした。

最後に、番組からプレゼントのお知らせです。
「マーケット・トレンド」では日頃、番組をお聞きの皆様に感謝の気持ちを込め
まして、リスナー感謝プレゼントを行います。賞品は・・・

★投資に必要な世界経済の重要日程がひと目でわかる、
「CX手帳2013年版」に、ラジオNIKKEI特製ボールペンをセットにして10名様

★TOCOM特製ゴールドコースターを10名様

★TOCOM特製ゴールドメモを10名様

それぞれ抽選でプレゼントいたします!!
ご応募は番組サイトの応募フォームから、必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
なお、当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。
みなさんのご応募、お待ちしています。


番組へのご質問なども随時受け付けています。
どんな小さな事でもお気軽にどうぞ!


リーマンショック後と相似形にある金チャート、ここから2年強気形成か [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2012/11/28(水) 23:58

商品アナリスト菊川弘之さんに差し入れていただいたモンブランケーキ!!美味しかったです♪

「安倍トレード」と呼ばれるほどに日本市場が注目を集めた11月。突然の野田首相の解散発言から自民党安倍総裁のデフレ脱却、緩和発言に、マーケットは円売り日本株買いに湧きました。
円安効果で日本のコモディティ市場も大きく買われ、唯一日本だけが最高値を更新していかなったという金市場も盛り上がりを見せています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト、菊川弘之さんにお話しを伺いました。

昨年ドル建て価格で1900ドル台まで上昇した金価格ですが、
今年は1500~1600ドルのレンジで推移しており、
QE3の思惑から上放れ基調を強めていますが、
日本の政局がらみの材料から円安が進行していることから
円建ての金のパフォーマンスが話題となっています。

菊川さんに今後の金価格の行方を伺いました。

菊川さんによると、リーマンショック後ドル建てのNY金価格は
2009年3月にゴールデンクロスを見た後に、
200日移動平均線への押し目を形成したのですが、。
その後、新たな上昇トレンド再開し、
史上最高値更新となっています。

つまり、リーマンショック後、200日移動平均線まで
押し目を形成したものの、その後ダイナミックな上昇トレンドが
発生し、史上最高値を形成した、ということなのですが、
実は現在の金価格も非常によく似た相似形となっているのだそう。

ということは・・・・?!

詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。
明確な上昇トレンドが確認できた場合、前回のケースだと
2年間の上昇トレンドが形成されたことを鑑みると、
今回は2015年。。。あれ?!アメリカの金融政策と合致しますね?!
不思議とテクニカルの日柄分析とアメリカの金融政策計画とが
合致することを偶然と捉えるか、必然と見るかで今後の
ストラテジーは変わってきます。



TOCOMから感謝をこめて!

さて、ここでお知らせです。

「マーケット・トレンド」では、
番組をお聞きの皆様に感謝の気持ちを込めて
リスナー感謝プレゼントを行っています♪

①投資に必要な世界経済の重要日程がひと目でわかる「CX手帳2013年版」に
ラジオNIKKEI特製ボールペンをセットにして10名様に!

②TOCOM特製ゴールドコースターを10名様、
③TOCOM特製ゴールドメモを10名様に、
それぞれ抽選でプレゼントいたします。

番組サイトの応募フォームから、
必要事項をご記入の上、お申し込み下さいね。

沢山のご応募お待ちしております♪


今が、住宅ローンの借り換え時?! [ファイナンシャルリサーチ 野尻美江子さん]
2012/11/27(火) 23:08

今日のテーマは「今が住宅ローンの借り換え時?!」
先週勉強した「ボーナスの手堅い使い方」のお話の続きです。
手堅い使い方っていうと100%貯蓄!!なんて思いがちですが
そんなガチガチに締めると逆にうっぷんが溜まって、つい高額商品を衝動買いしちゃったりして!!
ボーナスの手堅い使い方で大切なのは、支給される前に使い道をじっくり考えること。
その上で〇パーセントは貯蓄っていうのは良いですが、何も考えずにとにかく貯蓄というのは賢い使い方とは言えません。
そして、住宅ローンを返済している方は
ボーナスで“繰り上げ返済”ではなく、今は“借り換え”のチャンスです!!
とにかく超低金利なので、貯蓄や投資ではお金が増えた実感がなかなか感じられないのですが
お金を借りるには今はとても良い条件。
かつては借り換えっていうと、残高1000万円とか、返済期間が10年以上残っているとか、金利差が1%といった条件を目安にしていましたが
今は金利差0.5%でも借り換えした方が得なケースもあるそうです。
返済期間がもうあとわずかという方は、繰り上げ返済の方が有利なこともあるでしょうが
無理して返済して、お子さんの教育費などが嵩んできて家計が苦しい…なんてことにもなりがち。
それなら安い金利でお金を借りられる今、借り換えしちゃった方が有利なんです。
とにかく住宅ローンを支払中の方は、金融機関に相談してシミュレーションして貰ってください。
シミュレーションだけだったらいくらしてもらってもタダですから♪
ただし、転職した方や、家の資産価値が落ちてしまっている場合は、審査が通らない場合もあります。
ご注意ください。
詳しくはオンデマンド放送でお聴き下さいね!

ここで、番組からプレゼントのお知らせです。
今「マーケット・トレンド」では、日頃、番組をお聞きの皆様に感謝の気持ちを込めて
リスナー感謝プレゼントを行っています♪
賞品は、投資に必要な世界経済の重要日程がひと目でわかる、
「CX手帳2013年版」に、ラジオNIKKEI特製ボールペンをセットにして10名様、
TOCOM特製ゴールドコースターを10名様、
TOCOM特製ゴールドメモを10名様、
それぞれ抽選でプレゼントいたします!!
ご応募は番組サイトの応募フォームから、必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
12月4日締め切りです。


下がりそうで下がらない金、原油相場  & リスナー感謝プレゼント [日経新聞編集委員]
2012/11/26(月) 23:46

GOLDメモ&GOLDコースター

今日はまず「マーケット・トレンド リスナー感謝プレゼント」のお知らせを!
番組からリスナーの皆様へ感謝の気持ちを込めての年末プレゼントです。

プレゼントその1
「2013年度版CX手帳&ラジオNIKKEI特製ボールペンセット」を10名様に!
世界経済の重要日程が一目瞭然の便利な手帳。非売品なのでなかなか手に入らないレアものです。
もちろんCXだけでなく為替、株式投資にもお役に立ちます。
この手帳にラジオNIKKEI特製ボールペンをセットにしてプレゼントいたします。

プレゼントその2
「TOCOM特製ゴールドコースター」を10名様に!
このゴールドの色が映えてブランデーやウイスキーも一層おいしく感じられそうです♪
(写真右)

プレゼントその3
「TOCOM特製ゴールドメモ」を10名様に!
大人気、インゴッドのデザインのメモ帳♪
(写真左)

詳細とお申し込みはこちらから!
沢山のご応募お待ちしています♪♪♪


さて、今日は月に一度の志田さんの日。
先月にご出演頂いた時に比べると為替が円安に動いてきています。
その為、今日の金の価格は4910円と1年2か月ぶりの高値となりました。
買取価格で4820円。金製品買取店は賑わっていたのではないでしょうか。

今日のテーマは「下がりそうで下がらない金、原油相場」
国際市場も金は強く、下がろうとすると跳ね返される…の繰り返し。
下げた場面で確実に買いが入ってきています。
どこが買っているのかと言うと、新興国の中央銀行。
ブラジル、トルコ、カザフスタンなどでは外貨準備に10t以上の金を買い増しています。
また、“金はバブル”と警告していたジョージ・ソロス氏のファンドがも金ETFを買い増し、保有残高が倍増していたことが明らかになったことも大きく影響し、資産構成の中での金の重要性が改めて認識された形となっているようです。
世界中で金融緩和が続く中、通貨の危さが顕著になり、金相場を押し上げています。

原油も金ほどの材料ではないけれども中東情勢の危さ+αで堅調です。
シェールガス革命という生産側の構造変化が起きていることと両輪で
需要側でも新興国需要が確実に見込まれていること。
短期では中国の景気減速は下げ材料だけれども、中長期で考えれば、新興国の経済発展は続くという基本シナリオは変わらず
供給を引き出すための高値がある程度続くことが予想されます。

米国の財政の崖、欧州金融危機、中国の景気減速などが重石となって10月11月は弱気に傾いていましたが
その重石が外される…たとえば財政の崖収束に向かう…などがあれば修正もありそう
また、衆院選の結果で日本の政治を材料に円安が進んでいくことも…と志田さん。
詳しい解説はオンデマンド放送でお聴き下さいね。

「下がりそうで下がらない金、原油相場」
コメンテーターは日本経済新聞社商品部志田富雄さんです。


今週の放送予定(11月26日~30日) [山本郁コラム]
2012/11/25(日) 09:56

クリスマスまでちょうどあと一か月!
クリスマス商戦も熱を帯びてきました。
そして街のイルミネーションも。
昨年は震災の自粛&節電ムードで少し抑え気味の傾向でしたが
今年はその反動か一層煌びやかになっているようです。
またエールの意味を込めてのイルミネーションも登場しているようですね。
年に一度のロマンチックな季節、目の保養をしなくちゃとあちこち足を運んでいます。
話のネタにもなるし、ささやかだけど経済効果にもつながればと思うのですが。
今週はよみうりランドに行ってみようかなと思っています。凄いらしいですね。
皆さんのおすすめはどこですか?
ぜひ教えて下さい♪



さて、今週はマーケットトレンドからも素敵なクリスマスプレゼント
…いえ年末プレゼントキャンペーンがあります。
明日からの放送とキャスターブログの中で告知しますので、お聴き逃し&お見逃しなく!



では今週の放送予定です。


11月26日(月) 志田富雄さん(日本経済新聞社商品部編集委員)
「下がりそうで下がらない金、原油相場」
 
27日(火)野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「今が住宅ローンの借り換え時?!」

28日(水)菊川弘之さん(マーケットアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

29日(木)川野辺礼二さん(デリバティブ評論家)
「初心者のためのCX相場解説」

30日(金)山内弘史さん(セキツウ常務取締役)   
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

今週も一日15分!
お付き合いくださいね♪


全25件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 次の5件 ]