尖閣をめぐる米国の日中仲介外交 [日経新聞編集委員]
2012/11/05(月) 23:10

明日6日、いよいよ米国の大統領選の投票が行われます。
今日は、米国国際情勢に詳しい、日本経済新聞社国際部編集委員の春原剛(すのはらつよし)さんにお越しいただきました。
テーマは「尖閣をめぐる米国日中仲介外交」

尖閣諸島をめぐって日中関係の緊迫が続いています。
中国は色々な船を周辺に送り込み、日本の海上保安庁がこれを牽制。
まさに睨みあい、スタンドオフの状況になっています。
この状況を米国も心配して、先月下旬、オバマ大統領が日中に元米政府高官を派遣し仲介外交を展開しました。

米国はもともと「中立」のスタンスをとっていたはずなのに、何故このような仲介を行ったのでしょうか?
米国は1982年、イギリスとアルゼンチンとの間に起きたフォークランド紛争でも中立の立場をとったように“領土問題”には中立の立場をとっています。
しかし尖閣問題は、日本が実効支配をしていると日米では認識しているので、日米安保条約の対象になるのです。
鳩山政権以降、日本と米国の関係が悪化しているので「今なら中国が尖閣に手を出しても米国は軍隊を出して日本を守ることはしないかも」と日中双方が誤解しているとまずいので
「中国が軍事的に日本を威嚇したり尖閣周辺に軍艦を出したりすれば、日米安全保障の対象条件となるので、日本を守る」と明確に伝えたわけです。
中国も今のところは尖閣に軍艦は送ってきていないのでギリギリの心理戦を展開しているようです。

今回米国が派遣した訪問団はいずれも元高官で、アーミテージ氏・ハドリー氏は共和党、スタインバーグ氏・ナイ氏は民主党と超党派となっています。
実はここに鍵があって、明日から始まる大統領選の投票を控え、どちらが勝利しても日米安保体制は揺るがない…ということをアピールするための超党派
また、中国ともいい関係は続けていきたいということで生々しくならないよう、現職高官ではなく元高官
というこのメンバーになったわけです。

中国に対し日本の尖閣国有化を現状維持という条件で納得するよう迫ったわけですが
尖閣の『現状』に対し、日米と中国の間では認識が違っていて
日米の現状維持は、日本が尖閣を国有化したけれど、灯台や船溜まりを作ったりなどの実効支配を強める行為はしない。
中国にとっては、すでに尖閣周辺には日本と中国の巡視船が行き交う状況で、日本が実効支配しているとは言えない。
このような現状が維持されていくと、軍事衝突などおこらないか心配されます。
第一次大戦の引き金となったサラエボの銃声。あの一発の銃弾が世界中を巻き込む大戦を引き起こすとは誰も思っていなかったでしょう。
しかし、戦争を引き起こす要素は確実にあったわけで、今の尖閣をめぐる日中の状況も当てはまるのです。
米国大統領選挙をのゆくえを巡って日中がいろいろな思いをめぐらして計算違いをされると困る。
それを懸念し牽制するためのこの度の仲介外交だったということ。

詳しくはオンデマンド放送でお聴き下さいね!


今週の放送予定(11月5日~9日) [山本郁コラム]
2012/11/04(日) 07:55

話題の映画『のぼうの城』
先週金曜の公開初日に見に行ってきました!
実は夏に試写会で一度見たんですが余りにも面白かったので、公開されたらまた見に行こうと楽しみにしていたんです。
歴史ものはあまり得意ではない私ですが、そんな私でも話自体が面白いので理屈無く楽しめます。
それに何と言ってもキャスティングが素晴らしい!!
登場人物がみな個性たっぷり、生き生きと輝いているんです。
主役が野村萬斎、脇を固めるのが佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、、山田孝之、市村正親…豪華ですよね!!
上地雄輔が好演していたのも印象に残ります。
そして芦田愛菜ちゃん。
2年前に撮影されたので少し幼い愛菜ちゃんのあどけない表情が楽しめます♪
この他にも名のある役者が沢山出演していて、キャスティングの豪華さも見どころの一つです。

この映画の舞台である忍城(おしじょう)のあった埼玉県行田市。
今注目を集めていますが、映画ゆかりの場所をめぐるツアーも開催されているようですし
お隣の熊谷市の映画館シネティアラ21では金曜まで映画の劇中で使用した衣裳展が行われているそうです。


それでは今週の放送予定です。

11月5日(月) 春原剛さん(日本経済新聞社国際部編集委員)
「尖閣巡る米国の日中仲介外交」
 
6日(火)野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「為替リスク、もう一つの避け方」

7日(水)森成俊さん(オーバルネクスト・アナリスト)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

8日(木)川野辺礼二さん(デリバティブ評論家)
「初心者のためのCX相場解説」

9日(金)池水雄一さん(スタンダードバンク東京支店代表)
「専門家の目~世界の金の動き」

今週も一日15分!お付き合いくださいね♪


「米大統領選挙と金市場」 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2012/11/03(土) 14:32

金融・貴金属アナリスト 亀井幸一郎さんと

前回9月の雇用統計で失業率が7.8%に低下したことから、長期緩和策後退の思惑が広がり1800ドル節目をトライできずに調整入りしてしまった金価格。10月の雇用統計も0.1ポイント悪化も失業率は7%台を維持し金価格は1700ドルの大台を割れてしまいました。米国経済の先行きに明るさが?!2か月連続での失業率7%台は心理的にも大きいようです。次の材料は大統領選挙。ここからの金相場、どのように見ていったらいいのでしょうか。
皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

2日金曜のマーケットトレンドでは
金融貴金アナリスト亀井幸一郎さんにお話しを伺いました。

週明けからは様々なイベントが控えています。
G20財務相中銀総裁会議、ECB理事会、中国共産党大会、
そして米国大統領選挙に議会選挙。

やはりなんといっても大統領選挙の結果に注目ですが、
メインシナリオとしてはオバマ氏が再選され、
下院は共和優勢のねじれ状態が継続するというものでしたが、
第1回テレビ討論後からロムニー氏も追い上げ、選挙戦が激化しています。

共和党ロムニー氏は、富裕層減税継続を掲げていますが
何故に富裕層優遇策を訴え続けるのでしょう。
亀井さんは、
投資効率のいい強者に資金を配分したほうが消費が刺激され
生産が拡大、雇用が増えるという連鎖を訴えたもので、
逆にオバマ大統領が進める国民皆保険制度、
医療保険の拡充など低所層への配慮は赤字を増やすだけだと訴えているものだ、
と教えて下さいました。
うーん、どちらが世界のマーケットにとって、いえ、
未来のアメリカにとっていいシナリオなのでしょう・・・。

証券市場ではドットフランク(金融規制)法撤廃を掲げている
ロムニー氏が当選すれば、株式市場が大きく上昇するという
シナリオも浮上してきていますが、亀井さんはロムニー氏当選となれば
一時的にはリスクオフ相場になるのでは?!と解説くださっています。

小さな政府を掲げ、バーナンキ氏批判をしているのですから、
金融規制の撤廃くらいの材料で株価が買い上げられるかどうかは疑問。
ただし、実際には現在の緩和策を急にやめることは不可能でしょうから
リスクオフ相場があっても、継続性があるものではないでしょう。
マーケットはイメージ先行で動くことも多いですからね。

また金市場。ロムニー氏当選となれば暴落するのではないか、
というシナリオを唱える向きも出てきています。
強いアメリカ、強いドル政策を唱えるロムニー氏の下では
長期緩和政策継続がないとする見方ですが、
これも瞬間的にはそうした悲観シナリオから売り込まれることがあっても、
現実的に早期引き締め策に踏み切れるわけがなく、
永続的に金が下がるというものでもないでしょう。

しかし、本当に問題なのは結局どちらが勝っても米国財政悪化の方向に
変化はなく、悪化の要因の財政支出(景気サポート)なしでは
景気は支えられない状況であるということ。

選挙後の市場のテーマは一気に財政の崖問題、そして連邦債務上限
 1兆3940億ドルまで「上限まであと2350億ドルの余裕」しかない
といった部分に注がれることになる?!

目先金が弱含んだところは
長期的に見れば絶好の投資機会となるかもしれません。
詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。


「限月」/ 米国の石油市場
2012/11/01(木) 23:44

みなさんこんばんは!米国のハリケーンが心配でしたが、石油施設がある場所が進路ではなかったことから、CX相場にはそこまでの影響がないとのお話でした。とはいえ大変な被害が出ている様子ですので、無事復旧が進むとよいですね。

■今日の投資用語「限月」
CXでは限月別に取引を行っています。「げんげつ」と読みます。具体的な限月を表す時は、「11月限」と書き、「11がつきり」と読みます。「きる」という単語を感じにする場合、現在はほとんど「切」が使われますが、実は「限」同意義語として使われています!「切」は、ものを切ることや物理的な区切りに、「限」は時間の区切りや物事の限定の意味で使われてきたそう!この「限」という漢字が使われなくなってきたのには、ある歴史学者の一説では織田信長が行った「一町限の制度」にルーツがあるのだとか。CX用語から信長のお話になるとは思っていませんでしたが、用語の歴史も面白いですね♪


■今週のCX相場
アメリカの石油市場に注目。米国の石油消費量世界最大で1,890バレル。世界消費の21%にあたります。石油生産では、2020年までにはサウジの1,160万BDを抜いて世界一の石油生産国になるとの予測もあるそうで、エネルギー・石油の市場動向を見る上では最重要国と言えます。
米国の石油政策には、1)原油輸入ソースの多様化・安定供給 2)シェールガスの開発 3)エタノール入りガソリンの流通化などがありますが、これにより原油在庫高や石油製品が余剰し、WTI原油安と石油製品の輸出増加に繋がりました。これまで原油の輸出を禁止してきましたが、シェールオイルの増産も重なり、輸出は避けられないのではとの見方も出てきています。ただ、国内ではガソリン高・暖房油高が進んでいますが、これは大気汚染対策等で規制強化が行われ、そのコスト高が関連しているとのことでした。今後ますます米国のシェール・ガスとカナダのオイルサンドの増産が見込まれていることから、かつては高値であったWTI原油の価格も下落のままいくのではないかということでした。


番組へのご質問なども随時受け付けています。
どんな小さな事でもお気軽にどうぞ!


ハリケーンの影響で原油価格は下落するもガソリン価格は上昇 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2012/11/01(木) 01:06

コモディティインテリジェンス 代表取締役社長 近藤雅世さんと

ハリケーンSundyの影響で、米国株式市場は2日続けて休場となりましたが、ハリケーンの影響は商品市場市場にもあるのでしょうか。
今日の日経新聞にはハリケーン上陸で製油所が相次いで稼働を停止しており、もともと高水準にあった原油の在庫がさらにだぶついてしまうという見方が広がって、原油価格の下落要因となっている、との解説がありました。原油からガソリンなど製品への精製ができないため、原油が溜まっていってしまうということですが、ガソリン価格などへはどのような影響があるのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコモディティインテリジェンス代表取締役 近藤雅世さんに
お話しを伺いました。

Sandyの影響でNY改質ガソリン価格は10月23日の2.569ドルから
29日、2.7568ドルに0.1878ドル7.3%上昇しました。
もともと米国北東部は石油精製設備が採算割れで閉鎖が続いてきたため、
今年の冬が厳冬になると灯油の精製能力が不足すると言われていた地域です。

近藤さんによるとSandyが米国東海岸を襲い、
約3分の2の石油精製設備が稼働を停止しこたことで
パイプラインや港湾施設の機能も麻痺したため、
ガソリンと暖房油の供給が滞ってしまったことが原因。

まだここからガソリン価格の上昇懸念が残るのでしょうか。

ニューヨークを襲うハリケーンとしては史上最大かもしれませんが、
Sandyはカテゴリー1で2005年8月末にカテゴリー5まで拡大した
カトリーナとは違うため、台風一過がソリン価格は下落すると近藤さんは
指摘。原油価格が下がっているのは石油精製能力の問題なので、
原油価格を引き上げるほどの力はないと解説くださいました。

また、このハリケーンがもたらした被害は甚大で
大統領選挙への影響も気がかり。雇用統計が発表できないかもしれない、
との話も出てきています。
不透明要因は多く、まだ現段階ではこのハリケーンの余波を
全て把握することは難しい状況のようです。

ではもう少し長期的に見て、ここからの商品市場の行方は?!

明日から11月に入りますが、11月ははファンドの決算期に当たります。

金のファンドのネット買い残は2週連続して減少しているそうです。
近藤さんによりますと、金だけでなく、米国債等全般の金融資産からも
多くの資金が撤退しているということで、
商品投資からはこの2週間で10万枚ほどネット買い残が減少、
金融商品投資からは30万枚以上のネット買い残が減少しているのだとか。

ファンドの決算に絡む資金流出だけではなく、
9月13日にQE3が実行されてしまい、もうこれ以上の非伝統的金融政策の
手の打ちようがなくなってしまったことが背景にあるのではないか、と
近藤さんは指摘されます。

金はインフレヘッジで買われるという側面もありますが、
これだけの緩和政策をとっていても増えたマネタリーベースは、
資金の借り手がいないので、金融機関にとどまってしまい、
国債の買い上げを行う程度しか使い道がなくなっており、
資金が民間市場に流れていないので、
物価の上昇には繋がらないためインフレ・ヘッジという
側面からは金買いにはなりにくい、と近藤さん。
金は超中期的に強気な見通しが大勢ですが、
切り口によっては見方が大きくことなるものなのです。

近藤さんにはまた、穀物価格の今後についても
お話しをうかがっています。
詳しくはオンデマンド放送をお聞きくださいね。


◆また12月2日のゴールドフェスティバルの
マーケットトレンド番組特別枠抽選10名様には
たくさんの方からのお申込みを頂戴しました。

皆様、本当にありがとうございます。

事務局から当選者には連絡が行っているかと思います。
会場でお会いしましょう。

また抽選に漏れてしまった方、申し訳ございませんでした。。。
マーケットトレンド番組内でもイベントの報告をさせていただきますので
引き続き番組をご愛聴いただければ嬉しいです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。


全25件中 21件〜25件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 ]