トウモロコシの生産コストは?!高値推移のトウモロコシのこれから [投資α情報(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2012/10/13(土) 00:29

この夏、干ばつからの生産懸念から大豆やトウモロコシなどの穀物価格が急騰しました。収穫への懸念から歴史的な大相場となったのですが、収穫期に入って落ち着いた値動きとなっています。
在庫への懸念はないのでしょうか。この先の需給相場はどのようなものになるでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットリスクアドバイザリーの津賀田真紀子さんに
トウモロコシ価格の今後についてお話を伺いました。

収穫作業が例年を上回るペースで進められていることから、
一時的なハーベストプレッシャーが発生していることで現在は
価格高騰も落ち着いているのですが、高騰が一服したとはいえ、
依然として高値圏で推移しているトウモロコシ
米国国内ではレイショニング(高値の買い控え)は
発生していないのでしょうか?

津賀田さんは米国ではトウモロコシ由来のエタノールの生産量が減少傾向だと
解説くださいました。エタノール生産によって得られるキャッシュ・マージン
(エタノール価格とDDG(搾りかす。主に飼料として用いられる価格から
原材料コストであるトウモロコシ価格と燃料となる天然ガス価格を差引いた価格)
が昨年12月以降急激に悪化していることが主な理由だそうです。
これまで米国では石油由来燃料にエタノールを混合する業者に対して
1ガロン当たり45セントの税額控除、
エタノールの輸入については1ガロンあたり54セントの輸入関税措置が
実施されていましたが、昨年末にバイオ燃料に対する優遇税制が廃止されたことも
影響しているようです。このため、ここ最近は安価なブラジル産エタノールの
輸入量が急増している状態なのだそうです。

また飼料向け需要も減少傾向にあります。
家畜の餌である配合飼料の約半分がトウモロコシですが、
この配合飼料価格の上昇に伴い家畜牛の生育コスト、および
食肉価格が上昇していることから、米国内の食肉需要が減少しているためです。
なお、米国の食肉の消費者物価指数と屠畜牛の価格は
比較的高い相関関係にあり、2007年1月以降で見た場合、
直近の相関係数は0.88と非常に高くなっています。
この影響により、米国内では屠畜牛の頭数が減少している一方、
比較的価格の安い鶏肉に需要がシフトしているようです。
これまでは、今夏に米国で発生した干ばつの影響により、
供給面の下方修正に注目が集まっていましたが、
今後は需要面の下方修正に注目が集まることになる、と解説くださいました。

現在の需給水準から判断すると、現在の価格は適正かどうかについて
津賀田さんは買われすぎの水準にあると指摘。
実際に米国の需要面が下方修正された場合は、
中長期的に、もう一段の下落を意識しておいた方が良い?!

では、下値メドはどれぐらいでしょうか?
しかしながら、近年トウモロコシの生産コストが上昇傾向にあり、
米国農務省の報告によると、この10年間でトウモロコシの単収は
13.8%増となりましたが、一方で種子代は約2.7倍に、
肥料代も3.1倍に増加、2011年の生産コストは過去最高を記録しました。
原油高の影響を受け、副産物である化学肥料等が上昇しているほか、
単収向上のために遺伝子組み換え種子の利用率が
向上していることなどが背景にあります。
つまり、種子と肥料が値下がりしない限り、
トウモロコシ価格は下がり難い状態が続く可能性が高いというのです・・・。
米国のレイショニングや南米の増産等の影響により調整安が進んだとしても、
当面の下値目処は、生産コストギリギリの700セント近辺と、
比較的高い位置になるのでは、と津賀田さんは解説くださいました。

詳しくはオンデマンド放送で津賀田さんのお話をお聴き下さいね。

また、ここで番組をお聴きの皆さまにお知らせ!!
12月2日(日)、東京品川のコクヨホールで開催されるゴールドの祭典「TOKYO GOLD FESTIVAL」に抽選で「マーケット・トレンド」のリスナー10名様をラジオNIKKEI番組  特別枠でご招待します。

応募方法は、「TOKYO GOLD FESTIVAL」公式サイト http://goldfes.jp/
の右上にあるラジオNIKKEI専用申込フォームからお申込みください。
リスナーを認証するキーワードは「アルファベットの小文字で g o l d」です。

「TOKYO GOLD FESTIVAL」公式サイトへは「マーケット・トレンド」番組サイトのバナーからどうぞ。

受付期間は10/12-10/29正午までです。抽選は10/30に行い、抽選結果を同日メールにてお知らせし、当選者には開催2週間前までに入場券(招待ハガキ)をお送りします。

「TOKYO GOLD FESTIVAL」は池水雄一さん、亀井幸一郎さんなど日本を代表する ゴールドのスペシャリスト達ほか番組出演者が集結、直接話し合える懇親会もあり ます。 司会は大橋ひろこ。 プレゼント抽選会もありますよ。
詳しくは公式サイトをご覧ください。参加はもちろん無料!
皆さまのご来場をお待ちしております!!


マーケットリスクアドバイザリー津賀田真紀子さんと