為替リスクの備え方 [ファイナンシャルリサーチ 野尻美江子さん]
2012/10/30(火) 22:42

外国債券などの“外モノ”を使うと、為替リスクで成績が変わる…なんてよく言われます。
投資信託の成績も為替の影響で最終的に基準価額が振るわないということがここ数年見られます。
円だけが買われる構図が続いてセオリー通りの通貨分散が効かないので、為替リスクがファンドの成績を直撃しているのです。
しかし、普通でない今のこの状況に、対応していかなくてはなりません。

そこで注目されるのが為替ヘッジ。
為替ヘッジを使えば、様々なリスクの一つである為替リスクをほぼ避けることが出来ます。
全ての商品という訳ではありませんが、為替ヘッジありorなしを選択できるものがあるのです。

選択なんて何も、為替リスクを避けるために当然ヘッジありを選べばいいんじゃないの?
いいえ。必ずしも、そうとは言えないんです。
ヘッジあり、つまりリスクを避けることを選ぶことにより、失うものや、余計に払うものが発生してくるんです。

まずはコストです。
為替ヘッジの仕組みですが、為替予約という予約取引を使うことで将来決済するレートが確定できます。その代りに売る通貨の金利を放棄。買う通貨の金利となります。
この金利差がヘッジコストになるのです。
使用する2通貨の組み合わせによってはコストが安くなる…この通貨のペアならヘッジありを使っておいた方が良い…という判断が出来るわけです。
今日も日銀が金融政策決定会合で資産買入れ資金11兆円増額と発表したように引き続き金融緩和の傾向ですが、低金利同士の組み合わせならコストの影響が軽い訳です。
投資先の金利が高いと金利差が大きくなるからコストが運用成績の足を引っ張ってしまいます。

ただ、押さえておきたいのは、為替ヘッジありはスタンダードではない!ということ。

今が普通の状況でない(世界的低金利)から、為替ヘッジありがよく使われていますが
為替ヘッジあり…ということは、為替のリスクを避けられるけれど、為替の旨味を放棄することでもあるのです!!
多くの方は円は持っているけど外貨が無いから投資信託で分散投資しているのですが、その投信の魅力が限定されてしまうわけです。

本来、金利が正常な時は、為替ヘッジなしがスタンダードなんです。

投資信託って本来中長期でどっしり構えて取組むものですが、為替ヘッジについてだけは柔軟に考える必要があります。
野尻さん曰く「為替ヘッジはお料理の塩加減のようなもの」
たとえばアサリを調理する場合、季節によって含んでいる塩分が違うので調理する時に塩加減を調整しなくてはなりません。

今なら、ありとなしダブルで行って、今後の動向でどちらか降りるというのも今に生かせる考え方かも…ですって!

野尻さんの解説はオンデマンド放送でお聴き下さいね。


中国変調と国際商品市況 [日経新聞編集委員]
2012/10/29(月) 23:10

10月の最終月曜日。
コメンテーターは日本経済新聞社 編集局 商品部 編集委員の志田富雄さんです。
9月半ばにQE3が発動されましたが、国際商品全般に調整色で効果が感じられません。
QE2の時と何が違うのか、その要因は3つ。
今回はQE発動前にほぼ織り込み済みだったということ。
“QEをやっても効かない”という認識が出来てしまったということ。
そして、中国悲観論。
これが本日の志田さんのお話のメインテーマです。
中国経済はいまや商品市場全般に影響を及ぼす大きな位置づけとなっています。
その中国に期待が持てないということですが、
中国の経済成長はもうピークを超えてしまったという見方も出ているようです。
志田さんも中国の現状としては更に悪くなるという感じではないけれど、回復の兆候は見えないと言います。
9月に景気対策で一兆円つぎ込みましたが、規模が小さかったことと、目詰まりしていて必要な所に行き渡らない状況。
さらに日本製品の不買運動を行っていることも経済回復に足かせとなってしまっています。
この状況から抜け出すためにはヨーロッパ経済の回復と、中国の経済を内需主導に切り替えることが必要でですが、いずれにしても時間がかかります。
来週からの共産党の党大会で指導者の体制が一新しますが、それも経済回復には大きな期待は持てないようです。
国際商品市況の今後の展望は…。
志田さんの詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね。


今週の放送予定(10月29日~11月2日) [山本郁コラム]
2012/10/28(日) 09:11

先週金曜日、夜9時過ぎ
仕事終わりの目黒駅前で見慣れないものを発見!
帰宅を急いでいたので一回走り過ぎたのですが
まさに踵を返して戻ってみると
何と、コーヒーの移動販売車。

後でよくよく考えてみればコーヒーの移動販売車って決して珍しくないんだろうけれど、とにかく見た目のインパクトが強くて目をひかれたんです。
軽トラックに手をかけてこんな木の香りがたっぷりの(いや実際はコーヒーの香りなんだけど)移動販売車を作っちゃったそうで。

店長は拓さん。
「旅商人拓 世界一周中」というキャッチフレーズで、世界一周に向けて、今は、日本一周をされているそうです。

美味しいお店でコーヒー修行をしたり、ボランティアをしたり、イベントを主催したり参加したり。
時にはマスコミの取材を受けたり、ラジオに出演もされているそうです。



コーヒーは一杯300円~400円。
マンデリン、ドミニカ、コロンビア、ホンジュラス…
旅ブレンドなんてのもありました。

私はお財布を開いたら小銭が300円しかなかったので本日のコーヒーを頂いたのですが、日本一美味しいコーヒーを目指してますって言うだけあって、香りがよくて雑味エグみが全くないとても美味しいコーヒーでした♪

目黒にはこの前の日にやってきたそうです。
いつまで目黒にいるのか何時まで営業するのかは、その日その日の状況次第。
警察に追い払われちゃう時もあるし、眠くなっちゃってお店を閉めちゃう日もあるそうです。

ブログやツイッターで情報を発信しているので、その情報をもとに、あるいは偶然街角でみかけたら
ぜひコーヒー飲んでみて下さい♪

彼の過去のブログを読んだら、世界に出る前に200万円貯める!!が目標の一つに掲げられていたけどその時点の所持金2万円…って。
今はどんな状況なのかな。
火曜日のコメンテーターの野尻さんにアドバイスして貰わなくちゃね(笑)



それでは今週の放送予定です。

10月29日(月)志田富雄さん(日本経済新聞社商品部編集委員)
「中国変調と国際商品市況」


30日(火)野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「為替リスクの備え方」


31日(水)近藤雅世さん
(コモディティーインテリジェンス代表取締役社長)
「商品市場の動向と今後の見通し」


11月1日(木)川野辺礼二さん(デリバティブ評論家)
「初心者のためのCX相場解説」


2日(金)亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

今週も一日15分お付き合いくださいね!


原油価格はまだ下がるのか?!ここからのポイント [投資α情報(大橋ひろこ)]
2012/10/26(金) 23:49

オイルエコノミスト藤澤治さんと

このところの原油価格はジリジリと価格が切り下がっています。9月中旬に ブレント価格は114ドル、WTI価格は100ドル超にまで上昇していたのですが、これは中東の地政学リスク、ECBの南欧国際買い取り策、QE3の決定などが背景にあった高値です。地政学リスクは継続しているものの、金融政策による支援は他のマーケットも同様ですが材料としては新味に薄れてきており、需給が逼迫していない現状に於いては地政学プレミアム分が剥落してきている動きということでしょうか。

皆さん御機嫌如何でしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミストの藤澤治さんに
原油価格の動向を伺いました。

Bullish Factor(強気要因)としては
中東の地政学問題が決して後退したわけではないということが上げられます。
イランの核疑惑、シリア内乱、イスラエルのイラン爆撃懸念は残っています。
また、北海のバザード油田のメインテナンスが遅延しており、
これも供給面からは支援材料。
例年と比較するとこのⅠ0月は気温高く暖房油が不振でしたが、
これから冬季に入れば需要シーズン入り。
また南米は、ドライビング・シーズンにはいることも強気ファクター。

Bearish Factor(弱気要因)としてはやはり世界経済動向だと藤澤さん。
このところの原油価格の下落も世界景気の先行きに対する懸念が大きいとし
EU域内、特にドイツビジネス不振や米国経済の企業業績不振、そして
経済成長率を7.4%に鈍化させた中国経済の減速などが嫌気されていると言います。
さらに、需給は過剰気味。9月末のOECDの石油在庫は先行きの57-58日で
昨年度同レベル)適正とされる53日を上回っており、
2012年第4四半期は、OPECが第3四半期並みの生産をすれば、
在庫の積み上げとなってしまいます。

しかし、藤澤さんは需給上は、過剰であっても
地政学リスクが下支えしている現状においてはこれ以上(WTI 85ドル)の
価格の下落はないだろうと解説くださいました。
相場は、欧州、米国経済の懸念に拠り、上下するものの
中国の経済は復活の兆しもあるのだとか。
9月の中国の石油需要は、前年同月比9%増。
中国の輸出は9月には、前年同月比で10%増。
生産指数も9月は9%の伸びを示していたのだそうです。


故に、2012年10-12月は現在よりやや持ち直し、
ブレントで、100-110ドル、WTIで、80-95ドルとの予想。
またBrent/WTIの較差は、来年の春にSeaway パイプラインが拡張(日量45万バレル)
する迄は、大体18-20ドルで推移するだろう、ということですが、
春にこのパイプラインが拡張された折にはこのスプレッドは
縮小に向かうとお話くださいました。

では来年の見通しは?!
藤澤さんは弱含みの見通し。詳しくはオンデマンド放送で
藤澤さんの解説をお聞き下さいね。

12月2日(日)
東京品川のコクヨホールで開催されるゴールドの祭典
「TOKYO GOLD FESTIVAL」に抽選で
「マーケット・トレンド」のリスナー10名様をラジオNIKKEI番組
特別枠でご招待します。

このイベント、実は先週12日金曜に一般募集開始したのですが、
即日満員御礼!!募集定員に達してしまったために
一般募集は締め切られてしまいました。

残すはこの番組、マーケットトレンドの特別枠10名のみなんです!
応募が間に合わなかったという方は是非ここからご応募くださいね。

「TOKYO GOLD FESTIVAL」公式サイト http://goldfes.jp/
の右上にあるラジオNIKKEI専用申込フォームからお申込みください。

リスナーを認証するキーワードは「アルファベットの小文字で g o l d」です。

「TOKYO GOLD FESTIVAL」公式サイトへは
「マーケット・トレンド」番組サイトのバナーからどうぞ。

受付期間は10/29正午までです。

抽選は10/30に行い、抽選結果を同日メールにてお知らせし、
当選者には開催2週間前までに入場券(招待ハガキ)をお送りします。

池水雄一さん、亀井幸一郎さんなど日本を代表する
ゴールドのスペシャリスト達ほか番組出演者が集結、
直接話し合える懇親会もあります。 

司会は私、大橋ひろこ。会いに来てくださいね。
プレゼント抽選会もありますよ。


「ドバイ・ショック」/ 世界の石油在庫と備蓄
2012/10/25(木) 23:19

みなさんこんばんは!「初心者のためのCX相場解説」がはじまって一ヶ月!
時間が経つのが早すぎます。次回の放送はもう11月・・・
毎日大事に過ごしたいと思います!

■今日の投資用語「ドバイショック」
2009年に中東のドバイ首長国連邦で起きた金融危機のこと。
11月に政府系企業「ドバイワールド」とその傘下の不動産・開発企業「ナキール」の債務返済の猶予をドバイ政府が要請。債務総額は4.6兆円。 これにより、多額の債権を持つ欧州系金融機関に対する信用不安が広がり株価急落、ユーロ円・円高が急激に進みました。 ドバイの不動産バブル崩壊、 外国資本の引き揚げ、GDPマイナス成長等の影響が見られ、 ここからソブリン・クライシスへ。 川野辺さんは、 リーマンショック、ドバイショック、ソブリン・クライシスは点ではなく線、世界金融危機の連鎖という見解をお持ちでした!現状としては、経済は上向きながらも債務問題はまだ残っているようです。

■今週のCX相場
世界の石油在庫と備蓄に注目。現在世界の石油在庫は26億4,900万バレルで、60.3日分の石油消費量にあたります。IEA(国際エネルギー機関)は加盟28カ国に備蓄義務を課していて、全体の平均備蓄日数は178日分(北米:157日分、アジア・太平洋地域:163日分、欧州は124日分。ちなみに日本は168日分)で、現在の備蓄量は潤沢と言えるようです。備蓄放出に関してはニュースでチェック可能です!

さて、12月2日(金)、
ゴールドの祭典「TOKYO GOLD FESTIVAL」が開催されます。
司会は水・金曜キャスターの大橋ひろこさん♪
今回特別に、マーケットトレンドのリスナーの皆様を御招待!
詳しくは下記URLでご確認ください。受付は29日までです!!!
http://goldfes.jp/guest.htm


番組へのご質問なども随時受け付けています。
どんな小さな事でもお気軽にどうぞ!


全25件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 次の5件 ]