円急騰、そのときFX投資家に何が起きたのか? [日経新聞編集委員] [マーケット・トレンド]
2011/04/11(月) 18:44

清水功哉さん

番組前の打ち合わせ中、5時16分
福島県を震源とする最大震度6弱の大きな余震がありました。
さらに続いて27分にも。

余震があると為替が大きく動く…なんて話をしていたまさにその時です。
そんな訳で番組冒頭は地震速報も入るなど
少々バタバタと感じで今日のマーケットトレンドはスタートしました。
どうぞお許しを!

今日のテーマは
『円急騰、そのときFX投資家に何が起きたのか?』
日本経済新聞社 経済金融部 編集委員の清水功哉(いさや)さんに
お話いただきました。

キーワードは
ミセス・ワタナベ狩り 魔の20分、そしてロスカット。
3月17日の早朝、円が急騰。
わずか20分の間に3円も跳ね上がり
1ドル76円26銭の過去最高値を記録しました。
この想定を超える円急騰で多くのFX投資家
ミセス・ワタナベが多額の損失を被りました。

そのカギとなったのがロスカット。
投機筋が円買いを仕掛けてロスカットを発動させたのではないか…
という憶測を呼んでいるようです。

この時何があったのか?
FX投資家になにが起きたのか?
そして今後どんなことに注意をしたら良いのか?
清水さんに詳しく伺いました。
オンデマンド放送でお聴きくださいね!