金価格のサポートラインは?JMプラチナレポート内容は? [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2010/11/17(水) 22:31

今日からラジオNIKKEIスタジオにもクリスマスツリーが!森成俊さんと

NY金のチャートに50日移動平均線を引いてみてください。
現在1330ドルあたりに位置している50MAですが、金価格は今ちょうどこのラインにサポートされている格好。ココを割り込むと、心理的節目である1300ドルを目指す下げもあるかもしれません、、、、。

と解説くださったのは今日のマーケットトレンドゲスト
オーバルネクストアナリスト森成俊さん。
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。
皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

東京はこの数日、一気に真冬に突入したかの冷え込みですが、
マーケットも先週の金曜から冷え込み始めました。
金価格をはじめコモディティ市場は大きく崩れ始めています。

さて、この下落が単なる調整に終わるのか、
それとも大きなトレンドの転換なのか。

森さんによると、2010年までの10年間で11月のドル建て金価格の
陽線確率は80%。来月12月も70%ということですから、通説とされる
11月~12月の年末にかけて金価格は上昇するというのは
確率からみてもほぼ正確な見方であることが確認できますね。

目先はこれまでのコモディティミニバブルに調整の動きとなっても、
長期的展望では、これが天井打ちしたというような下落ではなく、
調整が完了した時点で資金が再度商品市場に回帰するものと
森さんは予測されています。
詳しくはオンデマンド放送を聞いてみてください。

森さんにはプラチナについてもお話を伺っています。
昨日JMジョンソンマッセイ社から
2010年のプラチナ中間需給報告が発表されました。
世界の供給量、需要、そして今後半年のJM社の価格見通し
等解説いただいています。
このレポートからみる現在の値位置は割高?割安?
こちらも合わせてオンデマンドでご確認を!