TOCOM NEXT開設記念キャンペーン当選者発表!!・金投資の魅力とTOCOM NEXT [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2010/06/30(水) 18:56

東京工業品取引所営業部長 小渕大樹さん

TOCOMNEXT開設記念リスナープレゼントキャンペーンには本当にたくさんの方からご応募いただきました。応募下さった皆様、番組に感想を寄せてくださった皆様、本当にありがとうございました!!
お寄せいただいた感想、ご意見は今後の番組制作の参考にさせていただきます。

今日は番組内でipadとメイプルリーフ金貨の
当選者の発表をしています。
当たっているかどうかオンデマンドでチェックしてくださいね。
そして当選者の発表は今日の番組ゲストコメンテーターの
東京工業品取引所営業部長の小渕大樹さんにお願いしました。

今日は「金投資の魅力とTOCOM NEXT」というテーマで、
小渕大樹さんにお話を伺ったのですが、
当選者の発表などもあり時間が足りないわ!という感じでした。
小渕さんの流れるようなお話もっと聴きたかった・・・。

TOCOM NEXTとは東京工業品取引所が開設する
日経・東工取商品指数市場の愛称で、
日経・東工取商品指数を対象とした先物取引が行われています。
指数が上場したのは今年の3月23日。
この日257.0Pの初値をつけましたが、
その後どんどん上昇して287.15Pまで上昇しました。
現在は欧州始め世界経済の先行き不安から260~270Pで推移しています。
過去にはなんと429.38Pという高値を算出したことも。
(2002年5月31日を100Pとして算出しています)



TOCOMの新しいポスターが出来ました

今日は日経平均が年初来安値を更新するなど、株式市場も冴えない動きとなっていますが、金価格は先週1260ドル台の史上最高値を更新、全く別の動きとなっています。
リスク回避から金市場に資金が流入しているのですが、
金市場のプレーヤーはこのところ大きく変貌しており、
ETF市場の残高推移などを見ても、投機的資金だけではなく、
資産運用として長期保有目的での金買いが
積極的に入っていることがわかります。

こうした金への投資の手段として、現物の保有や
TOCOM市場の先物取引というスタイルがこれまで一般的でしたが、
今ではETFもありますし、日経・東工取商品指数にも
貴金属が含まれています。
指数の配分比率は、原油やガソリンなどのエネルギーが59.14% 、
金や白金などの貴金属が37.25% 、天然ゴムが3.61% で、
エネルギーと貴金属の比率が高いのが特徴。

この日経・東工取商品指数の特徴や
TOCOM NEXT市場の今後の戦略、
そして金投資の魅力など詳しくは小渕さんのお話を
オンデマンド放送を聞いてくださいね。