プレゼントキャンペーン〆切まで3日!/人民元が金相場に与えるインパクト [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2010/06/23(水) 18:34

夕方には雨が上がって明るくなってきました オーバルネクスト東海林勇行さんと

締め切りまで後3日!
リスナー感謝プレゼントキャンペーンにはもうご応募されましたでしょうか?iPadやメイプルリーフ金貨、さらにはマーケットトレンド出演コメンテーター陣のDVDや著書など豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーン実施中ですが、今週金曜25日に締め切りが迫っています。ご応募頂いた全ての中から公正に抽選いたします。番組への感想なども添えてご応募くださいね。
ご応募はコチラから

ごきげんいかがでしょうか、大橋ひろこです。
さて中国人民銀行が人民元相場の弾力性を高めると発表しましたが、
このニュースは金相場にどんな影響をもたらすものなのでしょうか?

すぐに金相場に大きな影響をもたらすものではないとしながらも
5年10年という長期的視野でみれば元は金のライバルになる可能性も、
と東海林さん。通貨の信認低下による金への資金流入から今、
金が「無国籍通貨」などと呼ばれていますが、将来的に人民元が
各国中央銀行の外貨準備に組み入れられるような時代が来れば
資金を金にしようか、元にしようかと分散される可能性も。
でも、それはまだずっと先の話。
人民元の完全自由化が先でしょうね。

今日はオーバルネクストアナリスト東海林勇行さんに
「貴金属市場の動向と今後の見通し」を伺いました。

金は先週金曜、今週月曜と2営業日連続で史上最高値を更新。
最高値更新の背景はリスクヘッジから資金の逃避先として
金が選ばれているということのようですが、
テーマは欧州ではなくてアメリカ。
欧州不安は一時的には後退しているのですが、
このところアメリカから出てくる指標が良くないものが多く、
景気減速の懸念が株価の頭を抑えているようです。

そういえば今年初めまではアメリカの出口戦略が
2010年の最大のテーマとなると言われていましたが、
すっかり出口戦略という言葉が聞こえてこなくなりました。
欧州のせい・・・。やはり1年を見通して展望するのは難しいですね。

どちらにしても株価に対してネガティブがテーマであるなら
金にとってはポジティブとなります。
テクニカル的には青天井。1260ドル台を見た今となっては
次のターゲットは1300ドルという心理的節目になっています。
50ドル刻みでざっくり目標が切りあがっていくって
・・・スゴイ市場ですよね(笑)

今後の金相場の投資スタンス、それからプラチナの今後など
詳しく東海林さんに解説いただきました。
是非オンデマンド放送を聞いてくださいね。