プレゼントキャンペーンあと4日!/比べてみよう、低リスク商品 その2 [ファイナンシャルリサーチ 野尻美江子さん] [マーケット・トレンド]
2010/06/22(火) 23:32

野尻さんとMディレクター

ipadやメイプルリーフ金貨が当たる
リスナープレゼントキャンペーン
締め切りまであと4日です。
その他のプレゼントや応募方法など
詳しくはこちらをご覧下さいね。
ハガキやFAXでもご応募いただけます♪

今日の写真は、OA終了後の会議のひとコマ。
私、山本郁が撮影しました。
火曜日は毎週、放送終了後にこの作戦会議が行われます。
野尻さんと私、そしてディレクターと3人
頭を突き合わせ、あーでもないこうーでもないと
小一時間程話し合いをしているのです。
真剣なんだけどいつも何故かゲラゲラ大笑いしながらのこの会議。
名言(迷言?)が沢山飛び出します。
皆さんにお聞かせ出来ないのが残念!!

さて、今日は先週の続きで
低リスク商品のまとめその2です。

まずは「利付国債
固定金利で、名前の通り年2回の利払いがあります。
毎月発行されていて
個人投資家も機関投資家も誰でも買う事が出来ます。
5万円以上5万円単位で、時価で売買されます。
なので、売却益がとれる局面もある一方で
売却損(元本割れ)となる可能性というデメリットも。

いくつか種類があって
10年ものの長期国債が、スタンダードな商品。
また、2年・5年の中期国債があります。
その他に
20年・30年・40年の超長期国債がありますが
これは機関投資家向けと考えたら良いでしょう。
若い方で金利が高い時期だったら、40年間年2回の金利を受け取れる
というのは美味しいかもしれませんがこのご時世ではね…。

そして「社債
これは企業が発行している債券なので
国債に比べると信用度は低くなりますが
財務内容が優れているかどうかの厳格な審査の上発行されます。
一般に社債の利率は、信用度が高いほど低く、信用度が低いほど高いのですが
例えば、最近発行された丸紅の社債(もう締め切りとなってます)では0.72%
預貯金の利率に比べると利回りはかなり良いですよね。

100万円単位での売買であるので少しハードルが高い
いつでも発行されているわけではないということがデメリットですが
気になった企業のHPをマメにチェックしてると
掘り出し物のが見つかるかも!!

この他にも、「公募地方債」というものもあるので
広報誌や自治体のHPなどチェックしてみると良いですよ。


来週は野尻さんはお休み。
作家で資産運用コンサルタントの逢坂ユリさんをお迎えします♪