運用の海外委託急増、その背景は? [日経新聞編集委員] [マーケット・トレンド]
2010/06/07(月) 19:05

始まりました!
iPad & 金貨 ほかお楽しみ賞品が当たる
TOCO NEXT開設記念「マーケット・トレンド
リスナープレゼント企画」

番組を聴いて感想をお寄せ下さった方の中から
抽選でプレゼント致します♪♪
応募方法など詳しくはこちらからどうぞ!!

さて今日は、日本経済新聞社 経済金融部 編集委員 清水功哉(いさや)さんに
投資信託の運用について気になるお話を伺いました。

今、投資信託会社の間で運用を海外に委託する動きが
急速に広がっているんですって!
これは海外債券などに投資する商品が人気を集めている
という背景があるから。
ある調査では2009年の資金純流入額ランキングで
上位3商品は海外債券で運用するもの。
こういう状況では確かに専門的な能力を持つ海外の会社に任せる
というのも分かりますが、不安もありますよね?
ちゃんと目は行き届いているの?
例えば成績評価の尺度などのずれはないの?
投資家の手数料負担は増えないの?

詳しい背景と問題点など伺っています。
オンデマンド放送をお聴きくださいね!!