国際商品どう動く? [日経新聞編集委員] [マーケット・トレンド]
2010/05/31(月) 23:50

晴れ間と温かさが戻ってきて
ほっとしましたね。
このまま梅雨入りしたらどうしよう…って
不安に思われた方も多いと思います。
5月最後の日
米国海軍普天間移設問題解決の期限(?)
でもありましたが
アメリカ大使館目の前のラジオNIKKEI近辺は
青空に緑がそよぐとても穏やかな様子でした。

さて、月末の月曜コメンテーターは
日本経済新聞社 編集局 商品部 編集委員の 志田富雄さんです。
ギリシャショック後、大きく調整が入った国際商品。
株も戻らない状態ですが、ギリシャ危機はドバイとは違って根が深く
時間がかかることは覚悟しなくてはならないと志田さん。
このような不安の局面では
金とそれ以外の商品の格差が広がる傾向にあり
それが如実に表れているそうです。
金も一時は不安で売られましたがすぐに買いが入って1200ドル台をキープ。
金ETFやヨーロッパの年金基金、生命保険などの買いと
金貨の売上げも伸びています。
プラチナは景気の悪さをそのまま反映。
金よりも市場が小さいので値動きも大きく表れます。
一方で銀は、プラチナよりも割安感があって買いが入りました。
金だけでは受け止められない資金を吸い取ってゆく可能性もあり
大投資家のジョージ・ソロス氏も注目しているみたい。
志田さん的には金とプラチナの中間の強さと感じているそうです。
そして原油。産油国が減産を続けているための余剰生産能力状態。
上昇余地は限られていますが、中国の強い需要で下支えされている状況…
詳しくはオンデマンドでお聞きくださいね。