苦戦続く都市ホテル [日経新聞編集委員]
2010/05/24(月) 22:20

ホテルオークラを背景に

「赤プリ」が来春閉館…!

バブル期、若者の憧れの存在だった
あの「赤坂プリンスホテル」
現在の「グランドプリンスホテル赤坂」が
来年3月末で営業を終了するというニュース。

単にホテルの閉館…というだけでなく
寂しさを感じている方が多いと思います。

バブル期は田舎に住んでいたとはいえ
その世代ど真ん中の私は
このニュースにかなりのショックを受けました。

芸能人の豪華結婚式
政界の重要会合
プール開きクリスマスイルミネーション
歴史に残る数々のニュースの舞台にもなってきたんですもんね。

グランドプリンスホテル赤坂だけでなく
帝国ホテル
ホテルオークラ
ホテルニューオータニ…
都市ホテルを取り巻く環境はこの十年ですっかり変わり
皆、苦境に立たされています。

ペニンシュラ、マンダリン、シャングリラなどの外資系の進出
その上に襲って来た不況の波
経営に問題を抱えているホテルも多いようです。

赤プリの09年の年間客室単価は平均で1万4900円。
以前に比べて約半額程度。
それでも集客にはつながらず
また価格を下げた事により利益が出にくくなるという悪循環。

この状況を打開する為に
中国を始めとするアジアからの観光客の取り込みに
活路を見出そうとしていますが
いずれにしても都市ホテルが生き残ってゆく為には
今までのような“客を選ぶ”という姿勢からは
大きな改革が求められそうです。

私個人的には、ホテルはちょっぴり敷居が高いくらいの方が
憧れや夢がもてて嬉しいんですが…。

日本経済新聞社 編集局 産業部 編集委員の
安西 巧(たくみ)さんに伺いました。
オンデマンド放送でお聞き下さい。


今週の放送予定(5月24日~28日) [山本郁コラム]
2010/05/23(日) 23:26

新しい一週間は
雨のスタートとなってしまいました。
この時期の雨はいわゆる“梅雨のはしり”ですが
このまま本格的な梅雨に突入したことも
過去にはあるんですよね…。
気象庁からは今年の夏はほぼ平年並みと
発表されていますがちょっぴり不安。
冷夏は景気の回復を阻害するなんて言われますし。
今週は火曜日に気象庁から3ヶ月予報が発表されます。
マーケットと共に注目ですね。

さて今週のラインナップです。
5月24日(月)安西 巧さん(日本経済新聞社 産業部 編集委員)
      「苦戦続く都市ホテル」


  25日(火)野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
      「とれるリスクに応じた金融商品を」

 
  26日(水)津賀田真紀子さん(フィスコ コモディティ)
      「商品市場全般の動向と今後の見通し」
        
     
  27日(木)門倉貴史さん(BRICs経済研究所代表) 
      「世界のマーケット・トピックス」


  28日(金)山崎 元さん(楽天証券経済研究所 客員研究員)
      「これからの資産運用とコモディティマーケット」

今週もどうぞ宜しくお願い致します♪


メキシコ湾原油流出事故が今後の原油市場に与える影響 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2010/05/21(金) 18:50

オイルエコノミスト藤澤治さんと

原油価格はとうとう70ドルを割り込んでしまいました。
80ドル台後半の高値をつけたのもこの5月でしたが、欧州発信用不安は株式市場だけでなく、コモディティ市場にも波及し、特に景気敏感銘柄である原油やプラチナの下落幅が大きくなっています。

この原油の下落の大きな要因はEU財政問題に違いないですが、
では現在の原油独自材料はどうなのでしょう?


今日はオイルエコノミストの藤澤治さんにお話を伺いました。

WTI原油価格の急落には
アメリカの需給状況も影響しているのだそうです。
WTIの現物の引渡し場所であるCushing在庫は
増加の一途をたどり、米国全体の在庫も1月から増加傾向を持続。

それが証拠に、現在のWTI原油価格は欧州のブレント価格や
中東のドバイ価格より下がってしまっているのです。
裏を返せば、中国をはじめとするアジア市場の堅調を反映している
とも言え、藤澤さんによると、あるオイルの専門家は
これで本来の需給に沿った相場になったと話しているとか。
信用不安の拡大で投機分のプレミアが剥げ落ちたということでしょうか。

しかしながらこうした異常な状況はそうは長くは続かないのでは?
と藤沢さんは分析されています。5月末のメモリアルデーが明けると
米国はドライブシーズン入りします。最も需要が伸びる時期に入るため
欧州の不安が一段落すれば、過剰流動性マネーは再び
コモディティ市場に戻ってくるのではないか、ということです。

また、メキシコ湾のイギリスBP社の原油流失事故。
日本では報道が薄いのですが、これが中長期的に原油価格を
押し上げる要因となるかもしれないと藤沢さんは指摘しています。

海底油田の開発には政府の許可がいるのですが、
今回の件でオバマ大統領、相当お怒りのご様子・・・。
今後、政府の規制が厳しくなり新たな海底油田の開発が
進まないという状況になると、将来的な原油の逼迫への
不安が広がる可能性があるというのです。
大陸油田の開発には限界が見えてきた昨今、
海底油田の開発に期待されていた矢先のこの大事故が、
今後の原油市場にもたらす影響は意外に大きいのかもしれません。

ということで、藤澤さんが読む今後の原油相場の行方、
具体的な分析は放送の中で伺っています。
詳しくはオンデマンド放送をお聞きくださいね。


JM社のプラチナレポートから読む世界景気 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2010/05/19(水) 23:39

オーバルネクスト森成俊さん 後ろにクマさん

まだまだ脆弱なマーケットですが、こんな時に独の空売り規制のニュース。
このタイミングで・・・?!ギリシャ発の欧州信用不安もまだまだ落ち着きを見せていない中追い打ちをかけるような独の発表にショックを受けたマーケットは、さらなるユーロ安、株安、商品安で反応しましたが、商品市場においては原油やプラチナなど工業品銘柄と呼ばれる銘柄が大きく調整が来ているのですが、金市場は1200ドル台を守っています。


今日はオーバルネクストアナリスト森成俊さんに
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。

森さんによりますと、このところファンド勢は
原油売り金買いに転じているということで、
信用不安によるリスク回避で株や原油などの
コモディティが売られる中、
NY金の取り組み高も増加傾向、
下がれば金市場にはシッカリと買いが入るようです。


価格が上昇している過程においても金ETF残高は増加しており、
中長期的にも先高感が強いといえそうです。

TOCOM金のチャートをみますと1983年の4060円まで節目がなく、
NY金がこのまま1200ドルを堅持し、
1300ドル台まで乗せてくるようなことがあれば
ここを目指して上昇を続ける可能性があるということです。

そしてプラチナ。
先日JM(ジョンソンマッセイ)社からが出した
プラチナ需給レポートが発表されました。
年2回発表されるJMのレポートはPGM族にとっては最大の注目材料です。
それによると今後半年のプラチナ価格見通しは
1600~2000ドルと強気なもの。

確かに中国の自動車販売をはじめ、
アメリカの自動車販売も好調なようですが、
2000ドルまでの高値を達成するには現在の地合いでは難しそう。

となると、JM社は欧州発の信用不安はいずれ後退し、
アメリカや中国の景気回復に連れて世界景気は今後
堅調に推移すると見通していることになります。
いえ、欧州不安が後退するという表現には語弊があるでしょうか。
欧州不安が解消しなくても、
他国はその問題を切り離して回復に転じるものと
見ている、というのが正しいのかもしれませんね。

森さんの金、プラチナの分析、今後の見通しは
是非オンデマンド放送を聞いてくださいね。


無関係だと思っていませんか?ギリシャ問題 [ファイナンシャルリサーチ 野尻美江子さん]
2010/05/18(火) 23:09

投資にはリスクはつき物。
そこで先週は
リスクについて勉強しましたが
その中で出てきた信用リスク。
タイムリーな例として
今、その信用リスクに端を発した
ギリシャ問題が連日紙面を賑わしています。
でも
ギリシャ問題?遠い地球の裏側の話だよね。
だってギリシャに旅行する事もないし、株も買ってないし…。
なんて思っている人、いらっしゃるのではないでしょうか?

「無関係と思っていませんか?ギリシャ問題」
グローバルで壁の無い今の世の中
地球上のどこかでおきたことも瞬時に世界中を駆け巡り
影響を及ぼすものなのだということを
ギリシャ問題を題材にして教えていただきました。
そう、ギリシャ問題、決して無関係なんてことないんです。
実は皆さんのお財布にも直接繫がっていたりするんです。

分かりやすい例では、
たとえ投資をしていない人でも為替損益が廻り廻って勤務先の業績に影響を及ぼし
給与やボーナスが下がってしまうかもしれません。
また、ギリシャ関連の株や投信を持っていないからと安心していたら
直接ギリシャに関係のない株までもがギリシャ問題が原因で売られてしまうことも。

そのメカニズムなど詳しくはオンデマンド放送をお聴きくださいね。
お金の流れを血液に、世界を一人の人間の身体に例えて
分かりやすく説明していただきました♪

それから今回のギリシャ問題は
ユーロという統一通貨が直面した初めての事態です。
この危機をどう脱却するのかということは
日本を含めた東アジア共同体構想の抱える課題を解決する為の
大きなヒントです。
ここはやはりしっかりと経過を見続けていかないと!

そして、最後に野尻さんがおっしゃっていました
私たちが今注意すべき点!!
今の株価や水準だけをみて、安いからと飛付かない…ということ。
疾患があるゆえに安くなっているという可能性が大いにしてあるのです。

ギクッ…!
私がウォッチしている銘柄、ハビックス(3895)
今下がってるのよね…今なら買えるかも…なんて思っていた私。

そうだ、価格変動リスクは
個別リスクと市場リスクの両方を見ていなくてはならなかったんだ。
先週習ったばかりだったのに。

しっかり復習しなくちゃね。


全19件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 次の5件 ]