CRBインデックス12年ぶり安値  [大橋ひろこコラム]
2015/08/05(水) 19:22 大橋ひろこ

国際商品の総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティーCRB指数が3日月曜日、前週末比3.27ポイント低い199.30と、2003年5月2日以来、約12年ぶりの安値を示現しました。CRB指数はニューヨークやロンドン、シカゴ先物市場に上場する原油、金、銅、アルミニウム、小麦、トウモロコシ、コーヒーなど19品目で構成するものですが、これまでのサポートであった2009年のリーマンショック後の安値である200.34ポイントを下回ってしまいました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はインベステック調査情報グループの森成俊さんに
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。

中国や新興国の需要減退に加えて
アメリカの利上げが近づいているということで
ドル高基調が続いており、需給要因と金融要因の両輪が
弱材料という環境が続いており商品市況の低迷に繋がっています。

特に金価格は、6~7月のギリシャリスクや中国株下落リスク時にも
資金の逃避先としての上昇がみられなかったことが
更なる弱気に繋がっているようです。

ドル建て現物価格ベースで7月月27日には1,077ドルまで下落し、
2010年10月以来の安値に沈みました。
1,077ドル割れとなると、1,050ドルが下値目標となり、
1,050ドル割れとなると、2010年2月の安値1,045ドル、
1,000ドルの節目を目指す展開に・・・。

また、ファンドの手口が話題で
二ューヨーク金市場での大口投機家の買い越しは
5月19日に12万2,621枚まで急増していたのですが、
6月以降は減少の一途を辿っており7月28日現在では2万4,465枚まで減少。
オプションやその他投機家ポジションを合算すると売り越しに転じており、
ファンド勢は金価格の先安観を見込んでショートを積み上げているようです。


7月28,29日開催のFOMCでは9月の利上げ観測が強まっていますが
今週は7月の米雇用統計の発表が注目です。
強気の数字が出ると、9月利上げ観測がさらに強まり、
ドル高から金が売られやすい環境になるとみられます。


事前予想は失業率が前月と変わらずの5.3%。
非農業部門の就業者数は前月比22万5,000人の増加に微増予想。


また、金よりも希少性が高く価格も高いはずのプラチナが安く、
金とプラチナの価格が逆転現象が続いています。
プラチナはユーロ圏、中国の景気低迷による需要減少、
生産国の南ア、ロシアの通貨安による供給増加は継続しており、
需給が緩いのが下落の大きな原因となっています。

プラチナのここからの見通しは?
詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

**************************************

ここで『コモディティ・フェスティバル2015 in 東京』のお知らせです。

9月26日土曜日、東京・御茶ノ水ソラシティホール
10月3日土曜日、大阪・大阪ハートンホール

今年は東京・大阪で開催です。

世界を動かすコモディティ。

「原油バブル崩壊!? シェール革命の舞台裏と新時代のエネルギー政策」

「富裕層への道をひらく先物金投資~勝つためのルールを知る~」

「買い場到来!?ヘッジファンドマネージャーの金・原油市場の見方」

コモディティを知り尽くした専門家の講演、
ファンドマネージャーによる今後の原油、金投資講演、
豪華グッズが当たるコモディティ抽選会もあります。

マーケットトレンドでおなじみ、池水雄一さん、小次郎講師の講演もあります!

ご友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

http://blog.radionikkei.jp/trend/cfes2015_46860.gif

コメント