原油市況の現状と市場の変化 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2015.05/20 大橋ひろこ 記事URL

昨年夏で100ドルを超えていた原油相場は冬にかけて下落を続け、安値では期近物でアメリカのWTI原油で3月18日に42.03ドル、北海産のICE ブレント原油で1月13日の45.19ドルまで下落しました。その後マーケットは急速なV字回復に転じ、今月6日にWTI原油が高値62.58ドル、ブレント原油で69.63ドルにまで上昇。安値からの上昇率で言えばいずれも50%前後に達しています。しかし、昨日の5月19日の終値ではWTI原油で57.26ドルと、ブレント原油では64.02ドルと高値からは多少下押しています。これは修正安なのか、それとも戻りいっぱいで再び価格は下降していくのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです、
今日はリム情報開発 原油・コンデンセートチーム 記者の橋本洋さんにお話を伺いました。

橋本さんは今後の価格動向を占う上では
価格が上昇してきたことによる生産者の今後の対応が注目だとして
6月5日のOPEC総会、そして米国の原油生産動向について解説くださいました。

前回のOPEC総会は11月28日。ちょうど原油価格の急落の真っただ中と
いう状況もあいまって特に注目されましたが、減産などの生産調整は
見送られ、原油価格の下落に拍車をかけました。
次回の6月5日の総会は、加盟国の高官などのコメントなどから推測するに、
現在のところでは現行の日量3,000万バレルという生産枠は
変更されないとの見方が大勢なのだそうです。

このところのOPECの動きを振り返ると、
一週間前に国際エネルギー機関が発表した月報では
OPECは4月の生産量を日量で16万バレル増やしており、
加盟12か国の合計で日量約3,100万バレルに達したことが
明らかになりました。これは3年前、2012年9月以来の高水準です。
その当時はWTI原油は90ドル台でした。

特に、OPEC加盟の主要国であるサウジアラビア、イラクが増産しています。
サウジアラビアに至っては、生産量は日量1030万バレルで、過去最高に近い水準。
また、国際エネルギー機関は、このようなOPECによる生産の増加の流れを
汲んだうえで、5月の生産量も多くは減っていないと予想しています。

RIM情報開発のリサーチではイラクの6月の輸出量が増えるという計画が、
明らかになったそうです。
イラクはサウジアラビアに次ぐ生産量を誇る主要メンバー。
(昨年で日量330万バレルを生産)
そのうち最も大きな油田であるバスラ油田での輸出予定量が
5月の日量250万バレルから、6月は320万バレルに増えることになります。
これは30%近くも増加するわけですから大増産ですね。

しかしこの数字、実際にバスラ原油を取引している関係者は
「輸出可能な能力を上回る計画で、増やしすぎじゃないか」と
言って驚いているのだとか。

原油価格が上昇している状況で、OPECによる供給は今後も
増える可能性がある、というころで、価格上昇が続くのか、、、疑問ですが
現在の原油価格はこの予想をすでに織り込んだ価格なのだそうです。

また、OPEC以外での産油国として、注目されているのはアメリカ。
そのアメリカでで、ここ半年ほど注目されているのが、稼動リグの数です。
リグというのは、石油や天然ガスを掘削して生産する装置です。
この稼働数が増えれば生産は当然増えますし、稼働数が減ればその逆となります。
つまりこのリグの稼動は生産量に直結します。
現在は、生産動向を占う上での基準のひとつとして重要視されています。

このリグの稼動数の具体的な数値は、
油田サービスの請負会社であるベイカー・フューズという企業が
毎週発表していますが、このリグの稼動数は過去半年で急激に減少しており、
昨年後半に1600本稼働していたリグが、現在、5月15日時点で660本にまで半減。

過去半年の動きを見ると、このリグの稼動数と原油価格とが
ちょうど逆相関の関係となってます。

では、今後のリグ稼働数はどうなっていくでしょうか。
原油価格の上昇を見て、すでに一部の油田では
停止していたリグが稼働を再開していると橋本さん。
原油市況の上昇に伴い、さらに今後稼動を再開するリグが増えるとの
声は少なくない環境で、実際にどう推移していくかが
毎週毎週、市場関係者が目先の注目材料となっているようです。

詳しくはオンデマンド放送で橋本さんの解説をお聞きくださいね。

ここで、番組からプレゼントのお知らせです。

5月7日より取引が開始された、「東京ゴールドスポット100」の上場を記念して、
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、
ゴールドインゴットをはじめとする「ゴールド」なグッズをプレゼントいたします。

締め切りは5月22日金曜日です。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください!

上海ゴム相場仕手戦の様相に [大橋ひろこコラム]
2015.05/13 大橋ひろこ 記事URL

WTI原油価格は3月18日に42ドル台にまで下落していたのですが、現在は60ドル台で推移。62ドル台まで高値がありましたので2か月弱で20ドルもの上昇です。また、ゴム価格も急騰しています。TOCOMのゴム先物価格は4月9日の194円の安値から5月11日には226円まで急伸。このコモディティの反騰の裏にはなにがあるのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。

原油やゴムだけではありません。鉄鉱石や石炭、アルミなどコモディティ全般が
反発局面入りとなっている背景には「ドル安」があると小針さん。
11日発表された中国の4月の自動車販売台数は前年同月に比べ
0.5%少ない199万4500台で、実質2年7カ月ぶりのマイナスとなるなど、
このところの中国の景気指標はさえないものばかりですが、
コモディティが上昇しているというのは、需給要因よりも
金融要因によるものが大きいと思われます。

また、原油やゴムには独自の要因も。

4月24日までの週のオクラホマ州クッシング(WTI原油先物の受け渡し地点)の
原油在庫が2014年11月28日以来5カ月ぶりに減少したことや、
同じく4月24日発表されたEIAの在庫も今年に入って初めて
前週比マイナスとなるなど、積みあがる一方だった在庫に変化がみられたこと。

加えて 米国の石油掘削装置(リグ)の稼働数も減少が続き、
原油価格のサポート要因となっています。

ゴールドマンサックスが今年1月に
「原油相場は今年7-12月(下期)に60-80ドルの範囲に落ち着くだろう」と
予想していましたが、まさにこのレンジ内に突入してきた原油。

ここからは?!
オンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

また、TOCOMのゴム先物相場の上昇は上海ゴム相場の急騰がきっかけです。
小針さんによると、上海市場は仕手戦の様相を呈しており、
かなり巨額の資金が流入しているようです。

上海といえば、上海株もバブルの様相を呈し始めており、
何か大きな資金が動いているといった噂も?!

その資金動向についても番組で小針さんにお話伺っています。
是非オンデマンド放送でお聞きください。

*********************

ここで、番組からプレゼントのお知らせ!

5月7日より取引が開始された、「東京ゴールドスポット100」の上場を記念して、
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、
ゴールドインゴットをはじめとする「ゴールド」なグッズをプレゼントいたします。

締め切りは5月22日金曜日です。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください!

日経平均終値で2万円達成~コモディティ市場は... [大橋ひろこコラム]
2015.04/22 大橋ひろこ 記事URL
日経平均が終値でしっかりと2万円の大台を固めて引けました。上海株は今日も3%近い上昇で08年以来の高値を付けています。2015年4月、ゴールデンウィークを控えて株が堅調推移となる中、コモディティ市場は静かな値動きが続いています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコモディティインテリジェンス代表取締役社長 近藤雅世さんに
原油と金の動向についてお話を伺いました。

バンクオブアメリカメリルリンチが4月15日に発行した
ファンドマネジャー調査では、世界的に株価に割高感が出ており、
ファンドマネジャーは新しい投資先を物色しているようだ、ということで
近藤さんは、そろそろ商品にも資金が回ってくるのではないか、
とお話くださいましたが、確かに米株は高値追いの展開とは
なっておらず、高値圏で神経質に揉みあっていますね。

先週金曜に近藤さんに、ご出演いただいた際には
WTI原油相場は6連騰中で、そろそろ上げ一服でした押し局面入りと
なるというご指摘を頂戴しましたが、ご指摘の通りに
原油相場の上昇の勢いも止まってしまいました。

57ドル台まで上昇していた原油価格は、今日22日は55ドル台半ばまで反落。
その背景には、今夜、毎水曜夜に発表されるEIA週間在庫統計ですが、
昨晩ロイターが予想したところによると在庫が増加するだろう、
というもので、このロイター予想を嫌気した側面もあると近藤さん。

先週は、米国の石油週報で
原油在庫が前週比+360万バレル増加予想、
ガソリン在庫が▲75万バレル減少予想だったのですが、
蓋を開けてみたら原油在庫は129万バレル増と予想の3分の1で、
ガソリン在庫は▲207万バレルと予想の倍以上の減少だったことで
原油が急騰。米国の原油生産量は前週から▲2万バレルと
わずかではありますが、2月初め以来の減少となったことも好感されました。

米国の石油精製設備はすでに定期的なメインテナンスを終わっており、
これからドライブシーズンに向けてガソリン需要が伸びることから
石油精製設備の稼働率はすでに92.3%に上昇しており、
今後原油投入量は増えるものと思われます。

一方で、原油生産のための稼働リグ数は、
1年前に比べて米国は▲843本、約46%減少しており、
カナダはすでに半減しています。
こうした稼働リグの減少は米国の生産量の減少となって現れ、

今夜発表される4月17日までの週報で
どのような数字が現れるかが注目されます。

ただ、世界的にはサウジアラビアの生産量が1000万バレルを
超えて増産しており、これは弱気の要因ですね。

ファンドの建て玉から見ると、4月14日までの週のNY原油の
ファンドのネット買い残は3週連続で増加しています。

また売り残はピークの3月24日の28万枚から21万枚まで減っていますが、
それでも2月依然に比べると10万枚程多く、まだ買い戻しが出る可能性も。

強気と弱気の両面があるのですが、近藤さんは中期的には強気、
しかし、短期的には調整、揉みあい局面となる可能性が高いと
解説くださいました。

また近藤さんには、ギリシャ支援を巡る問題から
金の今後についても展望いただいています。

詳しくはオンデマンド放送で、近藤さんの解説をお聞きくださいね。
日本のガソリン輸入が増える時とは?! [大橋ひろこコラム]
2015.04/15 大橋ひろこ 記事URL
ようやく原油安による元売り各社の卸価格の引き下げが店頭価格に反映されはじめ、ガソリン価格も下がってきました。気がつけばゴールデンウィークも迫ってきており、これから行楽シーズンを迎えガソリンの需要期に入りますね。日本は原油やLNGを海外から輸入して国内の製油所にてガソリンなどの石油製品に精製して販売しているのですが、その製品であるガソリンも輸入することがあることはご存じでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はリム情報開発・アジア石油製品チーム編集部長 二川良也さんに
「日本のガソリン輸入について」お話を伺いました。

実は日本は韓国を中心にガソリンを一定数量輸入しています。
その規模は国内販売量の3~4%程度。

製油所の定期修理・トラブルなどで石油会社が供給に
支障をきたしている時などは製品そのものを輸入するのです。
製油所の修理トラブル時だけではありません。

需要期など需要増が見込まれる時にも輸入は増加します。
また、国内の需要が増え、国内価格が上昇し、輸入価格の方が
安くなれば、その時も輸入が増加します。

何故、輸入したほうが安いということが起きるのでしょうか。
石油価格は、需給だけが価格を決めているわけではありません。
アジアの石油製品取引の中心であるシンガポール市場には
様々なプレーヤーが参加していますが、実需筋だけではなく、
多くのトレーダーが取引に参加しています。


金融商品として割安とみれば、買うトレーダーが出てきますし、
高いと見れば売るトレーダーも出てくるわけですが、
輸入採算と国内価格のバランスは、アジアの石油取引の中心である
シンガポール市況に影響されることが多いのだそうです。

国内価格より輸入価格が安くなれば海外から調達したほうがいいですよね。

では、日本は一体どこからガソリンを輸入しているのでしょうか。
実は日本の品質基準はとても厳しく、その基準をクリアできるのは
韓国品くらいなのだそうです。日本のガソリン輸入はほぼ100%
韓国からの輸入です。品質基準が厳しいのは環境に配慮したもので
中国のガソリンは品質が良くないことでPM2.5 などの問題が起こって
いるんですね。中国がエネルギーを使う量は膨大なので、
厳しい品質の製品精製には時間がかかるものと思われます。

また、九州など西日本にとっては地理的にも東日本から転送するより、
韓国から輸入したほうが早く手当てできるというメリットもあります。

これから日本もゴールデンウィークに入ります。
価格が安くなってきたことでガソリン需要の喚起がなされれば
韓国からの輸入も増えるということになるでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で二川さんの解説をお聞きくださいね。

続いて『TOKYO GOLD FESTIVAL 2015』のお知らせです!

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015 ~ゴールドについて学び、ゴールドを体感する一日~」が、5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、当番組でもおなじみ"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

ピークゴールド説~金の買い場は何月?! [大橋ひろこコラム]
2015.04/08 大橋ひろこ 記事URL

「ピークゴールド」説をご存知でしょうか。ピークオイル説なら聞いたことがある、という方は多いでしょう。オイルショックの時代から繰り返し蒸し返されては原油価格が上昇する材料となってきましたが、米国のシェール革命によって原油が枯渇するという話は聞かれなくなりました。ではピークゴールド説とは?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにゴールドについてお話を伺いました。

金はプラチナやパラジウムと違って、比較的世界中から採掘できるのですが、
近年は新しい金鉱脈が発見されることはありません。
実は、新たな金鉱脈発見のピークは20年も前の1995年。
その後は右肩下がりです。

一方で、金の生産は右肩上がり。
2000年以降は金価格の上昇に伴って、金鉱山会社は設備投資をして、
金の生産を増やしてきました。

金価格は2011年までの10年で5倍にもなったのです。
このため、鉱山からの供給量は昨年3114トンと過去最高に達し、
約1270億ドル(約15兆1800億円)相当となりました。

そして今年、2015年の金生産は過去最高になるとみられています。

背景にあるのは、金価格の下落です。

金価格下落によりロシアや南アフリカ共和国、北米の大手鉱山会社は
赤字に陥り、鉱山投資を3年間で半減せざるを得ない状況です。

今年の金生産は過去最高に達する可能性が高いものの、
生産の伸びは少なくとも6年ぶりの低水準となる見通しで
来年は1%減少するとの予想も。

一方、主要輸入国である中国とインドでは需要が伸び続けています。

鉱山からの供給が縮小すれば現物市場の需給が引き締まるするとみられ、
また、米国が実際に利上げに踏み切れば、インフレ期待から
金は上昇に転じる可能性が大きいと小針さんは解説くださいました。

しかし、足元では、米国の利上げの時期を巡って金市場も神経質な展開。
3月の雇用統計の数字を受けて、利上げ時期が遅れるとの見方から
金価格は反騰局面入りとなっていましたが、
実際に利上げが実施されるまでは、利上げの時期を巡って
頭が重い状況は続きそうです。

利上げが実施されたことでの「あく抜け」で金もようやく大底確認と
なるのでしょうか。現在のところ、大底を付けたという実感はまだ
ありませんね。

ピークゴールド説からみれば、現在の水準は安値圏にあるかと
思われますが、トレード戦略として、金の買い場はいつごろと
なるのか、小針さんに伺うと、「Bay in June」だそう!

図は「NY金の過去20年間の月別平均」

金の年間最高値をつけるのが「1月」
年間最安値をつけるのが「6月」となっています。

ドル建て金価格には「年初高の夏安のパターン」が存在し、
夏に底入れすると9月までは再び上昇する確率が高くなることが
わかります。総括的に、年初安の年後半高となるのは
インドの金購買やクリスマス需要などで
年の後半に金地金の需要が高まることが背景にあると考えられると
小針さん。

となると、今年も6月の安値がねらい目でしょうか?
もし、米国が粛々と金融政策を正常化に向けて動くとするならば
早ければ6月の利上げ実施の可能性もゼロではありませんね。

詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015 ~ゴールドについて学び、ゴールドを体感する一日~」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について
理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している
日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、当番組でもおなじみ"ゴールドのスペシャリスト"
亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

3月金ETF市場からの資金流出再び、、、 [大橋ひろこコラム]
2015.04/01 大橋ひろこ 記事URL
3月18日のFOMC以降、それまでのドル高が修正されたことで、金が1200ドル割れから1220ドル台まで反騰する局面がありましたが、再び頭が重くなってきました。新年度入り、ゴールド価格はどのように推移するでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はインベステック調査情報グループの森成俊さんに
金価格の動向と今後の見通しを伺いました。

金は1月後半からドル高を背景に下降トレンドとなり、
3月6日には米雇用統計が強気となったことで、
米金利の早期引き上げ観測が一段と強まり、
ドル高加速で1,200ドルを割り込み、1,143ドルまで下落しました。



しかし18日に発表されたFOMCの声明文で利上げは急がないとされると、反発。
26日にはサウジアラビアと湾岸諸国がイエメンに空爆を開始との報道を受けると
資金の逃避先として買われ、1,200ドル台を回復したのですが、、、。

この金を巡る動きの裏にはドルの動向があります。
ドルインデックス指数は3月12日につけた100.78をピークに
調整局面入りしたのですが、3月25日の96.67を押し目底に
100に向け再上昇基調に入っています。

ここからのポイントですが、
2日から米労働市場に関する経済統計の発表が続くために
思わぬ乱高下となるリスクがあります。
3日はグッドフライデーで欧米各国の株式、商品先物市場は休場ですが
雇用統計の発表はあります!

大方の事前予想は失業率が前月と同じ5.5%。
非農業部門の就業者数は前月比24万8,000人の増加
(前月は同29万5,000人増)。
今夜発表の3月の米ADP雇用統計の事前予想は
前月比22万5,000人増。(前月21万2,000人増)
ドルがどちらに動くのかが注目ですね。

金ETFの金現物保有高は3月31日現在、1,069.84トンで
3月2日の1,111.60トンから約4%減少しています。
1月は増加傾向も2月は増加ペースが鈍化、3月は減少傾向です。
世界最大の金ETFであるSPDRゴールドの現物保有高は
3月31日現在、737.24トンとなり、
3月初め771.25トンから約4.5%も減少しました。
年金やファンドなどの金ETFの資金流出が目立っています。

大口投機家の買い越しは3月17、24日と2週続けて5万枚台。
3月3日現在、大口投機家の買い越しは11万5,820枚だったので
半月で半分以下まで急減したことになります。
3月30日以降、再度軟調となっていることから
5万枚以下まで減少している可能性ありと、森さん。
ヘッジファンド勢も先物市場で金の持ち高を減らしているということですね。

しかしながら、1200ドルを割れるとアジア勢の金買いが旺盛となります。
1200ドル割れの水準は買い直されるのは中国やインドの実需買いが
入っているために価格がサポートされているものと思われます。
しかし、中国やインドは金価格が上がってくるとピタリと買わなくなる
という特徴もあり、実需勢の金買いは持続性にかけるのが高値を追って
上がっていかない要因でもあります。

また、金とプラチナの価格の逆転現象が継続しており、
森さんはここに注目されています。
プラチナはユーロ圏、中国の景気低迷による需要減少で
1,200ドル割れとなり、1,140ドル台で低迷。
金に対して約45ドル下ザヤですが、歴史的にみると、
金とプラチナの逆ザヤ状態は長期化しないことから、今後は
プラチナの安値放置が修正されるということでしょうか?

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015 ~ゴールドについて学び、ゴールドを体感する一日~」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について
理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している
日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、当番組でもおなじみ"ゴールドのスペシャリスト"
亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

ドル高是正で原油反騰、この流れは継続するのか [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2015.03/25 大橋ひろこ 記事URL
注目が高かった3月の米FOMCを受けて、それまでのトレンドだったドル高の是正が入っていることから、ドル高に押されて下落が続いていた原油や金市場が戻り基調となっています。FOMCから1週間、売りこまれてきたユーロが買い戻される過程で上昇しているコモディティ市場ですが、これが大底確認となって確り上昇トレンドに入るのか、それとも再びドル買いの流れに回帰すれば、再下落となってしまうのか、見極めが難しいところに入ってきました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットアナリスト菊川弘之さんに
原油、金市場の見通しを伺いました。

期末から新年度入りというタイミングで、特殊玉も相場をかく乱する時期。
FOMCという大きなイベントを通過し1週間の調整が入ったことで、
ここからの方向が見極めにくくなってきています。

菊川さんは、そもそもの大局の流れに変化はないとしても、
行き過ぎた相場の「日柄調整」に入っている可能性を指摘。

「価格調整」ではなく時間をかけることでエネルギーを溜めこむ
調整のあり方となりそうですが、米ドルが方向感なくレンジ入りと
なれば、コモディティ全般も、買戻しの流れからレンジ相場へと
入ってしまう可能性が大きいということになります。

金融要因からは、時間調整が必要な局面に入ったとみられますが、
コモディティ特有の需給環境はどうでしょうか。

北半球最大の需要期である2月にも原油の在庫が減ることはありませんでした。
毎週発表されるEIA米エネルギー情報局の週間在庫統計は
発表されるたびに過去最大の在庫記録が更新されています。

シェール稼働リグ数は減少しているものの、効率の良い主要リグの
増産が続いていることで、需給はじゃぶじゃぶ。
昨今の原油の反発は、需給によるものではなく、ドル高是正という
金融要因によるモノにすぎません。

44ドル近辺を走っている超長期上昇トレンドのサポートを
まだかろうじて上回った水準にありますが、
ここを切れてくるとテクニカル的には30ドル台示現もあり得ると菊川さん。

今週は25日に再開予定のイランの核開発協議の行方に注目で、
6月の最終合意に向けた話合が行われますが、
妥結の方向となれば、イランへの原油輸出禁止措置が解除され
日量80~100万バレル程度の生産の増加と輸出期待が
原油市場の上値を抑えることとなります。

逆に協議が決裂した場合はイランの核開発が進むと懸念している
イスラエルが波乱の種となりそうだ、と菊川さん。
総選挙では強行はのネタニヤフ陣営が再選されたことで、
これまで材料視されてこなかった中東エリアの地政学リスクが
高まる可能性も出てくるかも?!

原油市場には投機玉の売りポジションが膨らんでおり、
こうしたリスクプレミアムによるショートカバーの懸念を
はらみながらではありますが、
需給からは上値重く推移する流れが続きそうです。

詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015 ~ゴールドについて学び、ゴールドを体感する一日~」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について
理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している
日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、当番組でもおなじみ"ゴールドのスペシャリスト"
亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

2016年4月電力の小売全面自由化に向けて [大橋ひろこコラム]
2015.03/18 大橋ひろこ 記事URL
2016年4月、電力の小売全面自由化が実施されます。この電力小売り自由化を睨み、新たに電力事業へ参入する企業が急増しています。経済産業省への特定規模電気事業者(新電力、PPS)の登録数は、3月11日時点で596社。2年前に9月でようやく100社に達して以降、急増しており、この1年間だけでも400社以上が新規登録しています(1年前の3月11日は160社でした)。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はリム情報開発 電力チームリーダー本間昇さんに
電力小売り自由化についてお話を伺いました。

電力自由化の先進国である欧米の流れをみると、
「発電の自由化」「小売の自由化」「送配電の自由化」という
3つが段階的におこなわれてきましたが、
日本でも1995年に発電事業への新規参入が認められ、
新たに独立系発電事業者(IPP)という区分ができました。

2000年には小売の部分自由化も実施され、
大規模工場や大型商業ビルなど2万ボルト以上を受電、
契約電力が2,000キロワット以上の特別高圧の需要家は
それまでの一般電気事業者以外から電力を購入することが
できるようになり、国内の需要量の約26%が自由化となりました。

その後2004年には契約電力500キロワット以上の高圧需要家に
自由化範囲が拡大し国内の需要量の約40%、
2005年には高圧需要家の全てが対象となる
契約電力50キロワット以上に拡大し、
国内の需要量の約63%が自由化となっています。

2016年4月には、規制対象となっていた一般家庭や、中小商店の
低圧需要家など全ての需要家が電力会社を選択できるようになります。


こうした自由化を前に、新たに電力事業へ参入する動きが加速していますが、
新規参入業者にとって課題となるのが供給力(電源)の確保です。
こうした供給力確保の一環として、卸電力取引所を活用した
取引の拡大が期待されているのです。

日本卸電力取引所(JEPX)は2005年から取引が開始されました。
取引開始当初は取引量は少なかったのですが、2011年3月の
東日本大震災を機に東日本地域で電力不足という事態となったことや、
これまでの電力システムに対する見直しも図られるようになり、
国が主導で卸電力取引所を積極的に活用できる仕組みの
構築を進められてきました。

こうした取り組みを受け、2013年4月には初めて
国内需要量の1%を超える数量が卸電力取引所で取引されました。
猛暑となった2013年8月には10億キロワット時の大台に達しており、
増減はあるものの、一定量が継続的に取引されています。
(日本の毎月の需要量は、春や秋などの不需要期で
750億キロワット時前後、夏や冬の需要期で
850~900億キロワット時程度だそうです)。

卸電力取引所を活用するケースが増えれば、
価格変動に対するヘッジニーズは強まってくることが想定されます。

こうしたことから、先日、経済産業省では電力先物市場の創設に向けた
協議会を開催しています。
上場されることが決まった場合、TOCOM東京商品取引所で
上場することになるようですが、電力取引は事業者向け。
個人投資家が取引するまでのスキームではありません。

北欧などは先物市場が現物市場よりも取引量が大きくなっている
という地域もあるのだそうです。日本の先物市場創設も
こうした海外の成功例をモデルに成功できるといいですね。

例えば数ヵ月間にわたり発電所を計画的に補修で停止する場合、
この期間に卸電力取引所からの調達を計画に入れるとするならば、
先物市場を利用すれば価格を固定化できますので、
リスクヘッジが可能となりますね。

協議会では、電力のピーク時間である13時~16時を対象にした商品や、
平日を対象にした商品など様々な商品の導入を検討しているようだと
本間さんは教えてくださいました。

我々消費者にとってはこの電力自由化により、より安価な電力料金の
事業者を選択することが可能となります。
事業者は、こうした消費者のニーズに応えるべく、
日本卸電力取引所(JEPX)を使って電力の安定供給に努めているのです。

詳しくはオンデマンド放送で本間さんの解説をお聞きくださいね。





ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのイベント
「TOKYO GOLD FESTIVAL2015 ~ゴールドについて学び、ゴールドを体感する一日~」が、
5月30日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について
理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している
日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、当番組でもおなじみ"ゴールドのスペシャリスト
"亀井幸一郎さん・池水雄一さんの講演のほか、
落語家・柳家花緑さんによる金にまつわる新作落語の披露など、内容盛りだくさん!
豪華グッズが当たる抽選会もあります。友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

原油価格がコーンやゴム価格の上値も抑える要因に [大橋ひろこコラム]
2015.03/11 大橋ひろこ 記事URL

NY金は先週金曜日3月6日の米国の2月の雇用統計を受けて急落。
今年1/2の安値1167.3ドルを下回って、現在は1150ドル台へと落ちてきています。

2月の米雇用統計が予想以上に強かったことで、早ければ6月にも米国は
利上げに踏み切るのではないかという思惑が広がり、全般ドル高となったことに
押されました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は商品アナリスト小針秀夫さんにお話を伺いました。

小針さんは、この金の下落について昨年11月の安値1130.4ドルを
意識する展開に入ってきていると指摘。
この1130.4ドルを下回った場合、2011年からのダウントレンドが継続
していることを意味するシグナルとなるため、更に大きく下落する可能性があり、
以前から一部で予想されていたような1000ドル割れもありうると
お話くださいました。

ドル高ということで、ドル円相場では円安基調にはあるのですが、
TOCOMの円建ての先物価格もドル建て金の下落に押される格好と
なっています。

また、原油価格は下げ止まってはいるものの上値の重い展開が続いています。
北米のシェールオイルの大増産で需給ギャップが拡大していることで
半値以下にまで下落した原油価格ですが、
この原油が半値にまで落ちた水準で膠着していることが
インフレマインドの後退に繋がり、金価格にもマイナスだと小針さん。

金だけではありません。
エタノール需要も大きくなってきたトウモロコシ市況にも影響が
大きいと小針さんは指摘されます。

昨日はUSDAアメリカ農務省から穀物の需給報告が発表され、
トウモロコシの期末在庫が5000Bu下方修正されたことが好感され、
トウモロコシ価格が上昇する局面も見られたのですが、
原油価格が比較的大きな下落に見舞われたことで
一転売り直され、下落しています。

また、合成ゴムには石油が使われることで合成ゴム市場にも
影響が大きい原油価格。合成ゴムが下落すれば天然ゴム価格も連れ安と
なるため、TOCOMのゴム市況においても原油価格は重要です。

ゴム相場は、ゴム生産者を支援するために
タイ政府が1日当り3000トンのペースでの天然ゴム買い付けを
実施していることで昨年10月を底に上昇してきています。

さらに、17日にも60億バーツの追加的な資金拠出を閣議決定し。
価格支援のためのゴム買い介入が継続されることと
なったことを材料に上昇しているのですが、
価格が持ち直したことで、生産者が再びゴム生産を増やしており、
需給が緩んで来ればゴム価格はあまり上がらないとも小針さん。

チャートを見ると綺麗なトレンドラインが形成されており、
この下値サポートラインが支えられるかどうかが焦点。

ゴム価格もまた、原油が再下落となり、これまでの安値を割り込むと
連れ安となるリスクがあることに留意しておかねばなりません。

詳しくはオンデマンド放送で、小針さんの解説をお聞きくださいね。

ドルインデックス11年ぶり高値で冴えない金市場 [大橋ひろこコラム]
2015.03/04 大橋ひろこ 記事URL
米金利の早期引き上げ観測でドル高が進行しているため、
金価格はさえない値動きが続いています。
年内の利上げ観測が強まっているにもかかわらず、米国株式市場で
ダウ平均は史上最高値を更新する強さを見せており、
過剰流動性マネーは金市場からドル資産へ資金移動しているようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はインベステック調査情報グループの森成俊さんに
貴金属市場の動向と今後についてお話を伺いました。

1月は下げ止まらぬ原油相場やギリシャのEU離脱懸念で
リスク回避マネーが金市場へ流入、金価格は大きく上昇したのですが、
2月半ばから後半にかけドル建て現物価格は1,200ドル割れを試す下落に。

1月に警戒されたリスク懸念が後退したことに加え
米国の景気回復が順調に進んでいるのに対し、
ユーロ域の景気回復力は弱く、欧米の景況感の違いから
ユーロ売り・ドル高傾向が続いていることも金の圧迫要因となっています。

ドルインデックスは11年ぶりの高値を更新していますが、
今週は明日5日に欧州中央銀行(ECB)の理事会が開催されます。
ここでドラギ総裁から一段の金融緩和を示唆する発言が出ようものなら
一段とドル高、ユーロ安が進み、金にとっては逆風になると森さん。

世界12カ国に上場する投資信託(ETF)の金現物保有高は今月3日現在、
1,103.84トンとなり、年初の1,049.37トンから約5%増加し、
1月は増加傾向を辿り1月末に1,100万トン台に乗せています。
2月上旬は増加ペースが鈍化したが、増加基調を維持しています。
世界最大の金ETFであるSPDRゴールドの現物保有高は
今月3日現在、763.49トンとなり、年初の710トンから8%近く増加しており、
金市場への中期投資資金の流入傾向が確認できるものの、
足元ではその増加幅は一服しているようです。

短期筋の動向はどうでしょう。
二ューヨーク金市場での大口投機家の買い越しは2月24日現在、
12万6,171枚となり4週間連続の減少で1月6日以来の低水準です。
株高、ドル安で投資人気が後退していることが確認できるとのこと。

先月2月は中国の春節での訪日爆買いが注目されましたが、
春節明けに中国勢の実需買いが活発化していることは金の下値を
支えているようですが、一方でインドの輸入関税引き下げは
見送られ、インドの買いが旺盛になるとの期待は剥落しています。

テクニカル的に目先は25日移動平均線が通る1,228ドル水準が抵抗線ですが
今週は、ECB理事会だけでなく、米国からは2月の雇用統計が
発表になることから、ドルの動向が金相場を大きく動かしそうです。

TOCOM東京金先限は1月23日に4,958円まで上昇し
2013年4月以来の高値をつけた後、ドル建て相場の下落から
2月24日に4,562円まで下落してしまいましたが、
目先は25日移動平均線が通る4,700円が抵抗線に。
取組高は昨年の大納会の73,137枚から25,000枚近く増加しています。

今後の金価格の行方は?

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

 全56ページ中27 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 [27] 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 次の10件