原油相場需給と地政学リスク [大橋ひろこコラム]
2018.02/28 大橋ひろこ 記事URL

米国に記録的な大寒波が襲来し暖房用需要が増え年明けからWTI原油価格は66ドル台へと上昇し014年12月4日以来の高値を付けました。2月に入ると長期金利上昇から米国の株式市場が急落し、WTI原油価格も2月2日から6日間連続で下落。2月9日から3日間は60ドルを割り込むなど巻き込まれる相場となりましたが、足下では64ドル台へと反発しています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト 藤沢治氏をお迎えして
原油価格の現状と今後の展望を伺いました。

EIA:米国エネルギー情報局は、米国の2018年の原油生産量が
2017年より日量126万バレル増え、日量1,000万バレル以上になると予測しています。


また、IEAは2月の市場報告書で、世界の2018年の石油需要は日量140万バレルとしていますが、
一方で米国の原油生産量は前年より日量152万バレル増加するとしており、
世界の需要増は米国の原油生産増で全て賄われてしまうという試算を出しています。

需要を上回る供給がある、ということですね。

季節要因的には、冬季暖房需要期から夏季ガソリン需要期への端境期に入り、
需給のタイト感はありません。

足下では需給要因での買い材料がない中、米国での減税、金利動向など
金融経済要因が原油価格を牽引するとみられます。ドル安加速なら原油高ですが
ドル高に転じれば原油価格は上値重く推移することが予想されます。

中期的には2018年もOPEC/非OPEC産油国の協調減産の行方も重要ファクター。
価格維持のためには協調減産を続けざるを得ないと思われるのですが、
もし協調減産が中止されれば価格下落は必至。6月の定例総会には注目が集まります。

価格を押し上げる材料として懸念されるのは地政学要因。

中東では、イスラエルとイランの対立が激化。シリアをめぐるロシアと米国の
駆け引きも予測しがたい中で今年は北朝鮮問題も重くのしかかり、世界は紛争だらけ。

またサウジアラビアの王室内の内紛も懸念材料となるなか、
サウジとイランの対立激化で小規模ながら軍事衝突でも起きれば、
ホルムズ海峡からの原油供給が一時的に途絶し、
原油価格が80-100ドルを窺う展開となるというシナリオも否定できません。

ここからのポイントを藤沢さんに伺いました。

詳しくはオンデマンド放送で、藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

ゴールド・プラチナ今後の価格展望 [大橋ひろこコラム]
2018.02/22 大橋ひろこ 記事URL

株式市場の下落と歩調合せて下落を強いられたゴールド。教科書的には株下落時には資金の逃避先としてゴールドが選ばれるため、株とゴールドは逆相関などと言われていますが、今回は株とゴールドは同じ方向に仲良く下落しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト 森成俊氏にお話しを伺いました。

ゴールド下落の背景はドル高です。
これまでゴルディロックスと呼ばれた適温相場では、
株高、ドル安、ゴールド高のトレンドを形成してきました。

足下ではこれが巻き返されている、という状況にあるためドル高です。
ドル高でゴールドが売られているのです。
そして、そのドル高の背景には、これ間の流れの逆流であると同時に
米国の年内利上げが思いのほかハイペースで行われるのではないか、という観測が
出てきており、米長期金利は2.95%まで上昇していることも
少ながらず影響しているとの見方もあるようです。


NYゴールド市場には1月後半まで短期資金が流入。
1月23日現在、大口投機家の買い越しは21万4,684枚まで増加していましたが
2月3日に強気の米雇用統計が発表されたのを境に短期買い資金が流出。
13日現在は17万5,606枚に減少しています。
短期資金が金利上昇を嫌気してゴールド市場から抜けていたことが確認できます。


そしてプラチナ価格。

英国のジョンソンマッセイ社は、今年プラチナの小幅な供給過剰を見込んでいます。
欧州のディーゼル車向け自動車触媒需要の減少と中国の宝飾需要減少が背景。
南アでは悪名高いズマ大統領が辞任。通貨ランドの上昇につながったのですが
ラマポーザ新大統領の手腕は未知数。これだけでプラチナ上昇につながる環境には
ありません。そもそもゴールドが弱い相場でプラチナだけが高いということは
考えにくく、プラチナ価格は頭が重い展開が続きそうです。


ゴールド、プラチナ価格の今後のポイントは
是非オンデマンド放送で森氏の解説をお聞きくださいね。

原油生産、低コスト化・技術革新のストーリーの裏に~シェール革命の実態 [大橋ひろこコラム]
2018.02/21 大橋ひろこ 記事URL

2月。金利上昇とVIX指数急騰に荒れた金融市場。上昇を続けてきた米株の調整と同時に、60ドル台まで上昇し高値でもみ合っていた原油価格も下落を強いられました。足下では米株の反発と歩調合せて原油も回復基調にあり、再び60ドル大台に乗せてきています。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はエネルギーアナリスト 大場紀章さんにお話しを伺いました。

原油価格が上昇してくると想起されるのが米国シェールオイルの増産。

2014年100ドル台で推移していた原油価格が大きく下落し、
2016年には20ドル台へと沈みました。シェール生産コストを下回る水準までの
原油価格の下落で、イーグルフォードやバッケンといったほとんどの地域で
原油生産量は急減したのですが、パーミヤンだけは生産量が増え続けました。
昨今では、技術革新によるコスト低減がさらに進んでいるという評価がコンセンサスですが、
大場氏はそのほとんどがパーミヤン生産に占められているとか。



2017年のパーミヤンの生産量の増分は、世界の石油消費の増分の約半分に匹敵。
世界の石油増産は、シェールの、というよりパーミヤンの増産だということ。



大場氏は、将来の米国シェール生産はパーミヤンシェール層が今後増産を
継続できるかどうかにかかっていると指摘。

そもそもパーミヤンだけが原油価格低迷にも増産を続けてこられて背景として
大場氏は、コストのかかるシェール層生産をやめ、パーミヤンに開発を
集中させたことによる産出コスト低減の成果であったとみられます。


技術革新による生産効率の上昇が低価格でのシェール生産増の
背景とみられますが、水平掘削の長さの延長、水圧破砕技術に必要となる
地下に圧入する砂の量は近年頭打ち傾向にあり、
技術革新によるコスト低減効果はむしろ限定的ではないか、というのです。



実際、マサチューセッツ工科大学は、シェール生産性向上の要因として、
高コストエリアからの撤退が約40%を占める可能性があると指摘しています。


シェール生産コストはこれ以上下げられず、それも生産の極所集中の結果
低減が可能となっただけだとするならば、やはり今後の原油価格水準は重要です。

今年6月に予定されるOPEC総会が、新たなトレンドを決める一つの焦点となってきます。
原油価格が下降トレンドを描けば、シェールオイル生産は
今の成長を早晩続けられなくなるだろうと大場氏は解説くださいました。

米国パーミヤンのシェール生産は、サウジにある世界最大のガワール油田と
比較されることがあるそうですが、ガワール油田は日量500万バレル生産、
パーミヤンはその半分近くの280万バレルを生産し、世界第2位の油田とみることもできます。


ただし、問題はその埋蔵量。パーミヤンはガワール油田のおよそ20分の1程度にとどまり、
単純計算ではガワール油田の可採年数が38.9年であるのに対して、パーミヤンは3.6年程度、、
という試算もあります。
あくまで現時点での試算ですがパーミヤンの生産ピークは2021年と予想も。

超長期的には、シェール革命は未来永劫続くものではなさそうです・・・。

その後の原油市場の姿とは?!

詳しくはオンデマンド放送で大場氏の解説をお聞きくださいね。

ピークゴールド説で金価格はあがるのか?! [大橋ひろこコラム]
2018.02/15 大橋ひろこ 記事URL

米国の1月CPI消費者物価指数が予想より良かったことで、米国の利上げペースが早まるとの思惑が、ゴールド売りを誘いましたが、下落は一瞬。その後V字反騰からの倍返しで、ゴールド価格は高値更新を狙う値動きへと回復しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダートバンク東京支店長 池水雄一氏をお迎えし
「金鉱山生産の現状~ピークゴールド論」をテーマにお話を伺いました。


足下では、金利動向に神経質となった株式市場の乱高下を受けて
ゴールド価格は金融要因の影響を大きく受けて動いていますが、
それでも、高値更新をうかがう値位置にとどまっており、大きく下落することはありません。

今回は、現状の基礎的需給、ファンダメンタルズ要因。

池水氏には過去にも「ピークゴールド説」について取り上げて解説いただいてきました。
世界の金鉱脈は1995年に発見されたのがピークで、減少を続けています。

鉱脈発見から、実際に金を生産できるように設備投資が整うまでおよそ20年かかります。
1995年の鉱脈発見ピークから20年後は2015年。
つまり世界の金生産のピークは2015年になるだろう、というものです。

実際には2016年の世界の鉱山生産は前年比14トン(0.4%)増加で
2015年がピークではありませんでした。ただしその伸び率は減速しています。
ぴたりと20年後、、、ということではなく数年のタイムラグがあると考えられますので
2017年の世界の金の需給を確認したいところですね。


そろそろ、2017年の年間需給が出てくると思われます。
池水氏は、おそらく金生産が減少に転じているのでは?!と指摘しつつも。
ただ、それがゴールド価格の上昇に直接的につながるわけではない、とも解説くださいました。

有史から現在まで採掘され、地上に存在しているゴールドの量は177,000トン
(50mのオリンピックプール3.5杯分)
その大部分がリサイクルできる形で保存されているため、
生産、採掘のピークが来たとしても地上在庫はなくなることはありません。

潜在的な心理的価格下支え要因ではありますが、価格押上げ材料とまでは
いかないでしょう、、、、ということですね。

また、金生産のAISC(All in sustaining cost、すべてを含んだ生産コスト)は818ドル。
現在の金価格は1350ドル前後ですので、
金鉱山会社の利益率は相当なものですね。

今後の金価格動向のポイント含めて池水氏に伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で池水氏の解説をお聞きくださいね。


下落に転じた原油市場、トップアウトしたのか?! [大橋ひろこコラム]
2018.02/14 大橋ひろこ 記事URL

長らく高止まりを続けてきた原油価格が下落してきました。金利の上昇、株式市場の下落と金融市場が荒れ模様の中、ポジション整理が進んでいるのでしょうか。原油先物市場での投機筋の買い越し幅は過去最高が積みあがり続けていましたが、、、、。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はよそうかい・グローバルインベスターズインク代表 松本英毅氏を
お迎えしてお話を伺いました。

原油市場の下落は、債券、株式市場の急変も影響しているかと思いますが、
原油市場独自要因はどのようになっているでしょうか。


◆原油在庫は積み増し

米国を襲った寒波も緩み暖房需要がピークを過ぎたようです。
製油所が定期点検入り稼働率の低下で、原油の消費が減少したことで
週間在庫統計では原油在庫が増加。




◆米国内の生産の増加

米国の原油生産が1970年以来で日量1,000万バレルを超えてきました。

日量1000万バレルの生産はロシアやサウジを上回る水準です。

原油価格が持ち直し上昇してきたことでシェールオイルの開発ペースが速まり
掘削稼動リグ数も大幅な増加を見せています。

生産増も米国内在庫の積み増し基調が今後一層強まるとの見方につながりまsね。




◆トランプ政権による大幅な規制緩和

トランプ大統領は北極圏や大西洋岸のほぼ全域で石油開発を認める方針。
これも将来的な生産増につながる材料で、原油価格の上値を重くします。

これらが、短・中期的な原油の売り圧力となって、ロングが積みあがっていた
原油市場の手仕舞い売りを誘った格好ですが、松本さんはそれほど大きく
崩れるとは見ていないようです。


ポイントは、米国内の石油開発は順調に進むか?!

60ドル程度の価格は依然としてコストに見合っていないと松本さん。

足元では60ドル台まで回復しましたが、長期の期先限月は50ドル前半に低迷する
極端な逆さやになっています。生産会社のヘッジ売りが進まない状況にあります。
現状ではコストの高い油田でまで、積極的に開発を進める余裕はないのです。

産油国が減産姿勢を維持するなら、中長期艇には一段と需給がタイト化する
ことが予想され、長期的には決して需給が緩む方向とも言えないのです。
年々伸びていく需要を賄えるだけの供給が確保できるのか?!

また、経済危機に直面しているベネズエラの生産は、引き続き減少傾向。
イラク北部やリビア、ナイジェリアの情勢も依然として不安定なままです。
積極的に生産が増える状況ではありません。

次に何らかの生産停止が起これば、供給に余裕がない分
市場が敏感に反応することも想定されます。

そうした事態に陥った際、これまで増産して穴埋めをしてくれていた
サウジアラビアには期待できないと松本さん。

そのわけは・・・。

詳しくはオンデマンド放送で松本さんの解説をお聞きくださいね。

ドル反転で上値重いコモディティ市況 [大橋ひろこコラム]
2018.02/08 大橋ひろこ 記事URL

2月5日パウエル氏新FRB議長の就任の日。

ダウ平均株価は大幅に下落し下げ幅は一時1500ドルを超える場面も。市場は戦犯探しに湧いていますが、FRB議長交代のアノマリー通りとなりましたね。

1987年10月のブラックマンデーでは、当時のグリーンスパン議長が就任2ヵ月目。1ヵ月目に3年ぶりに利上げをしたばかりでした。グリーンスパン氏は、すぐに流動性供給を強化する声明を発表し、不安心理を和らげ、株価も底打れとなったことで、「マエストロ(巨匠)伝説」と呼ばれるまでの手腕を発揮していくこととなるのですが、さて、手洗い洗礼を受けたパウエル氏新FRB議長のかじ取りは?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はコモディティー インテリジェンス 代表取締役社長の
近藤雅世氏にお話を伺いました。


パウエル氏は、「ミスター・オーディナリー(普通)」と呼ばれているようです。
1月末のイエレン議長最後のFOMCでは、インフレが2.0%になるのは確実と
強調され、3月21日のFOMCでの利上げはほぼ確定と見られていますが、
本当に利上げが実施されるか否かは、ここからの市場動向によるでしょう。


教科書的に、金価格は株下落時には上昇すると(リスクからの逃避)されていますが
今回は金価格も一緒に下落しています。リーマンショック時も同様でしたが、
利下げと量的緩和政策で金価格は一転上昇のサイクルにはいりました。
今回、金融政策の転換があれば金価格は上昇に転じる可能性が大きいと思われますが、、、。


足下では、ドル安の巻き返しが起こっており、これがコモディティマーケット全般
上値を抑えてしまっています。加えて、高止まりとなっていた原油市場では、
これまで10週間連続で米国の原油在庫が減少していたものが
足下2月2日までの週を含め2週連続で在庫増となっています。


ここからのポイントを近藤さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で近藤さんの解説をお聞きくださいね。

安値放置からの浮上、動き出した穀物市場 [大橋ひろこコラム]
2018.02/08 大橋ひろこ 記事URL

金利が急上昇してきたことで株式市場が波乱の様相を呈していますが、コモディティ市況は比較的落ち着いています。特に穀物市場の値動きは、マクロ金融の混乱の影響をほとんど受けていないようです。2018年年初から安定した上昇トレンドを強めています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表 茅野信行氏に
穀物市場の現状と今後の展望をお話いただきました。

5年連続の豊作となり、長期に安値放置された小麦、トウモロコシ、大豆の
穀物市況ですが、南米の干ばつの報などに動き出したかに見えます。

茅野さんは、現地の乾燥天候は年明けからの降雨によって緩和されていると指摘。
もし、天候リスクによって上昇開始したというのなら
失望からの穀物反落もあろうかと思われますが
売り飽きたマーケットは、ここより下値を探ろうという気がないようです。


茅野さんによると、現在シカゴの大豆とトウモロコシの比価は2.80。
通常、比価は2.5が中心値となり、これが3.0に接近すれば、
大豆の作付けが有利になり、2.0に近づけば逆に、
トウモロコシの作付けが有利になるという原則からみれば
この春からの新穀の需給予想は大豆作付が増えそうです。


ここからは、この春先からの新穀の生産動向に注目となってきますが
それよりも6年目の豊作の可能性は大きくなく、
天候リスクによる反応が大きいセンチメントとなっていることが
ポイントのようです。つまり、2018年は天候による相場が面白そうだということですね。

詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

ファンドの原油ロングは史上最高、その背景にある需給 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018.01/31 大橋ひろこ 記事URL

原油価格がまだジリジリと上昇。WTIは66㌦/㌭を挟んだ展開。北海ブレントは70㌦/㌭前後。

世界的株高が生んでいる過剰流動性が大量に原油先物市場へと流れ込んでいるとみられます。大口投機筋の買い越し建玉は連日史上最高数を更新し71万枚へ。昨年9月12日には37万枚程度でしたので4か月余りで約2倍に膨張しています。(1枚=2,000㌭)。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は石油・ガスジャーナル顧問 山内弘史氏にお話を伺いました。

WTI価格と大口投機筋の買い越し玉数はほぼパラレルに変動。投機筋の買いに引っ張られての原油高騰であることを裏付けられています。

ではなぜ投機筋はここまで買いを積み上げているのでしょうか。

①米、世界景気堅調

2017年10~12月期の米GDPは前期比年率換算2.6%増。
うち個人消費は3.8%もの増加となりました。
石油需要は今後も伸び、原油在庫も減少を続けるとした見通しが
投機筋の原油買いを呼び込んでいるものと思われます。

2017年の石油需要は2,012万㌭/日となり、過去最高の
2005年の2,080万㌭に迫る勢いです。


②アラスカよりフロリダ州を含む東海岸の方が20℃も気温が低い大寒波。

異常大寒波が襲った「直近4週(12月最終週~1月第3週)の
米国の石油需要量は2,051万㌭/日。前年比8.1%もの増加です。

中間留分(暖房油とディーゼル)需要は10.1%増,プロパンも同10.1%増。
天然ガス需要も過去最高の需要を記録した2014年1月第1週を上回る
154.7Bcfとなり,19日現在の在庫量は前年比81.6%の超低水準となっています。

寒波・大雪は通常ならばガソリン需要を減少させるのですが、
「直近4週」の同需要は5.4%増加しています。
中間留分需要10.1%増には景気好調を反映した物流の活性化による
ディーゼル需要増もかなりの部分を占めています。

石油需要の大幅増は原油処理量増加につながっており,
「直近4週」1,707万㌭/日,前年比3.0%増。
これが直近のガソリン在庫増につながっているとみられます。

では、ネガティブ要因はないのでしょうか。

原油価格が高ければ米国のシェール生産は増加します。
米国原油生産、1,000万㌭/日超は目前にせまっています。

ここからの見通しは?
詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

***********************

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html




原油相場高騰の行方 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.01/17 番組スタッフ 記事URL





今日の「マーケット・トレンド」は大橋ひろこさんに代わりまして叶内文子アナウンサーがお届けします。
コメンテーターはマーケットエッジ 代表取締役の小菅 努さんです。

直近の原油相場は寒波の影響もあって大きく上げてきています。

この原油高の構成要因は、

1)地政学リスクの高まり
2)アメリカの在庫減少
3)ドル安
4)協調減産体制の継続への信頼感
5)投機買い過熱

との事。特にドル安が大きい材料と小菅さん。

加えてこの先の原油相場の行方をお聞きしました。
2018年はコモディティ上昇の年に?!~ゴム市況の今後 [大橋ひろこコラム]
2018.01/11 大橋ひろこ 記事URL

米景気のさらなる回復、また欧州経済の回復が示すとおり、世界経済は最悪期を脱し「世界好景気」が指摘されています。景気拡大による消費の拡大がコストプッシュ型のインフレ化をもたらすでしょうか。景気の動向に強く左右される原油を中心としたエネルギー群や、銅、亜鉛、鉛、アルミ、ニッケルなどの産業素材銘柄が上昇基調に入ってきています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表 小針秀夫氏にお話を伺いました。

2001年から2008年までの期間、あるい
は2009年から2011年までの期間に示された
大型のコモディティ上昇相場が再現されるシナリオもあるのではないかと小針氏。

先導役となっているのは原油価格。
ゴールドマン・サックスが11月中旬に発表した2018年の予測では、
北海ブレント1バレル当たり58ドルでしたが、
12月5日に価格見通しを62ドルに引き上げました。
ところが、1月4日時点で北海ブレントは68ドル台まで高騰し、
既にゴールドマンの強気な予想を上回っています。

価格高騰の背景に投機マネーの流入も囁かれていますが、
OPECと非OPECの協調減産の効果と世界需要の伸びによって
需給が引き締まっていることに裏付けされているとの見方が
価格をサポートしており、このトレンドはしばらく継続しそうです。

原油との相関関係が強い天然ゴム相場は、原油高にもさえない値動きが続いています。
生産大手であるタイ、インドネシア、マレーシアの3カ国が今年1月から3月までの間、
最大35万トンの輸出を削減することで合意したらしいという情報が
リークされているのですが、まだ価格に織り込まれていません。

2016年3月から8月までの6カ月間にも、合計61万5000トンの輸出削減を実施。
今回の削減期間と削減量は昨年のほぼ半分であるものの
削減の期間に対する量の比率(削減ペース)は前年とほとんど同じです。
出遅れていたゴム市場にとっての買いのきっかけとなるでしょうか。

ゴム相場のアノマリーとして、ゴム価格は1~2月に高値を取りやすいというものがあります。
3~5月がウィタリング(落葉期)でゴム樹液採取が細る減産期にあたるため、
その前に減産を織り込んで価格が上昇しやすいのです。

ここからのゴム市況展望、詳しくうかがっています。
オンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

 全56ページ中11 ページ   前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [11] 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 次の10件