過去最大規模のショートを抱えた金市場 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/11 大橋ひろこ 記事URL

10月10日水曜日、ダウ平均は800ドルを超える大幅下落(3.15%安)となり、翌11日木曜日の日経平均は900ドル超えの暴落となりました。ダウは今年2月のVIXショック以来の下げ幅となり、最高値の26951ドルから5日で1358ドルもの大きな調整となっています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は金融貴金属アナリスト亀井幸一郎氏にお話を伺いました。


株とゴールドは教科書的には逆相関とされています。
株の暴落にも、金価格はほとんど動いていません。
COMEX金先物価格は2ドルほど上昇した程度。
株式市場が大きく下落する際には資金の逃避先として
ゴールド市場が受け皿となるとされていますが
なぜゴールドの上昇は限定的なのでしょうか。


亀井氏は、高止まりしているドルインデックスと
米金利について解説くださいました。
特にパウエルFRB議長の講演で、中立金利水準を超えて利上げを進める
可能性あると発言して以降、米金利上昇が加速しています。


ゴールド先物市場はドルインデックスの変動に相関性が高く、
ロボットトレードでプログラムされているようです。
ドルインデックスは10日、11日とあまり大きく動かず
高止まりだったことが、金価格が小動きだった背景にあると思われます。


ただし、金先物市場は過去最高のネットショート。
10月2日時点でロング598トン、ショート666トン、ネットショート68トン。
なんと8週連続での売り越しです。
2001年に7週連続の売り越しがありましたが、それを超えてきました。
1999年以来の記録更新だそうです。


一方、ゴールドのETF市場も4月末の871トンから10月には730トンまで
残高が減少しており140トンもの資金流出となっていました。


ところが、10月10日、まさに米株が暴落した夜のわずか1日で
SPDRスパイダーゴールドシェアのゴールドETF市場の残高が
8.82トンも増加していました。

先物市場がドルインデックスの高止まりで反応が薄かったのですが
ETF市場ではゴールドへの大きな資金流入が見られたのです。


また、米中貿易摩擦の影響が中国の金買いを鈍らせるとの
思惑がありますが、4-6月期の中国需要は落ちていませんでした。
インドも通貨ルピーが安くなる中、買いが鈍っていないとか。


ポイントは過去最高に積みあがったゴールドショートポジション。
きっかけがあれば巻き返しが金価格は押し上げられます。

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

TSRゴム先物、10月9日TOCOMに上場 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/04 大橋ひろこ 記事URL


10月9日火曜日、TOCOM東京商品取引所にTSR「Technically Specified Rubber(技術的規格格付けゴム)が上場されます。TOCOMには66年の歴史を持つRSSゴム先物市場がありますので、TOCOMではゴム2銘柄が取引できるようになります。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズタイムズ代表 小針秀夫氏にTSRゴム先物取引についてお話を伺いました。

TSRゴムはその形状から「プロック状ゴム」と呼ばれます。
RSSゴムは「シート状ゴム」ですから、そもそも形状が異なるのですが
2017年ベースの輸入量は、TSRが全体の78%を占め、RSSは19%。
TSRはRSSに比べ4倍もの水準に達しています。
TSR追加上場は、流通実態に合わせたニーズの高まりによるものなのですね。

これまでTOCOMに上場するすべてのコモディティの受け渡しは日本国内で行われてきましたが、
TSRゴムは日本市場はじめての国際取引ルールでFOBバンコク受け渡しとなります。
渡し方はタイのバンコク港かレムチャバン港で品渡しする決まりとなっています。
TSR上場は、国内の実需筋、投資家だけでなく、
中国など海外投資家層が参加しやすい市場となるとみられます。

天然ゴム先物はシンガポールや上海にも上場されています。
シンガポール取引所では主にインドネシア産が取引されていますが、
TOCOMのTSR先物は指定生産国をタイにすることで差別化を図ります。
日本、シンガポール、上海と市場間の裁定取引なども活発化するとみられ、
注目度は高いようです。取引するためにはどうしたらいいのでしょうか。
小針氏に伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

天候相場から需給相場へ~穀物市場は底入れしたのか [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.10/03 大橋ひろこ 記事URL

米穀物市場は天候相場から需給相場に移行する時期です。

9月半ばにはいると、米国産トウモロコシは収穫期に入ります。今年は6年連続の豊作が目される米国産の大豆、コーンなどの穀物市場。


米農務省から発表される9月の需給報告発表のころから、市場は天候相場から需給相場に移行するとされていますが、天候相場は穀物の生産高、供給量が重要視される相場であるのに対し需給相場は消費・在庫など需要量が重要視される相場となります。ここから相場の流れがガラリと変わることも少なくありません。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表 茅野信行氏に穀物市場の動向と今後の見通しを伺いました。

農務省から発表される需給報告は毎月10~12日頃。
今年は9月12日に発表されました。

2018~2019年度の米国産トウモロコシの単収予想は
前月発表値の178.4ブッシェルから181.3ブッシェルに引き上げられ、
過去最高の単収となった2017~2018年度の176.6ブッシェルを上回りました。
生産高予想も前月145億8648万ブッシェルから148億8266万ブッシェルへ引き上げられ、
2017~2018年度の146億6040万ブッシェルを上回っています。

単収予想がが引き上げられたことで、シカゴコーン相場は急落。
9月12日の366セントから、18日には342セントまで大きく値を下げました。
しかし、19日から相場は反騰、10月2日現在369セントまで上昇、
発表前の水準を取り戻しています。反発の背景には何があるのでしょうか。

過去最高の豊作となる見込みであることから、発表直後に売り込まれた
トウモロコシ相場ですが、今年もアノマリー通り、9月の需給報告をもって
材料出尽くしとなり、上昇相場にはいるのでしょうか。

茅野さんに伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。

原油価格上昇、WTI100ドル予想も?! [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.09/27 大橋ひろこ 記事URL

9月27日NYMEX WTI原油価格は72ドル台にまで上昇してきました。JPモルガンは2018年末に75.83㌦,2019年は76.80㌦まで原油価格が上昇すると予測しています。カレンダー的にはガソリン需要期と暖房油需要期の端境期とされる今、なぜ原油価格が急上昇しているのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は石油ガスジャーナル顧問 山内 弘史氏をお迎えし原油価格上昇の背景と今後について見通しを伺いました。


足下の急上昇の背景は23日にアルジェリアで開かれた
OPECとOPEC非加盟産油国会議で原油増産が見送られたことにあります。
トランプ大統領は原油増産を要望しており、市場も一定の配慮がある可能性を
期待していたのですが、OPEC諸国もロシアなどもこれを拒否。


OPECは6月末の総会で100万㌭/日の増産を決定していますが、
7月の生産量は3,221万㌭/日で8月も7月比で42万㌭増の
3,263万㌭にとどまっています。


リビア,ナイジェリア,コンゴの生産枠外国を除くOPEC12カ国の
合意生産量は2,975万㌭/日,予定減産量(増産)は118万㌭/日でしたが、
実際には136万㌭/日の減産となっています。


つまり、OPECと非OPECは増産したくない、ということ。
その必要はないとの判断を下した背景には、増産によって価格を
下げさせたくないという事情もあるでしょう。
産油国にとっては油価が高い方がいいに決まっています。
会合前は「米国の制裁でイラン産原油の供給が減少する分をカバーする」
としていたのですが、産油国らは70㌦前後の原油価格維持を選択したのです。


米国はイランへの再制裁を実施、同盟国に対しイランとの原油取引の停止を
求めています。これによって既にイランからの輸出量は減少に転じており
8月の生産量は363万㌭/日と7月比15万㌭の減産となっています。

また、経済危機に瀕するベネズエラはピーク時には240万㌭/日原油生産量がありましたが、
2018年8月124万㌭/日まで落ち込んでいいます。


トランプ大統領は中間選挙に向けてガソリン価格を下げさせたいとの思惑があるのですが、、、

切り札とされる戦略備蓄(SPR)の放出で価格は抑制できるでしょうか。

トランプ大統領は10~11月で1,100万㌭のSPRを放出するとしていますが
日量18万㌭程度にすぎず、これでは供給減を到底カバーできないと山内氏。

ここからの原油価格は下がりようがありません。

詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

<TOCOM主催セミナーのお知らせ>

10月6日土曜日13:30~のセミナー、是非ご参加ください♪

東京商品取引所・TOCOMでは、TSR(技術的格付けゴム)上場を記念したセミナー
「勝つトレーダーになるために必要なこと<実践編>」を開催します。
場所は東京日本橋・TOCOMスクエアです。
詳しくはこちらから→https://cfes.jp/tsr/

皆様のご来場をお待ちしております。

トルコ通貨危機とゴールド [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.09/19 大橋ひろこ 記事URL

8月、トルコリラはたった一週間で1ドル5リラから瞬間的には7リラを越えて、その価値は30%も下落、年初からはほぼ半分となってしまいました。過去5年で見るとリラの価値はなんと70%も下がったことになります。下落したのはトルコの通貨リラだけではありませんでした。新興国通貨全般が売り込まれ、ドル独歩高。コモディティ市場は軒並み安を強いられたのです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏をお迎えし「トルコ通貨危機とゴールド」についてお話を伺いました。

GOLD ETFからは資金流出が続き、先物市場ではとうとう売りが買いを
上回る売り越し状態に陥るまで売り込まれたゴールド。

なんとトルコもゴールドを売却していたことが明らかになりました。
池水氏によるとトルコは流動性確保のため中央銀行に預けていたゴールドを引き出し、
それを売って流動性を得たとみられます。
トルコ中央銀行に預けられたゴールドは、6月半ばの600トンから
480トンへとわずか2ヶ月で20%減少しました。


トルコでは2011年から商業銀行が中央銀行に対する預金準備を
ゴールドで預けることも可能になったのだそうです。
池水氏によるとマットレスゴールドといって、トルコは古くから
民間のゴールド保有率が高く、それが家庭に(マットレスの奥)眠っているため
それを炙り出す意味合いもあったのではないか、とのこと。


通貨リラが急落し、信用リスクが急激に高まった8月、
トルコの商業銀行らはゴールドを売却し、ドルを調達、流動性確保に
動いたとみられるのです。池水氏は潤沢な金準備があったために
トルコは破たん危機を免れたのではないか、と解説くださいました。


有事の金とはまさにこのこと。リスクに備えてゴールドを保有する本来の
意味、価値を改めて認識させられる話ではありませんか。

ABN Amroによるとトルコの2019年9月期限の外貨建て債務は1180億ドル、
国立銀行が15%、民間の金融機関が44%保有しています。
この債務の支払いのためにより多くのゴールドが売られる可能性が
残されてはいるものの、足元では市場予想を上回る6.25%もの利上げで
トルコリラの急落には歯止めがかけられています。

リラが安定すれば、トルコの金売却も止まると思われますが、、、。

詳しくはオンデマンド放送で池水氏の解説をお聞きくださいね。


****************************************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さんの基調講演をはじめ

当番組コメンテーターでもお馴染みの 小次郎講師・江守哲さんが
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

新興国通貨がもたらすコモディティ安の背景 [大橋ひろこコラム]
2018.09/13 大橋ひろこ 記事URL

2018年、インフレ台頭が予想されていましたが、米国の利上げでドル高進行。新興国通貨の下落がコモディティ市場にも大きな影響を及ぼしています。特に8月に大きく下落したトルコリラに連れて、新興国通貨が軒並み安となり、通貨安となった国の農業や産業の分野での生産シェアの大きいコモディティの下落を促してしまいました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズタイムズ代表 小針秀夫氏をお迎えし
コモディティ下落の背景と今後についてお話を伺いました。


ドル独歩高が国際金融商品下落をもたらした、という解説は
間違いではないのですが、ドル高によってもたらされた新興国通貨安が
コモディティ市場にどのような影響をもたらしたのかご存知でしょうか。


金=世界第1位、2位のインドと中国の通貨であるインド・ルピー安 中国元安で
  インド、中国国内での金価格が高騰、買いが鈍っている。

プラチナ=生産国第1位である南アフリカの通貨ランド安、2位のロシアルーブル安で
     南ア、ロシアでのプラチナ価格が高騰、増産圧力につながることでのプラチナ安。

大豆=主要南米生産地、ブラジルの通貨レアル安、アルゼンチン通貨ペソ安が影響。

ゴム=東南アジア主要生産国であるインドネシアの通貨ルピー安、
   主要消費国である中国元安によるゴム安。

砂糖=主要生産国であるブラジルの通貨レアル安による影響。


ということで、生産国、消費国の通貨安はコモディティ安を助長するのです。
ところが独り勝ちで高高値圏での推移が続いているのが原油市場。

原油高の背景を小針氏に伺いました。

(1)ハリケーンが発生する時期で天候プレミアムが形成されやすい

(2)引き続き中東地域を中心とした地政学的リスクが底流している

(3)国際エネルギー機関(IEA)が世界の原油需給に対し強気な見解

(4)リグ稼働数の増加傾向が止まっている

(5)ベネズエラの減産幅が見込み以上に大きい


詳細はオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きください。

****************************************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さんの基調講演をはじめ

当番組コメンテーターでもお馴染みの 小次郎講師・江守哲さんが
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

史上最高のゴールドショート、ドル高いつまで?! [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.09/06 大橋ひろこ 記事URL

2018年前半は新興国通貨安が、トルコリラは年初を100とすると8月10日▲82%下落し、8月16日▲55.5%まで回復、その後再び8月30日▲77.4%まで下落しています。アルゼンチンペソも下落し、アルゼンチン中央銀行は政策金利を45%から+15%引き上げて60%とするなど混乱しています。南アランドは8月30日年初から▲19.5%下落し、2四半期連続マイナス成長に陥っています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今回は、コモディティーインテリジェンス代表取締役社長の近藤雅世氏をお迎えしお話を伺いました。


これもすべてドル高に起因しています。
米国の景気は良く、2009年3月以来過去最長の好景気を保っており
米国は2015年12月からすでに7回利上げをしました。

米国金利上昇で世界の資金がドルに回帰しており新興国から
資金が流出しているのです。

IMM通貨先物ポジションを見ると4月からドルインデックスは
買いが続いており一人勝ちの様相。

一方で、ゴールドは売り込まれています。
ドル高の影響でゴールドはネットショートとなったことが話題ですが、
過去最大となっていたゴールドのショートは、8月21日の21万6,317枚。

どこまで売りが積み上がるかが注目されていましたが
翌週8月28日は初めて▲5,180枚減少して、21万1,137枚となっています。
近藤さんは誰かが買い戻せば、ファンドは次々と金を買い戻すのではないか、
として、ファンドのポジションに注目しています。

そのためにはドル安となることが必要ですが、9月は織り込み度が100%に近く
利上げは確実も、12月は70%程度、2019年になると利上げ織り込みが
ガクンと下がっていることがFedウォッチから確認できます。

9月のFOMC後の声明、会見が注目でしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で近藤さんの解説をお聞きくださいね。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

中間選挙に向けた政治リスク~原油・金相場ここから [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.09/05 大橋ひろこ 記事URL

9月に入りました。年末に向けて秋相場ヲ占うポイントは何でしょうか。

8月21日、バージニア州連邦地裁の陪審が2016年の大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務めたマナフォート被告に対して有罪を表決しました。税法違反や銀行詐欺など、8つの訴因。

同日、トランプ大統領の個人弁護士を長く勤めたコーエン被告がNYマンハッタンの連邦地裁で、違法な選挙献金や脱税など8つの訴因で有罪を認める証言を行いました。今後司法取引に応じるものとみられ、中間選挙を前に政治色が強まってくるものと思われます。

トランプ大統領が支持率てこ入れの目的から、より強硬な通商、外交政策を打ち出すようになれば、商品市場への影響も大きくなりますが...。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はよそうかい・グローバルインベスターズ代表 松本英毅氏をお迎えし
原油、ゴールド市況ここからの焦点をテーマにお話を伺いました。


原油市場、最大の焦点は「イラン再制裁によるイラン産原油生産減」
米国は同盟国に対し、イランとの取引を停止するよう求めていますが
その期限が11月4日。11月6日の中間選挙直前です。
すでにイランの原油生産は減少しており、その影響が出始めています。


原油価格を押し上げる一因ですが、他方、トランプ政権はガソリン価格が上がらぬよう、
SPR戦略備蓄の放出やサウジアラビアへの増産要請をしています。
米国は自動車社会。ガソリン価格が3ドルを上回ると消費に影響が及ぶとされています。


松本さんは、政権がガソリン価格を気にするのはレイバーデーまで。
ここからは、それよりも強硬な外交で支持率UPを狙うのではないかと指摘。
米国のバケーションシーズンはレイバーデーまで。
ガソリンの需要期も終わります。米国民もガソリン価格をあまり気にしなくなるというのですが、、、。

また、松本さんにはゴールド市況についても伺いました。

ドル高に押されて低迷が続くゴールド。
中間選挙前に、長引く通商交渉の成果をアピールするために
思い切ったドル高是正に動く可能性がささやかれています。
その場合、ゴールドは大きく反発する可能性が?!

詳しくはオンデマンド放送で松本さんの解説をお聞きくださいね。


***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

貴金属市場の現状と今後のポイント [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.08/30 大橋ひろこ 記事URL

ドル高が顕著となった8月16日、ドル建て金価格は1,160ドルに接近する下落となり2017年1月以来の安値に沈みました。リスク資産は金市場から流出し米国株、米国ドルへとシフトする流れが続いています。ドル高となると国際商品価格は下落します。米金利先高感からドルに資金が集中する中、米中貿易摩擦問題も需要の減退を連想させるため、商品価格の上値を抑えてしまっています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト 森成俊さんをお迎えし
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。


24日、ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長の講演が
「インフレ過熱感がない」とややハト派的であったことから
長期金利が低下、ドル安となったことをきっかけにゴールドは反騰。
1,200ドル台を回復していますが、これが本格上昇ののろしとなったのでしょうか。


NY金先物市場では大口投機家の買い越しが6月12日には
12万0,240枚まで増加したもののその後、一貫して減少が続き、
8月14日にはとうとう3,688枚の売り越しに転換。
現状までで2週連続の売り越し状態となっています。
先物市場でのゴールドネットショートは16年ぶりのこと。


また、SPDRゴールドETFの金保有高は8月29日現在、759.87トンとなり、
6月末の819.04トンから54.46トン減少(約7%減)。
ETF市場からの資金流出も続いています。

また、金とプラチナ価格の逆転現象が長期化しており、
現在金が1,206ドル水準で推移しているのに対し、プラチナは796ドル台で推移。
プラチナは金に対し、410ドルの下ザヤとなっています。

プラチナ市場の今後は・・・?!

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。



***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

イラン制裁のリスクプレミアムで高止まりの原油市場 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018.08/29 大橋ひろこ 記事URL

7月の原油市場は、月間平均では、WTIは$70.58/バレルで6月平均より$3.25高となった一方、ブレントは$74.95/バレルで6月平均より$1.09安となりました。米国の需要は好調でしたが、ブレントの先物は7月23日には従来のバックワーデーションから期近物が期先物より安いコンタンゴに変化。欧州では、米国原油の輸入が増え、西アフリカ原油や北海原油が押し出されて供給過剰状態になったためとみられます。

8月のWTIの平均価格は、$67-68/バレルで7月より$2-3安。ブレントも$73-74/バレル程度で、7月より$2-3安になるものと思われます。上値が切り下がってきましたが、ここからのポイントは...?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治氏をお迎えし原油相場の現状と
今後の見通しをお伺いしました。

米国のイラン制裁の影響は常に市場を支える要因とされており、
イランの原油輸出量を日量100万バレル減少させるとの指摘もあります。
しかし、思惑通りにイランの輸出を日量100万バレル減少させることは可能でしょうか。


米国との貿易戦争の最中にある中国やトルコがイランからの原油輸入を増やす
との見方もあるようです。実際に中国は7月、6月の日量66万バレルより多い
日量77万バレルのイラン原油を積んだと報道されていいます。
6月、中国は米国産原油を日量約45万バレル輸入しましたが、
貿易戦争の展開で米国からの輸入を減らし、イランに切り替えている?!


また、米国は戦略備蓄(SPR)を1,100万バレル(2ヶ月間:日量18万バレル)の
放出を決めたましたが、今後も国内のガソリン価格の上昇を抑制すべく、
OPECに増産要求を続けるとみられます。


欧州の需給は緩和気味で、約1,400万バレルが洋上在庫となっているとか。
原油の現物需給は逼迫していないのが現状です。


強弱の材料が混在していますが、藤沢さんは現物需給のタイト感はなく、
リスクプレミアムが剥落する過程で原油価格は緩やかに下落していくのでは?
とお話くださいました。その背景について詳しくはオンデマンド放送で
藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

 全50ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 次の10件