コモディティ・フェスティバル2018 in 東京レポート [コモフェス2018]
2018.09/25 辻留奈 記事URL

コモディティ・フェスティバル2018 in 東京
~ フォトレポート ~

開催日時:2018年9月22日(土)
開催場所:御茶ノ水・ソラシティホール

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
「コモディティ・フェスティバル2018」が東京で開催されました。
満員御礼!人、人、人、人、350名の参加者で大盛況、
会場に来られなかった皆さんもフォトレポートでぜひお楽しみください。

まずは、竹中平蔵さん(慶應義塾大学名誉教授 東洋大学教授)の講演で幕開け。
「資料はないので、私の顔だけをしっかり見て、話をきいてください」
会場内は、講演の随所に挟み込まれる
竹中さんのインテリジェンスユーモアで、何度も笑いが起こっていました。

アリババの話から始まり、ビッグデータやAIが着実に世界を変化させていることや
第4次産業革命によって、株式市場でも急激な成長をとげる会社がでてくることなど、
「世界・日本経済のゆくえとコモディティ」についてお話されていました。
つづいての登壇者は、江守哲さん(エモリキャピタルマネジメント代表)
控え室にお邪魔して、オフショットを撮影!いい表情がとれたっ!


「ファンダメンタルをおさえればフェアバリューがわかり、
            投資をするうえで、圧倒的に有利になる」
現物のコモディティには必ず適正価格があると指摘し、
原油・コーン・天然ゴム・金のファンダメンタルの解説をスタート。

それぞれのコモディティには季節性があり、売られやすい時期があるため、
シーズナルアノマリーをおさえることが大切とお話していました。

私は最後列で聞いていたのですが、江守さんの見通しを聞いて、皆さんのペンが走る!走る!
続いては、マーケットトレンドでもおなじみの小次郎講師の登場。
TOCOM投資スクールでもおなじみの野中ななみさんと一緒に
ポーズをとってくださったのですが、

そう!置いてあったパネルと同じポーズをしているのです。
そういえば、もうハロウィングッズがでる時期なのですね~

カボチャや魔女の仮装をしている方もいました!「仮装は初の試み」とのことでした。

小次郎講師の講演は、テクニカル分析を使った、コモディティ相場展望。

「移動平均大循環分析って、勉強したことありますか?
 YESの人は黄色、NOの人は青をあげてください」
会場内で配られたうちわを使った参加型の講演です。

このブログを読んでいる皆さんも、「ゴールドが底をつけたのか」というのは
直近の話題として気になるのではないでしょうか?
会場内では、小次郎講師のテクニカル分析を使い、この答えを読み解いていました。

答えが気になりますよね?ふふふ、答えは、秘密です。

講演の間には、もちろん休憩もあります。

休憩コーナーにはホットコーヒーのおもてなし。
ホッと一息、皆さん談笑していますが、熱くコモディティトークを繰り広げている方の姿も。

窓の外の景色もとてもキレイでした。

会場の入り口にはTOCOMブース、
TOCOM広報部の皆さん、ゴールドインゴットを手にしているではありませんか!

ぎらぎら~ 本物だったらいいな~なんて。中味は、開けてからのお楽しみ♪
ゴールドについての質問が一番多かったとのことでしたが、
まもなく10月9日に上場するTSR(ゴム)のNEWパンフレットも配布していました。
講演を終えたばかりの小次郎講師は、皆さんに囲まれて大人気
1つ1つ質問に答えていました。
気になることは、その場で解決できるのもセミナーのいいところですよね。

そしてラスト登壇者は、吉中晋吾さん(バーグインベスト株式会社CEO/
           SEVEN GOLDS CAPITAL LLC CEO)

公の場所でお話を聴ける機会が少なく貴重な講演と、
MCの大橋ひろこさんから紹介がありました。
勝つトレーダーになるために必要なことをテーマにお話を進めていました。
最後にMCはもちろん、大橋ひろこさん。
大橋さんファンの方は多く、みなさん声をかけて、写真を撮っていました。
参加者の皆さんの声では、
「株式投資だけをしているが、視野を広げてコモディティのことも知りたい」や
「ゴールドが底をつけたのか気になる」というタイムリーな声もありました。

私も皆さんと一緒に勉強し、有意義な1日でした。
来られなかった皆さん、来年お待ちしています!!
長いブログ、最後までご覧頂いて、ありがとうございました。

コモディティ・フェスティバル2018 in 大阪レポート [コモフェス2018]
2018.09/10 番組スタッフ 記事URL
コモディティ・フェスティバル2018 in 大阪
~ フォトレポート ~

開催日時:2017年9月8日(土)
開催場所:大阪・ヴィアーレホール

コモディティ投資をじっくり学べる一日。「コモディティ・フェスティバル2018」が8日大阪で開催されました。
4回目を数える今回の大阪開催も200名を超える投資家で会場は大盛況、講演に熱心に耳を傾けていました。

明日から役に立つコモディティ投資の情報が満載の今回のイベント、ファンダメンタルズ・テクニカルの両面でより実践向きな講演内容でした。

法政大学大学院教授の真壁昭夫さんは「経済がわかっていないと投資で勝てない」と主張。マクロ経済の分析を来場者に質問を投げかけたり、時折洒落も交えながら、大学の授業さながらに来場者に解いていきました。

LINE@登録をすると真壁さんの直筆サインをプレゼント!のブースにはサインを求める列が。
(「真壁昭夫のマーケット・ビュー」毎週月曜日17時~好評放送中!)

マーケットエッジ代表小菅努さん。「Sell in May.」や「節分天井彼岸底」などといったアノマリーがありますが、季節性が現れるのはなぜか。原油・トウモロコシ・天然ゴム・金の4つの商品それぞれで価格決定に影響する天候や生産量といった要素を図示しわかりやすく説明。
自身の講演の後は、TOCOMブースにて来場者からの質問に丁寧に答える場面も。

お馴染み小次郎講師は、コモフェス恒例となった特製うちわを活用し会場のレスポンスを見ながら、移動平均線大循環分析からコモディティを分析。

第1回TOCOMリアルトレードコンテスト第2位の花火さんが、大阪に登場。トレードで勝つためのメンタルや情報の集め方、またトレード手法を解説。その場で来場者から質問を受け付け個人投資家の目線から答えたほか、終演後も花火さんのもとに熱心に話を聞きに行く光景が見られました。
(「第3回TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」只今開催中!花火さんも第3回にエントリーされています。)


(TOCOM広報部の皆さんと大橋ひろこキャスター)

かつては金も保有していたが、普段は株取引がメインという大阪市の女性は、今回初めてコモフェスに参加した感想を「金の値動きの仕組みが分かって、改めて金にも興味を持った」と満足げに話していました。

コモフェス、22日には東京で開催されます。まもなく募集締め切りとなりますので、お申込はお早めに!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。