コモディティ・フェスティバル2017 in 東京レポート [コモフェス2017]
2017.09/26 番組スタッフ 記事URL
コモディティ・フェスティバル2017 in 東京
~ フォトレポート ~

開催日時:2017年9月23日(土・祝)
開催場所:御茶ノ水・ソラシティホール

23日東京で「コモディティ・フェスティバル2017 in 東京」が開催。9日の大阪(レポートはこちら)に続き、多くの投資家が来場。会場は熱気に包まれました。

詳しいレポートは、公式サイトをご覧ください。



東京でここ数年会場として使用される御茶ノ水・ソラシティは、コモフェスのイメージカラー「緑」豊かなスペースが多く、近くのニコライ堂も緑をまとって、まさにコモフェスを開催するのにうってつけな場所なのです。

総合司会の大橋ひろこさん(写真右)も緑で決める!

毎週木曜昼放送「女神とマネー学」に出演、FX女優の野中ななみさん(写真左)が受付対応。

今年は、ロビーでミニセミナー(写真下)を開催。立ち見が出るほど大盛況でした。

その様子が気になって、出番を終えたばかりの池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク東京支店長)も立ち止まって聞き入ります。

来場者全員に配られたこのうちわ。

チャートを使った売り買いのタイミングを見極める小次郎講師の講演で大活躍!


毎年開催のコモフェスには、商品初心者から経験者まで、さまざまな投資家が来場します。
「普段は株がメインだがコモディティの動きを知っておきたいので、毎回参加している」(60代・男性)
「昨年初めて参加してコモディティを勉強するようになった。今年は金の現物やETFを研究している。」(50代・男性)
「現在は金を保有している。ほかの商品も勉強してみたい」(20代・女性)


イベントでは、今夏東京商品取引所で開催された「第1回TOCOMリアルトレードコンテスト」の表彰式が行われました。このトレードコンテストは100万円以上の実際の資金を運用しその利益率でランキングを競います。
「数ある金融商品の中で、"商品先物は難しい。プロじゃないと勝てない"イメージを持たれている。でもしっかり勉強すれば収益をあげられることを証明するために、リアルマネーでコンテストを開催した。」(東京商品取引所・小渕理事/写真右)およそ半数の参加者に利益が出て、1位の方は2か月半で元本の3倍の利益が出たそうです。
表彰式には、第2位(利益率なんと229%!)の花火さんが登場。表彰式に続いて、花火さんのトレード手法やトレードに対する考え方を紐解く講演が行われました。

花火さんは、投資歴15年ほど。日中はサラリーマンな兼業トレーダーで、毎日値動きを見てTOCOMのデータを見るくらいなので、投資にかける時間は1時間くらいとのこと。がっつりと投資をしているわけではないのに、どうして成果を挙げられるのでしょう?

コモディティ投資のデータで参考になるのは、誰が買って誰が売っているのかという「取組」のデータだそうです(この取組はTOCOMホームページの「マーケット情報」>「カテゴリ別取組高表」で誰でもご覧いただけます)。

基本的に損切りは嫌い。相場の動きを見て、取組内容も変わって自分が間違ったポジションを持ってるなと判断したときだけ損切りをする。無理に考えない。

あまり商品相場に良くないイメージを持っていると聞くが、非常に合理的な市場。ガソリンなど原油は生活に密接に関わっていて、きっちり見ていけば収益は出せると思っている。ぜひこういう機会で結果が示せてよかったと花火さんは話しました。
ミニセミナーありの内容盛りだくさん、有識者の意見だけではなく、成功者のマインドも知ることができた今年のコモフェスでした。

コモディティ・フェスティバル2017 in 大阪レポート [コモフェス2017]
2017.09/11 番組スタッフ 記事URL
コモディティ・フェスティバル2017 in 大阪
~ フォトレポート ~

開催日時:2017年9月9日(土)
開催場所:大阪・ヴィアーレホール

コモディティ投資をじっくり学べる一日。「コモディティ・フェスティバル2017」が9日大阪で開催されました。
大阪では3回目のコモフェス。コモフェスへの投資家の注目も高く、毎年規模を大きくしており、今回は広島や岐阜などの遠方からの参加もあり250名を超える投資家が、講演に熱心に耳を傾けていました。

このフォトレポートでは、会場の様子とともに来場者や協賛社の声もご紹介いたします。


イベント直前には、北朝鮮リスクから金価格が上昇。「これから世界がどうなるか分からない中で、ゴールドの動きがとても気になる。」(50代・女性)、「アンケートから、今後の資産運用にゴールドなどコモディティを考えている人が多いようだ」(協賛社)と、ゴールドをはじめとするコモディティに対する意識が強くなっているようです。

人気の講師陣の話を楽しみに、コモフェスに初めて参加したという人も。
「普段はバカラ村さんを参考にしている。基本はFXだがこれを機に、勉強してみようと思った。」(50代・男性)、「江守哲さんや小次郎講師の厳しめな判断が頼りになる」(40代・男性)


「コモディティの動きがFX取引の参考になるので、知識をつけたい」(50代・女性)という方も。商品は初心者という来場者を狙って、協賛各社もあの手この手でロビー活動を繰り広げます。

(休憩直前のホワイエの様子)各社スタンバイしています。

(各ブースの様子など)登壇者それぞれの書籍も飛ぶように売れていきました。

エモリキャピタルマネジメント代表・江守哲さんにバナーの前で写真をお願いしていたら、来場者にサインを求められる場面も。

あの赤玉を引き当てたい!!(5000円分ギフトカードプレゼント)

こちらのくじ引きは、なんと1等が純金インゴット!。全部で5本のところを3本追加で対応する大盤振る舞い。

TOCOMスクエア特製の榮太郎飴(ゴールド/プラチナ)は、関西の投資家にも大人気だったようです。

コモフェス、23日には東京で開催されます。まもなく募集締め切りとなりますので、お申込はお早めに!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。