「手芸業界の超成長企業、小野のサクセスストーリー」 [月曜・世界の経済政治ニュースから]
2017.08/14 山本郁 記事URL
今、手芸業界が熱いってご存知でしたか?
市場規模は4,000億円。
ちなみに映画業界が2,200億円、音楽ソフト業界が2,500億円ですから、その規模の大きさが分かると思います。
手芸は「趣味の王様」。しかも趣味として面白いだけでなく、高齢者のリハビリに、子供の教育ツールに、海外への輸出、海外からの観光客のインバンド需要も見込める、成長業界と考えることが出来る優良企業なのだそうです。

本日のコメンテーター、東洋経済新報社 編集局 編集委員の 田宮寛之さんが、手芸業界の中でも注目している‟超"優良企業が「小野株式会社」。
業界売上高ランキングを見ると、1位が名古屋市に本社のある「藤久」。2位が東京都大田区に本社のある「ユザワヤ商事」。3位がイオンの商業施設で「パンドラハウス」を展開している「イオンリテール」。そこに続く業界第4位が「小野株式会社」です。
小野株式会社は香川県に本社があって、関東、関西、中国・四国地方を中心に郊外型大型手芸専門店「ドリーム」を8月1日現在で82店展開しています。
注目すべき点は、ここ5年で新規出店が19店と今凄く伸びているということ。
さらに凄いのは、実質的に借金ゼロの超堅実経営であることです。
創業1911年の老舗で、もともとは贈答品の問屋として香川県で創業。
その後2代目、3代目で、手芸問屋に事業転換し、今の4代目の社長の代になってから小売業に進出。
地元香川では取引先が商売敵になってしまうからと、岡山に出店。
しかも、これまでの手芸小売店では例が無い、郊外型の大型手芸専門店ということで、最初は反対する向きも多かったのだそうですが、これが大成功。
広いので品数が豊富、買い物しやすい、地方は車社会なので駐車場があるとと買い物に来やすい...ということで、岡山女性の心を掴んだということです。
売り上げが拡大すると、利益率の高いオリジナル商品を作り、それが売れることで更に利益拡大。
更に出店し、売り上げ規模を拡大し、オリジナル商品の開発...ととてもいい循環になっているのです。

この小野株式会社の成功から、田宮さんは日本企業の成功パターンを2つ見出したそうです。
一つは「企業の伝統を維持しつつ、業態の転換をしていく」
これはトヨタが同じケースだそうです。
2つ目は「人口の少ない地方でビジネスモデルを構築し、その後消費者の多いエリアに出店する」
これは、ファーストリテイリング(創業は山口)、青山商事(広島)、はるやまホールディングス(岡山)、ニトリ(北海道)も同じパターン。
小野社長は「コストの高い関東でいきなり始めてもお金が回らない。少ない資金でビジネスが可能な地方で始めた方が、ビジネスモデルを構築できる」とおっしゃってるそうです。

小野株式会社については、田宮さんの著書「業界地図の見方が変わる!無名でもすごい超優良企業」(講談社+α新書)の197ページに掲載されています。
また田宮さんの詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」
東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」を開催!
世界を動かすコモディティ。その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会あり!詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。
21世紀は木の時代 [月曜・世界の経済政治ニュースから]
2017.06/05 山本郁 記事URL
今日のコメンテーターは、東洋経済新報社 編集局 編集委員の田宮寛之さんです。
昨年出版された田宮さんの著書「新しいニッポンの業界地図 みんなが知らない超優良企業」(講談社+α新書)が、大ベストセラーなったことは皆さんご存知のことと思いますが、
その続編「業界地図の見方が変わる! 無名でもすごい超優良企業」(講談社+α新書)が5月18日に発売されました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4062729830?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

何とまだ一か月も経っていないのに現時点でもう第4刷なのだそうです!!

前回ご出演頂いたときに、この本の中から魚の陸上養殖とその関連で業績を伸ばしている企業をご紹介いただきました。
魚を陸上で養殖?って大変驚かされたのですが、
今回も「21世紀は木の時代」って、何だか不思議な感じ。
時代を逆行しているような気がするのですが、実は木の持っている能力は最先端。
木から取り出した繊維、セルロースナノファイバーは、鉄の5分の1の重さで、鉄の5倍の強度を持っているのだそうです!!
その特性から車や航空機のボディなどに使用されることが期待されているのだそうです。
また透明にすることも出来るのでガラスとして使用することも。

また集成材が注目されていて、その技術の発達と建築基準法の改正によって
木造の高層ビルの建築が可能になったのだそうです。

木って本当に凄いんですね!
しかも、日本は国土の約7割が森林で、原料には事欠かないというのも大きなメリットです。

番組では、本のほんの一部しかご紹介出来ていませんので、皆さんもぜひ、田宮さんのご本を読んでみてくださいね!

そして、番組をお聴きの方の中から3名の方に、
この本「業界地図の見方が変わる! 無名でもすごい超優良企業」(講談社+α新書)をプレゼントいたします。
こちらの応募フォームからご応募下さいね!
https://ssl.radionikkei.jp/event/trendpresent201706.html

締め切りは6月18日です。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)

北朝鮮のミサイル、今週は「またか!」で市場の反応は限定的 [月曜・世界の経済政治ニュースから]
2017.05/22 山本郁 記事URL

日曜の夕方、北朝鮮が先週に引き続き再びミサイルを発射しました。
これに対する週明けのマーケットですが、ドル円はリスク回避の円高ではなく、円安気味??

本日のコメンテーター、マーケットアナリストの菊川弘之さん曰く
先週は「まさか?」だったけど、今週は「またか!」と受け止められたと。(上手いことおっしゃいますね。)
マーケット自体も慣れてしまって、一気にリスク回避が高まるという動きにはならなかった。
また、レッドラインとされる核実験ではなく、ミサイルの発射であったこと。
さらには、トランプ大統領が外遊中で緊急なリスクの高まりには繋がらないだろうとの見方がされたことからも
市場の反応は限定的となったようです。

しかし、北朝鮮問題はこれで終わったというわけではありません。
核実験が行われた場合はもちろんですが、8月に予定されている米韓合同軍事訓練の際は再びリスクが高まってきます。
それ以外でも、トランプ大統領がロシアンゲート疑惑で弾劾、辞職になった場合もしかり。

Xデー(米国の北朝鮮への武力行使)の起こり得るタイミングとして考えられるのは、来年4月以降と菊川さんはおっしゃいます。
秋に中国の共産党大会が開かれ、党の最高指導部、いわゆるチャイナセブンのメンツが決まるのが来年3月のの全人代。
ロシアの大統領選挙も来年3月。これらをクリアして、ロシア、中国の政権基盤がしっかりしたところで、4月に米韓合同軍事演習が行われるとリスクが高まってくると。

注目点は空母の数。
今回は「カール・ビンソン」と「ロナルド・レーガン」の2隻ですが、これが増えてきたら注意だそうです。
過去を見てみると、リビアの空爆では3隻、湾岸戦争では6隻、アフガン攻撃では4隻。
今年以上に増えて日本海に近辺に集まってくると要注意。
また、韓国在住の約10万人の米国人が避難行動を始めたら要注意。
これらが見られるようになったら4月前でも注意した方がいいと菊川さん。

後半は、原油と金の見通しを伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で!

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ゴールドについて、楽しみながら学ぼう!
金の魅力を伝え、関心を深めるためのこの時期恒例イベント
「ゴールドフェスティバル2017」が、6月24日土曜日、東京・よみうり大手町ホールにて開催されます。

金現物、金箔、アクセサリーから投資商品まで、限りなき可能性を持つ「金(ゴールド)」について理解・関心を深め、金の様々な魅力を伝えることを目的に開催している日本で唯一の「金(ゴールド)」の祭典です。

当日は、"ゴールドのスペシャリスト"亀井幸一郎さんの講演や、当番組コメンテーターでもお馴染み池水雄一さんと、お笑いコンビ・パックンマックンによる、ゴールドの魅力を語るスペシャルトークショーなど内容盛りだくさん!
友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料、事前申し込み制です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。(外部サイトにジャンプします)

みんなが知らない超優良企業PART2 [月曜・世界の経済政治ニュースから]
2016.12/19 山本郁 記事URL

8月にご出演いただいた、東洋経済新報社 編集局 編集委員の田宮寛之さんの著書「みんなが知らない超優良企業」(講談社+α新書)
前回は発売から約2か月で第5刷!...なんて話をしていましたが、なんと現在11刷、7万5千部刷られているのだそうです!!

田宮さん、優良企業や、就職活動についての講演も多くお忙しくしていらっしゃる中、今回はPART2として、具体的な企業の優良ポイントについて教えて頂きました。
前回もお話にありましたが、創業100年以上の歴史を持つ老舗企業にスポットを当ててご紹介いただきました。

マーケット・トレンドを放送しているTOCOMスクエア周辺の日本橋界隈には、江戸時代以前から続く企業も多いのですが、戦争、震災、恐慌、バブル崩壊、などなどの困難を乗り越えてきた企業というのはそれだけでも凄い事。
そして、老舗なんていうと、伝統を重んじることが第一で、保守的なんじゃないかというイメージを思い浮かべがちですが、実は時代の変化にあわせて色んなチャレンジをしているんだそうです。

例えば、戦国時代に創業した上場企業の中では一番古い歴史を持つ「松井建設」
城の普請から始まり、寺社建設、戦後GHQの家族宿舎の建設、現代では東京都庁の建設や、ソーラー発電所の建設なども手掛けているそうです。

「ミツカン」は、お酢やみりんメーカーを代表する企業で、ヒット作を次々に生み出しています。
しかしその裏には、1889年にはビールを手がけ、国内シェア第5位まで成長したのですが、競争が厳しく経営難になると判断して撤退。
また、銀座にマクドナルド第1号店が出来た1971年に、ミツカンもハンバーガーショップ事業に乗り出しましたが、やはり競争が厳しく10年で撤退。
チャレンジして失敗した時の判断が見事な例としてご紹介頂きました。

他にも、「小津産業」「村上開明堂」「多木化学」を取り上げています。
詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きくださいね!

-------------
ここで、東京商品取引所(TOCOM)主催セミナーのお知らせです。

激動の2016マーケットを"寸劇"で振り返り、2017を考える。
<劇団:コレモナニカノ円×E-factory 新春特別公演>
「金融寸劇セミナー:トランプ大統領誕生!日本経済これからどうなる!?」
新年1月11日(水)18:45~ 東京・日本橋TOCOMスクエアで開催します。

激動の2016年マーケットを金融寸劇&解説で振り返りながら、
2017年の展望を考える特別公演を開催いたします!
金融寸劇の脚本・構成・解説は、金融ジャーナリストの川口一晃さんです。
(川口さんは、同日18:00~の「マーケット・トレンド」にコメンテーターとしてご出演予定!)

この公演に50名様を無料ご招待いたします。お申し込み受付中。
詳しくは、下記のバナーをクリックしてください。

みんなが知らない超優良企業 [月曜・世界の経済政治ニュースから]
2016.08/15 山本郁 記事URL
本日のコメンテーターは、大変お久しぶりの登場です。
東洋経済新報社 編集局 編集委員の田宮寛之さんにお越しいただきました。
田宮さんは約30年間、企業や産業界を取材してこられたベテラン記者で
その取材活動の中でたくさんの超優良企業に出会ってこられました。
超優良企業とは
高収益企業、高シェア企業、高技術企業を指しますが
まだあまり世間に知られていない企業がたくさんあるというのです。
あまり知られていないというところがポイントで、そこを押さえておくと投資にも、就職活動にも有利に働きますよと田宮さん。

優良企業を探すポイントは5つあって
1.国内の少子高齢化
2.世界的な人口増加
3.新興国の台頭
4.環境問題の深刻化
5.インフラ整備
この5つのテーマを常に頭において、ニュースを聞いたり新聞を読んだりしていると、超優良企業に出会えるというのです。
田宮さんが注目している分野や、具体的な探し方など詳しいお話はオンデマンド放送をお聴きくださいね。

そして、そんな超優良企業がいっぱい紹介されている田宮さんの本「新しい日本の業界地図 みんなが知らない超優良企業」が
講談社+α新書から発売されています。
大変好評で5月に発売されて、もう6刷が発行されているんですよ!

興味を持たれた方、本屋さんでも店頭に並んでいるところが多いので探してみて下さいね!





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ここで「コモディティ・フェスティバル2016」のお知らせです。

今年も東京・大阪で開催!
9月17日土曜日、大阪・本町 大阪科学技術センタービル
9月24日土曜日、東京・御茶ノ水 ソラシティホール

世界を動かすコモディティ。
コモディティを知り尽くした専門家やファンドマネージャーによる、今後の原油、金投資の講演。
豪華グッズがあたるコモディティ抽選会もあります。

「マーケット・トレンド」でもおなじみの小次郎講師、池水雄一さんもご登場。
ご友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
東京・大阪両会場のお申し込み、イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてくださいね!