TOCOM 濵田社長「2018年のTOCOMの取り組みと展望」 [特別ゲスト登場!]
2018.01/18 辻 留奈 記事URL
こんばんは、辻留奈です。
(大橋ひろこさんに代わってお送りしました。)


今日は、東京商品取引所 代表執行役社長 濵田隆道さんに
「2018年のTOCOMの取り組みと展望」をうかがいました。


今年、TOCOMが力をいれていくことは3つ!


○電力先物取引の上場

ゴールドの現物市場の価格は5~10%のボラティリティに対して、電力はなんと700%!
先物でヘッジをしたいというニーズが高いのだそうです。

○TSR(技術的格付けゴム)の上場

天然ゴムの主な需要は自動車用タイヤですが、
RSSという天然ゴムの価格は、TOCOMの価格が世界の取り引きの
ベンチマークになっています。既存のシート状ゴムのRSSに加えて、
最近需要が増えてきているブロック上になったゴムのTSRを今年の9月に上場予定です。

○AIを活用した自動売買システム

コモディティ専用のAIトレードはなく、とても珍しいそうです。
今年中に使えるように準備をしていくということです。


そして最後に・・・第2回TOCOMリアルトレードコンテストにもぜひご参加くださいね!