今週の予定(7月15日~19日) [今週の放送予定]
2019.07/14 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。

<6月TOCOM概況>
金の取引が1年半ぶりの水準まで増えました。
先月初旬は1300ドル台前半で推移していましたが、
前月後半にはイランへの追加制裁で
1418ドルと5年10か月ぶりの高値をつけました。

パウエル証言待ちと言われた先週ですが、
利下げを示唆する発言で、ゴールド価格を支えました。
先週は1400ドル近辺での動きとなっています。

そんななかで先週の米株は3指数最高値更新、
ゴールドとともに米金利も上昇しています。
引き続き教科書的ではない動きとなっています。

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

7月15日(月)

 

海の日のため、番組はお休み

 

 

7月16日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第15回 続編「トレードルール作り10の掟③」

 

 

7月17日(水)

 

エミン ユルマズさん (エコノミスト・為替ストラテジスト)

「金と原油の展望」

 

 

7月18日(木)

 

池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

「専門家の目~世界の金の動き」

 

 

7月12日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」





 ーーーーーーーーーーーーーーー
今週の予定(7月8日~12日) [今週の放送予定]
2019.07/07 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。
星に願いを、今日は七夕ですね。

先週はNYパラジウムが上場来高値の1565.80をつけました。
米中関係の改善で需要が増えるとの思惑から最高値を更新。

昨年末に16年ぶりに金価格を一時上回っただけの存在だったNYパラジウムですが、
今年に入ってから、金価格を上回ることが常態化していました。

3月中旬にロシアが貴金属スクラップの輸出禁止を検討し、
1550ドル台をつけていましたが、それ以来の1500ドル台です。
前回、最高値を更新したのち、
コモディティサミットで「パラジウムはバブル」という発言があり下げる場面もありましたが、
今回はこのままさらに一段上を目指していく動きとなるのでしょうか?


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

7月8日(月)

 

田宮寛之さん (東洋経済新報社 編集局 編集委員)

「事業承継ビジネス」

 

 

7月9日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第14回「トレードルール作り10の掟て②」

 

 

7月10日(水)

 

大場紀章さん (エネルギーアナリスト)

「専門家の目~コモディティをとりまく環境」

 

 

7月11日(木)

 

林知久さん (投資日報社)

「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」

 

 

7月12日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(7月1日~5日) [今週の放送予定]
2019.06/30 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。

さてG20待ち、G20待ちとずーーーーーっと言われていましたが、
米中首脳会談は
●追加関税はしばらくは実施しない(予想どおり)
●安全保障上問題がないものはファーウェイへの部品の輸出を許可(サプライズ)
●ファーウェイをリストからはずずかどうかは、火曜日へ先送り(次の短期的材料に)

ようやく通過して7月相場入りです。
週明け、いったんはリスクオンにふれそうな気配です。

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

7月1日(月)

 

野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)

「2000万円問題 投資の必要性」

 

 

7月2日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第13回「トレードルール作り10の掟て①」

 

 

7月3日(水)

 

柴田明夫さん (株式会社資源・食糧問題研究所 代表)

「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

 

 

7月4日(木)

 

小針秀夫さん (トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

 

 

7月5日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(6月24日~28日) [今週の放送予定]
2019.06/23 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。

利下げを示唆したFOMCを終えて、コモディティ市場も動き出しました。
米金利は2%を割り込むまで低下、
それを好感し株高となり、S&Pは史上最高値更新、
ダウもあとほんのわずかで史上最高値。(終値ベース)

金利のつかないゴールドは大台の1400ドルにのせました。(TOCOM金も年初来高値を更新)

株高、ゴールド高、
は教科書的には両立しませんが、
リスクオン相場なのか?リスクオフ相場なのか?
一体どちらが続くのでしょうか?

そして原油は、イラン革命防衛隊が米国のドローンを撃墜したこととと
株高から57ドル台へと上伸。
悪天候からシカゴ大豆・コーンも5年ぶりの高値をつけています。

今週末はもう一つのイベント、G20が待っています。


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

6月24日(月)

 

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

「中東異変にも上値重い原油」

 

 

6月25日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第12回「トレードルール作り」

 

 

6月26日(水)

 

藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

 

 

6月27日(木)

 

小山 堅さん (日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員)

「2019年原油市場、ここからの価格変動要因」

 

 

6月28日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(6月17日~21日) [今週の放送予定]
2019.06/16 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。


【TOCOM5月概況】

4月に引き続き、5月は金のボラティリティが低く(過去最低水準!)
商品相場全体取引高が少なかったということです。
原油もボラティリティはあるものの証拠金が高く、取引が控えられる要因となりました。

特筆すべきは、ゴムの受け渡しの増大!

TSRゴムは、バンコクFOB渡しが初めて行われました。
(FOB:売り手が、自分の国の港で船に詰め込むまでは、責任が発生する取引方法)
実需の取引ですね!

さらに、現在のゴム相場には強気材料がそろっていて
①最大生産国 タイの輸出削減
②エルニーニョによる東南アジア地域の乾燥
③ウィンタリング(減産期)の遅れ

しかし!
ゴム相場は、貿易問題などで自動車生産が落ちる(タイヤの需要が減る)可能性があり
需要面では弱気材料も


以上、定例記者会見からでした。

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

6月17日(月)

 

関口和一さん (日本経済新聞社 編集委員)

『「世界デジタルサミット」から見えるものは?』

 

 

6月18日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第11回「トレードルール入門」

 

 

6月19日(水)

 

芥田知至さん (三菱UFJリサーチ&コンサルティング 調査部 主任研究員)

「専門家の目~コモディティと世界の経済」

 

 

6月20日(木)

 

菊川弘之さん (マーケットアナリスト)

「商品市場の動向と今後の見通し」

 

 

 

6月21日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(6月10日~14日) [今週の放送予定]
2019.06/09 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。

東京も梅雨入りしました。
今週はずーっとシトシトと雨になるそうです。

さて先週あたりから、急速に高まってきた米国の利下げ観測。

とともに、ゴールド価格が持ち直しの動きを見せています。
1348ドルまで上昇し、1350ドルの壁に迫りました。
次回利下げは7月?
でも雇用統計が悪すぎて、案外再来週利下げだったりして...?
FOMCに向けて、ゴールド価格は支えられそうですが、
そこにメキシコ関税見送りというニュースが。

週明けはいったんゴールド価格は下げそうですね。


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

6月10日(月)

 

鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)

「株式市場の動向と今後の見通し」

 

 

6月11日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第10回「正しい目標利益の設定法」

 

 

6月12日(水)

 

石川久美子さん (ソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト)

「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」

 

 

6月13日(木)

 

亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)

「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

 

 

6月14日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(6月3日~7日) [今週の放送予定]
2019.06/02 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。


先週はリスクオフムードを受けて、原油売り、債券買いが進んでいましたが...

31日にトランプ大統領が、メキシコからの輸入品に関税をかけたことで
WTI原油は53ドル台へ、ブレント原油は64ドル台と
今年2月の水準まで下落しました。

原油価格がさがること(米の物価はさがる?)
輸入関税があがること(米の物価価格が悪い意味で上昇する?)
米国の物価にどのような影響を与えるのでしょうか?
景気減速から原油需要が減ることは、
原油生産量1位の米国にそのまま跳ね返ってきてしまいますよね...。
果たして、米国にとってWinな取引になるのでしょうか?

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

6月3日(月)

 

岡田晃さん (経済評論家)

「令和の日本経済はどうなる?」

 

 

6月4日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第9回「認知のゆがみから生まれるエッジ」

 

 

6月5日(水)

 

小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)

「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」

 

 

6月6日(木)

 

小針秀夫さん (トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

 

 

6月7日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(5月27日~31日) [今週の放送予定]
2019.05/26 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。


先週はプラチナが800ドルをわりこみ、
銅価格は4か月ぶりに6000ドルを下回り、
アルミも2年4か月ぶりの安値圏に沈みました。
膠着状態だったWTI原油価格も60ドルをわりこみました。

中国の景気減速や、米中貿易戦争の激化からリスクオフのムードが広がっています。


メイ首相の退任報道が出ましたが、ブレグジットはますます混迷を極めてきました。
先行き不透明感から、海外の企業が英から撤退していき、
英鉄鋼大手のブリティッシュ・スチールが経営破綻したといいます。
行くは地獄、戻るは...?
ブレグジッドを問う再国民投票は行われるのでしょうか?
来週もリスクオフムードが続くのでしょうか?

まずは週明けに欧州議会選の結果が明らかになりますが......?


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

5月27日(月)

 

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

「膠着した原油相場の行方」

 

 

5月28日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第8回「トレードエッジが発生する理由」

 

 

5月29日(水)

 

山内弘史さん (エネルギー情報ネットワーク 共同代表)

「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

 

 

5月30日(木)

 

森 成俊さん (みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」

 

 

5月31日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(5月20日~24日) [今週の放送予定]
2019.05/19 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。

米中報復合戦はますますヒートアップ。

米国は中国に対して、第4弾の報復関税(残り3000憶ドルぶん)を検討、
それに対し、中国は6月1日から600憶ドルぶんに25%の関税を報復。

中国の報復規模が小さすぎるといわれていますが、
コモディティ市場にも影響を及ぼしそうです。

まるで子どものけんかのように...中国も小さく小さく抵抗しているようです。

●米国債の売却
●米国からの豚肉の購入中止
●大豆・綿花の買い入れも限定的に

米国債の減少は、トランプ大統領の関税ツイート前からですが、
豚肉・大豆などの購入取りやめは関税の話が白熱してきた週からです。
下値を探る展開の大豆価格にどう影響してくるのでしょうか?

大豆(穀物市場)については、5月15日の放送をPodcastでCHECKしてみてくださいね~


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー


5月20日(月)
清水功哉さん (日本経済新聞社 編集委員)
「政府とは似て非なる日銀流の景気判断の示し方」



5月21日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第7回「トレードエッジの計算式」



5月22日(水)
大場紀章さん (エネルギーアナリスト)
「専門家の目~コモディティをとりまく環境」



5月23日(木)
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
「専門家の目~世界の金の動き」

 

5月24日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

今週の予定(5月13日~17日) [今週の放送予定]
2019.05/12 辻留奈 記事URL
こんにちは、辻留奈です。


4月の商品概況です。
イースターや10連休を前に取引の手控えがあり、
取引量は7万枚に届かない水準とかなり少なかったということです。

そんななかで目立ったのが、ゴムTSR20の受け渡しで
これまでの11倍あり、重量ベースでもRSSを超えたということです。

TOCOMの代表商品であるドバイ原油相場は、49000円水準まで上昇する展開になりました。
OPECやロシアが増産か?という話がでるも、
イランやベネズエラの制裁からくる供給不安で
昨年11月中旬以来の高値を更新しています。
前月と比べて、2%程度取引が増えたということでした。


===Podcastで復習できます===
☆WTI原油はまだ上値余地がある? →5月9日エミン・ユルマズさんの出演
☆新興国中銀の金購入がゴールドの下値を支える? →5月8日亀井幸一郎さんの出演
=================


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

5月13日(月)
野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)
「リスク重なる今を政局ベースで考える」

 

 

5月14日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期
第6回「トレードエッジ入門」

 

 

5月15日(水)
柴田明夫さん (株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

 

 

5月16日(木)
近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

 

 

5月17日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


 ーーーーーーーーーーーーーーーー

 全8ページ中2 ページ   前の10件 1 [2] 3 4 5 6 7 8 次の10件