世界通貨安戦争?!NZも0.5%利下げ決定 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.08/07 大橋ひろこ 記事URL

世界通貨安競争の様相を呈してきました。今日8月7日、RBNZ(NZの中央銀行)は政策金利を0.5%引き下げ1%とすることを決定しました。事前の市場予想が0・25%の引き下げでしたので、その倍となる0.5%の利下げはサプライズ。7月31日、FRBは昨年までの利上げサイクルからの政策転換となる0.25%の利下げを決定。米国のFF金利は2.0~2.25%へと引き下げられましたが、NZは今日の会合後の声明で追加利下げを示唆。マイナス金利も辞さない姿勢を示しました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス シニアアナリスト
石川久美子氏をお迎えしお話を伺いました。

豪州も6月のRBA(豪州の中央銀行)会合で3年ぶりの利下げに踏み切っており、
政策金利は1%です。

欧州も6月のECB理事会でフォワードガイダンスを変更、
現在すでにマイナス金利ですが、
9月にも更なる利下げ(マイナス金利の深堀り)がある見込み。

マレーシアやフィリピン、チリなどもこの5~6月に利下げを実施していますが
7月には韓国も3年ぶりの利下げに踏み切りました。

世界が自国通貨安誘導に動いているのです。

また8月5日、上海市場でドル人民元相場が1ドル7元の節目を突破する
元安が進行したことを受けて、トランプ大統領は中国が為替操作をしていると非難、
8月6日には中国を為替操作国に認定しています。


さて日銀はこの一連の流れの中で動きがありませんが、、、
(すでにマイナス金利を導入しており、これ以上カードがないとも)
円高を警戒する声が高まってきました。

石川さんは、現在、長期金利ゼロ近傍(±0.2%)に固定するとした
イールドカーブコントロール政策の許容幅の拡大(±0.3%?!)するなど
今後考えられる日銀の金融政策について解説くださった他、
米国の今後の金融政策についてもお話くださいました。

7月のFOMCで利下げを決定しましたが、パウエルFRB議長は
「これが緩和サイクルの始まりではない」と継続利下げを否定する発言を
したのですが、その直後から米国株が大きな調整を強いられており
現在、金利先物市場の9月の利下げ織り込みが急速に進んでいます。

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信をお聞きください。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

TOCOM濵田氏に聞く「世界経済と金、原油」 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.07/17 大橋ひろこ 記事URL
米中貿易摩擦の影響がジワリ世界経済に波及する中、米国の主要株価指数は軒並み史上最高値を更新。労働市場も堅調ですがFRBは7月のFOMCで「予防的利下げ」に踏み切るとみられています。日本経済は秋からの消費増税を前に株価も冴えない展開が続いていますが、市場で話題となっているMMT理論とは?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は予定を変更し東京商品取引所 代表執行役社長 濵田 隆道氏に「どうなる世界経済と金・原油」をテーマにお話を伺いました。



現代貨幣理論(現代金融理論)と訳されるMMT。
自国通貨の発行権を持つ政府が財政破綻することはないとして
財政赤字は脅威ではないとする理論ですが、
なぜいま日本で議論が活発化しているのでしょうか。

利下げという緩和カードがある米国と違って
日銀の金融緩和策に期待できるカードはほとんど残されていません。

金融ではなく、財政拡大によって景気を下支えしなくてはならない時が来るのでしょうか。
濵田氏に解説いただいています。

また、金利が付かない資産であるゴールドは、米国の利下げによって
そのデメリットが薄れると考えられますが、
ゴールドは6月に急騰し、長かったレンジ相場の上限をブレイクしましたが、
原油価格は上値が重い展開が続いています。


OPECプラスは減産延長で合意しましたが、
米シェール増産が減産効果を打ち消しているだけでなく
米中貿易摩擦の影響で世界のエネルギー需要が鈍化することも懸念されています。

ここからのゴールド、原油の見通しもお伺いしました。

何故中東産原油がWTI原油価格より高い状態が続いているのか、などなど
詳しくは濵田氏の解説をお聞きください。

Spotifyでのオンデマンド放送はこちらから
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

アストロロジー・テクニカルから読む日経平均とゴールド [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.07/11 大橋ひろこ 記事URL

アストロロジー・サイクル論の第一人者レイモンド・メリマン氏の2019年フォーキャスト、上半期を振り返り下半期を予測いただく時期となりました。コメンテーターの投資日報社の林知久氏にメリマン氏独占インタビューを受けて解説をいただいています。特別番組「メリマン・スペシャル~2019年後半を読む!のポイント」は7月15日12:00オンエア。スペシャルコンテンツ「「メリマン・スペシャル~2019年後半を読む!」CD、音声ダウンロード版は2019年7月23日(火)発売!です!


林氏は、メリマン氏の下半期展望と、投資日報社で今春から発売開始したギャン理論からマーケットを展望する「中原駿レポート」が、非常に似ているとし、どちらも日経平均の夏に向けての上昇と、これが最終局面であるという点が合致していることを指摘されています。興味がある方は是非。


さて、メリマン氏、中原氏共に足下の日経平均株価は強気見通しですが、
林氏は、テクニカル分析からも強気が裏付けられるとしています。

4月以降、日経平均には大小含め「窓(ギャップ)」が散見されますが
目立ったものだと7回もの窓が確認できます。
最も重要なものは5月31日の安値と翌週6月3日の高値との間で出現した
ギャップダウン(20,438~20,581)
6月4日の高値と5日の安値との間で出現した
ギャップアップ(20,464~20,646)。

特に6月4日の安値は「アイランド・リバーサル・ボトム」と呼ばれる
チャートパターンになっており、加えて、6月4日の安値は逆三尊の頭で
あった可能性が高いことから、強気のチャートパターンであると解説くださいました。

現在は5月7~8日の相場で生じた21,639~21,875円の窓と
6月最終週から7月第一週にかけて生じた21,338~21,559の窓の間で
もみ合っていますが、上放れる公算が高いとご覧になっています。
21,000~21,500円付近にある2本のネックラインがサポートです。


そしてゴールド。


6月に引け値ベースで1,400㌦を超え長期レンジ上限を上方ブレイク。
NY金相場は2015年12月の安値を中心に、前後30カ月程度の日柄で
構成されたなべ底型の底打ちを完成。
このパターンで底入れした場合、中心となる安値を軸に
左右対称の相場展開になる事が多く、
2011年9月から2013年6月までの下げ相場の逆パターンになる可能性がある
と林氏。となると年内は少なく見積もっても1,500㌦~1,600㌦、
最大で1,700~1,900㌦まで上昇する可能性があるそうです。


しかしながら日足で見ると6月25日の1442㌦と7月3日の1,441㌦で
ダブルトップにも見え、買いにくい高値であることも確か。
林氏は現在が水星逆行中であることは見逃す事が出来ないとし
この期間に起こりうる事象について詳しく解説くださいました。

スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

日本エネルギー経済研究所・小山氏に聞く原油相場 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.06/27 大橋ひろこ 記事URL

米国の利下げ期待の高まりから、米国株市場は史上最高値圏へと上昇、ゴールドは長いこと1350~1370ドルが上値抵抗となっていましたが、これを突破すると1400ドル台へと水準を大きく切り上げました。典型的な金融相場の様相を呈していますが、原油相場の値動きは抑制的。米株との相関性も低下しています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は日本エネルギー経済研究所 主席研究員 小山堅氏をお迎えし原油相場を取り巻く材料とここからの展望を伺いました。


原油相場、足元では金融相場との相関が薄れている背景には、
米中貿易摩擦から中国はじめ世界の景気後退リスクが懸念され始めていることで
エネルギー需要の伸びが下方修正されていることが影響しています。


米シェール革命で、米企業が社債を発行し資金調達を行って原油・ガスの生産を
行うようになってから、金融要因が原油市場にも色濃く反映するようになっていますが、
そうはいっても原油はコモディティ。需要がないのに生産が過剰となれば
需給が緩み価格は下落していきます。


ただし、足元原油の需給はバランスしており、価格に及ぼす影響は大きくありません。
あくまで、米中貿易摩擦の影響から中国の購買力が低下する「リスク」を
先に織り込み始めたようです。
その意味では週末の大阪G20での米中首脳会談はエネルギー関係者からの
注目度も高いのだとか。

OPECプラスの定例総会が6月25日から7月1~2日に変更になったのも
G20での米中トップ会談を受けてから考えたいとの思惑があるのでは、と小山氏。


また、トランプ大統領はイラン攻撃を10分前に中止したことを明らかにしていますが
米国とイランとの対立、緊張の高まりが今後原油市場に及ぼす影響は?!


地政学リスクの考え方、そしてその後の原油価格動向、、、。
小山氏に詳しく伺っています。
スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

FOMC直前、金と原油の相場展望 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.06/19 大橋ひろこ 記事URL


今夜の6月FOMCではどのようなスタンスが示されるでしょうか。

さすがに今回の利下げは市場に織り込まれていませんが、2018年末時点では2019年3回の利上げが見通されていたことを考えれば、現状の市場の利下げ期待は異常事態。FRBの政策転換はマーケットに大きなインパクトとなります。ドル安となれば株式、コモディティ市況にはプラスとなりますが、これはあくまで教科書的な見方であり、それほどまでに景気が悪いのか、と市場に嫌気されリスク資産が大きく下落するリスクがないとは言えないのです。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主任研究員 芥田知至氏をお迎えし
コモディティ市況のここからを展望いただきました。

まずは今夜のFOMC。

金融要因による金利、ドルの動向が国際商品の価格動向を大きく動かします。
教科書的には
金利低下、ドル安ならコモディティ高。
金利上昇、ドル高ならコモディティ安。



金価格は市場の利下げ期待を織り込み、6月14日には1,350ドルを上回り、
2018年4月以来の高値をつける局面もありました。


また、米中貿易交渉の不透明感や中東の緊張の高まりも金市場にとっては
下支え要因です。地政学リスクによる投機筋の金買いは一時的なボラ上昇を促し
直ぐに鎮静化する傾向が強いのですが、水面下で進められる新興国中央銀行の
金買いは長いトレンドとなっています。


新興国は米国による制裁リスクを伴うため、ドル資産の圧縮を進めているとみられ
米国債などのドル資産が粛々と金などの別資産にシフトする動きが確認されています。

ここからの展望を芥田さんに伺いました。

また、4月下旬をピークに下落傾向で推移していた原油相場は、
下げ止まったようには見えるもの上値が重く、底這いに近い状態。


来週25日がOPEC定例総会の予定でしたが
どうやら7月10~12日頃の開催に延期されたようです。

しかし、現時点ですでにサウジが産油国による協調減産の継続に向けた
動きが進んでいると示唆しており、非OPECとの協調減産継続が
下値を支えていくものと思われます。


5月にはUAEのフジャイラ沖でのサウジの石油タンカー等への攻撃や、
サウジの石油パイプラインに対するドローンによる攻撃、
6月13日にもオマーン湾で日本籍タンカーなど2隻が攻撃されるなど、
中東の地政学リスクの高まりも、原油相場の押し上げ要因。
足下では高水準の原油在庫が原油市況の上値を重くしていますが
米国は、ガソリンの需要期に入りつつあります。
ガソリン在庫は低水準で推移しているため、需要期によって需要が伸びるここから
原油から製品への精製活動が活発になり、高水準にある原油在庫が
減少に転じる可能性が期待されています。

ここからの見通しは?!
スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

米国利下げ織り込み進行~英国ブレグジットとポンド [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.06/12 大橋ひろこ 記事URL

2019年も中間地点。上半期は米中貿易問題に振り回されたマーケットですが6月下旬の大阪G20で歩み寄りは見られるでしょうか。昨年末時点で、米国の金融政策は2019年3回の利上げ見通しでしたが、足元では利上げどころか年内3回の利下げを織り込む催促相場の様相を呈しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

金利先物市場では年内3回、来年1回と4回の利下げを織り込んでおり
米長期金利は2.1%をも割り込むレベルまで低下する局面も。


以前からトランプ大統領からの利下げ圧力はありましたが
貿易問題がもたらす景況感の悪化、先行き不透明感から
FRBは年内いずれかの時点で利下げに転じるだろうというのが市場のコンセンサス。

来週の6月の利下げはさすがに織り込みは低いのですが
7月FOMCで70%程度、9月になると90%を超える利下げ織り込みとなっています。

しかしながら、ドルは意外と底堅い。
利下げ期待が株式市場を支えることで、特にドル円相場は
株高を好感した円安に動くため動きにくい相場展開となっていると石川さん。

また、ECBは6月理事会でコンセンサス通り金利据え置きも
金利のフォワードガイダンス変更。
利上げ見通しをこれまでの2019年末から2020年上半期まで延長しました。


またRBA豪州準備銀行も3年ぶりに利下げに踏み切るなど
世界は再び緩和方向へ転換し始めたようです。

ここからの主要通貨の見通しは?!
石川さんに詳しく解説いただいています。


また、ブレグジットに揺れる英国についてもお話いただきました。
7月22日には新党首選出となりますが、
もっとも人気がボリス・ジョンソン氏。
合意なき離脱も辞さない強硬派ですが、党首選の行方は
ポンド相場にどのような影響を及ぼすでしょうか。

スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

地政学リスクと原油市況、なぜボラティリティは上昇しないのか [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.05/22 大橋ひろこ 記事URL

4月23日、WTI原油価格は66ドル台の高値をつけましたが、トランプ大統領がOPECに増産要請したことを明らかにしたことで、原油価格はトップアウト。しかし、5月12日サウジの石油タンカーがUAE沖で水中ドローンにより撃され、破壊工作を受けたことや、14日、サウジアラビアの石油パイプラインのポンプ施設2カ所がドローンによる攻撃を受けたことなどから原油価格は反発となりました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏をお迎えし
原油価格の現状と今後の見通しを伺いました。


米当局者は、サウジの石油タンカーが攻撃を受けた事件について、
イラン軍が直接関与したというより、イランに同調する、
あるいは支援を受けている勢力であるイエメンのイスラム教
シーア派武装組織「フーシ派」によるものである可能性を指摘しています。


米国は原子力空母を中心とする空母打撃群を中東地域に派遣しており、
中東の紛争リスクの高まりが原油価格を下支えしていますが、
足下では原油価格が再び軟化しています。


こうした地政学リスクによる原油価格高騰の懸念は大きくないのでしょうか。

大場さんは、ホルムズ海峡の代替ルートが狙われていることで
広範囲の攻撃に備えよという警告の意味もあるとし、
決して小さくないニュースだが、原油市場のボラティリティは
昨年米国株式市場が急落した際に一緒に売り込まれた時と比較しても
あまり大きくないことについて、ドローン攻撃は報道されていないものを
含めると年間140件にも上っておりイエメン フーシ派によるテロが
常態化していることに、マーケットの感応度が鈍くなっている可能性があると指摘しています。


今後は頻発するタンカー被害で海運業者の保険料が引き上げられる
リスクがあるため、これが実現すれば再度原油価格が上昇する可能性もあると解説くださいました。

しかしながらIMFやOECDなどが貿易摩擦などの影響で世界景気が減退すると見通しを出しており、
エネルギー需要増による原油市場のタイト化への懸念はありません。

世界原油在庫は積み上がる傾向にあり、
原油の需給としては価格は下落しても不思議はないのですが、
足下の地政学リスクやトランプ政権によるイランやベネズエラへの制裁も
原油価格を下支えしていますが、

上振れリスクと下振れリスクが高まる中、
ボラが低下してしまっている現状をどのように考えればいいでしょうか。

大場さんに解説いただいています。

詳しくはポッドキャスト配信で大場さんの解説をお聞きくださいね。

エミン・ユルマズ氏に聞く米株と原油相場のここから [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.05/09 大橋ひろこ 記事URL

番組ON AIR1時間ほど前、北朝鮮が飛翔体を発射したとの報道。5月に入って2度目です。今週は米中貿易交渉が注目されていましたが、前日米国が正式に中国の2000億ドル分の輸入品の10%の関税を25%に引き上げることを正式に通知。1~4月まで大きく上昇してきた株式市場が不安定化しています。米国によるイランへの経済制裁に対しイランはホルムズ海峡封鎖をちらつかせ、米国は空母を派遣・・・・などなど世界がきな臭くなってきました。リスクテイク相場は終焉してしまったのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は複眼経済塾 塾頭 エコノミスト エミン・ユルマズ氏をお迎えし
世界経済とマーケット、原油市況などについてお話を伺いました。

この1月から4月、米国株S&P500は18%もの上昇をみせました。
これは過去20年のベストパフォーマンス!
さすがに4か月の上昇トレンドも一服のようです。

昨年10月から12月にかけては米国債券利回りの逆イールドなども警戒され
リセッションへの警戒がでてきたことから、米株のトップアウトが指摘され続けていましたが、
いよいよリーマンショックからの好景気相場に終止符が打たれるのでしょうか。


エミン氏は、4か月で18%もの上昇を見せた米株は一服するものの
秋口くらいまでのボックス相場をこなせば、まだ強気が続くと指摘。
何故なら「原油高」は終焉していない、とのことですが、
確かに米シェール革命以降、米国株と原油相場の相関性は強いですね。

トランプ大統領は産油国に対し増産を要請。原油高をけん制していますが、
原油価格は大きな下落にはつながっていません。

EIAは今年の原油価格予想をWTI62.8ドル、ブレントを69.6ドルと予想。
エミン氏はWTI70ドルくらいの上昇は想定内だと解説くださいました。


米中貿易戦争で景気が冷え込めば原油の需要が冷え込むとの予想もありますが
供給サイドのリスクプレミアムが大きいことも原油の下値を支えています。

イラン、ベネズエラ、、、、
そして米国から年間10兆円もの武器購入を約束した
サウジアラビアの台所事情などなど、エミン氏に解説いただいています。

原油価格と米株、そして新興国投資のポイントなどなど
詳しくはポッドキャスト配信でエミン氏の解説をお聞きくださいね。

高槻氏に聞く「大坂堂島米市場」発祥の経緯と制度 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.04/18 大橋ひろこ 記事URL

先物取引の発祥の地は、日本の大阪堂島であるとされていますが、なぜ、大阪だったのでしょう。そして、なぜ米が取引されるようになったのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
神戸大学経済経営研究所 准教授 高槻泰郎氏をお迎えし堂島で生まれた先物取引とその取引制度についてお話を伺いました。


江戸時代の諸大名は年貢を米で徴収し、現金に換えていましたが
米そのものを動かすには労力も必要ですし、米の保管場所も必要です。

年貢米代金は手形を発行することで簡素化されるようになっていくと
そこに米がなくても手形が売買されるようになっていきます。
幕府は米価格を吊り上げるとして手形を禁じるのですが
市場は諸大名が資金調達を行う金融市場として大きくなっていきました。


当時、米の需給状況によって売りたい時に売れないことを手狭(対義語:手広)と
呼んだそうですが、手形と現金の交換に限定すると取引相手が限られる手狭が起きる、
として、売りと買いの約束を結ぶことで相殺させる帳合米市場へと発展していきます。
帳簿だけで売りと買いを突き合わせるため帳簿米取引、これが先物取引の発祥です。


幕府は、当初、こうした「不実の米商い」を博打に近いとして禁じていたのですが、
享保期に温暖な気候が続き、米が余剰となり米価が低迷、
大名の歳入が目減りすると不実のコメ商売の緩和に動いていきます。
米価を望ましい水準に調整する手段として市場が位置付けられたといえましょう。

今回、高槻さんの本を手にしてとても驚いたのが大阪堂島で発祥したこの先物取引は、
商品先物取引ではない、という記述です。
この帳合米取引は「現受けを想定していない」取引でした。
それは商品の取引ではなく、現在でいう日経225先物など
株価指数先物に近いものだったとか。

高槻さんは、2018年に上梓された「大阪堂島米市場」の中で、
繁栄を極めた米市場の形成の過程を事細かに書かれています。


詳しくはポッドキャスト配信で高槻さんのお話を聞いてくださいね。

水星逆行とゴールド、金/銀異市場間ダイバージェンス [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019.04/11 大橋ひろこ 記事URL

金相場は2月20日に年初来高値を更新しましたが、連動性の高いNY銀は年初来高値を更新する事が出来ず、チャートパターンにおける「異市場間弱気ダイバージェンス」が発生。この後、金も銀も急落しNY金は3月7日の1,280.80ドルで年初来安値を示現。これは水星逆行開始日の翌日でした。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日は投資日報社 林知久氏をお迎えしサイクル、アストロロジー
テクニカルから金相場を展望いただきました。

水星逆行期は、「一本調子」「ジグザグ乱高下」「中間点付近で反転」の
3パターンに大別されますが、今回の水星逆行は「一本調子」パターン。
逆行は3月28日に終了しますが、金は3月25日、銀は3月21日に
月間高値を記録しています。そしてここでも「異市場間弱気ダイバージェンス」が発生し、
相場は4月4日まで下落となりました。



しかし、この4月安値で今度は「異市場間強気ダイバージェンス」が発生し
銀は14.86㌦を記録して3月7日の安値(14.985㌦)を割り込み、
年初来安値を更新したのですが金は1,284.90㌦までしか下がらず、
年初来安値を更新していません。



林さんは「これは重要な買いシグナル」であると指摘します。

日足における両相場のチャートパターンは三角保合ですが
金が1月24日の安値1,275.30㌦から安値が切り上がり、
高値が2月、3月と切り下がっているのに対し、
銀相場は高値が2月、3月と切り下がっているのは金と同じでも



安値は1月、3月、4月と切り下がっている状態です。
これは「ウェッジパターン」と呼ばれる線形で、
しばしば相場が急反発する前兆として知られています。



両相場とも現在保合いの上限に迫っていますが、
これを明確に上抜けた場合、金は来週にかけて
1,350㌦付近まで上昇する可能性が。

この上昇見通しをサポートしているのがアストロロジー要因だと林さん。
現在「ヘリオ射手座ファクター」という時間帯に入っており
金とユーロの急変動の特異日です。



ここ最近では昨年10月の急上昇、
今年の1月の急落はこのファクターの影響下にあったとか。
今回のヘリオ射手座ファクターが始まったのは4月4日。



まさに今回金と銀との間で異市場間強気ダイバージェンスが発生した当日で
相場はここから上昇しています。



このファクターは14日に終了しますので
今週末から来週頭のあたりまで上昇が続く可能性があるということに。



そこから一旦反落する可能性はありますが
4月4日の安値を割り込まない限り、金相場は押し目買いスタンス。




林さんには原油相場についても伺っています。

詳しくはポッドキャスト配信やラジフリーで林さんの解説をお聞きくださいね。

 

 全40ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 次の10件