節目となった6月FOMCとゴールド [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018.06/14 大橋ひろこ 記事URL

節目のFOMCと金価格

6月FOMCでは、予想通り 0.25%の政策金利の引き上げが発表されました。金利水準はこれで 1.75~2.00%となります。声明文では物価上昇や景気の回復、利上げの継続を前提にしたものになり、総じてタカ派的な会合とされていますが、ドル金利上昇、ドル高は継続せず。過去6回の利上げのうち4回で、利上げ後、材料出尽くしからドル売りが優勢となり、ゴールドが上昇するという転換点となったのですが、、、。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は金融貴金属アナリスト亀井幸一郎氏にお話を伺いました。


市場が注目していたのは、年内の利上げ回数。3 月時点の計 3 回から 4 回に
引き上げられました。しかし、よくよく中身を精査してみると年内の追加利上げを
後 1 回とみるメンバーが 5 人、ゼロ回と回答したメンバーも 2 名も存在していました。


3 月時点で年内に3 回を予想していた参加者のうち 1 名が 4 回に変更したことで、
中央値が 4 回に移動したもので、利上げに対し金市場が予想したほどには
前のめりになっていなかったと、亀井さんは解説くださいました。


声明文では、「当面、政策金利は長期的均衡水準を下回る」との文言が削除されましたが、
当面の政策方針を示す「フォワード・ガイダンス」と呼ばれる部分です。
ここまで 9 年に渡る景気拡大を受け、いわばFRBがこれまでの危機対応の終息を宣言
したものだとして、亀井さんは「節目のFOMCとなった」とお話くださいました。


結果に対する金市場の反応は、穏やかなものでした。
声明文発表後に 1300 ドル割れに売り込まれたものの、その後、議長の記者会見の時間帯に
1300 ドル台を回復して安定的に推移しました。

なぜゴールド価格は下げ渋っているのか?!

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

----------------------
6月30日(土)東京・品川で年に1度の"金(ゴールド)の祭典"、「ゴールドフェスティバル2018」が開催されます!

この番組でもお馴染みの池水雄一さん・亀井幸一郎さんによる金投資・金価格に関する講演をはじめ、
早稲田大学大学院教授・岩村充さんに仮想通貨の未来を語っていただきます。


その他、ゴールドバー・金貨の展示や体験型イベントなど盛りだくさんでお届けします。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)(定員になり次第締切)。

山澤氏に聞く「日銀金融政策の評価と今後の課題」 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018.06/07 大橋ひろこ 記事URL

4月より日銀の第2期黒田体制がスタート。米国や欧州が出口に向かう中で日本だけが異次元緩和を継続しています。新体制を黒田2.0と定義した時、ここからの課題はなんでしょうか。そして2013年から「超円高と資産デフレ」解消を目的に実施されてきた異次元の金融緩和、黒田1.0の評価とは?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は日銀で要職を歴任されました
東京商品取引所 社外取締役 山澤光太郎氏をお迎えし
日銀金融政策の評価と今後の課題をお伺いしました。


為替市場ドル円相場は80円高から2015年には125円台までの円安ドル高を示現。
日経平均も24000円台までの大きな上昇を見せています。



円高是正と株価上昇は評価できるものの、インフレ目標2%の達成時期が
見えてきません。山澤氏はこれだけ景気がいいのに世界的に物価が上昇しない
ことは世界的に「謎(コナンドラム)」と受け止められているとしながらも、
需要不足ということではなく、構造的問題が潜んでいるとお話くださいました。

グローバリゼーションによるアウトソーシング、
デジタル化によるコスト削減、
女性、高齢者など賃金単価が高くない雇用の拡大などを指摘されています。


また、番組では出口論を封印しつづけている日銀の金融政策の副作用や
出口戦略の時期などの課題についても伺っています。


この金融政策はコモディティ市場にはどのような影響があるでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で山澤さんのお話をお聞きくださいね。

----------------------
6月30日(土)東京・品川で年に1度の"金(ゴールド)の祭典"、「ゴールドフェスティバル2018」が開催されます!

この番組でもお馴染みの池水雄一さん・亀井幸一郎さんによる金投資・金価格に関する講演をはじめ、
早稲田大学大学院教授・岩村充さんに仮想通貨の未来を語っていただきます。


その他、ゴールドバー・金貨の展示や体験型イベントなど盛りだくさんでお届けします。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)(定員になり次第締切)。

米金利上昇、米ドル高は続くのか~カナダドルにも注目 [大橋ひろこコラム]
2018.05/02 大橋ひろこ 記事URL

ドル円相場は119.80円台へと上昇してきました。GWなど日本の大型連休の時などは、為替市場の流動性が低下することなどから、投機筋による仕掛け的な円買いリスクが高まる印象が強いのですが、今回は閑散に売りなし、でしょうか。ドル円相場はしっかりと下値を切り上げています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか。大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス 石川久美子さんに
為替市場の動向と今後の展望を伺いました。


ドル円相場が強いというよりは、米ドルが強い相場。
米長期金利は3%大台達成後、若干緩んでいるとはいえ
2.9%台で高止まり中です。


石川さんは米3月PCEデフレーターが前年比+2.0%となり、
2月の+1.7%(修正値)から上昇したことで、年内の今後の利上げ回数が
3回から4回へになるのではないかという思惑が広がっていることを指摘。

また、米中貿易摩擦やシリア、北朝鮮問題など年明けからクローズアップされてきた
マーケットのリスク要因が軒並み鎮静化していることも挙げられます。
ただし、米朝首脳会談が本当に平和裏に実現するのか、また通商問題においても
まだ結論が出ているワケではなく、いつリスクとして噴出するかわかりません。

今夜はFOMCですが、週末には雇用統計も。
ここからも米ドルは上がり続けるでしょうか。ポイントを石川さんに伺いました。


また、石川さんのここからの注目通貨はカナダドル。
ひょっとしたら利上げが最も近い通貨かもしれません。
カナダドル注目の背景とリスクについて、ぜひオンデマンド放送で石川さんの
解説をおききくださいね。

水星逆行後のシャドー抜けとは?!ドル円、金相場のアストロロジー分析 [大橋ひろこコラム]
2018.04/26 大橋ひろこ 記事URL

2018年、NY金価格が年初来高値を示現したのが1月。1365ドルまで上昇しましたが26日から急落となり、3月1日には1303ドルまで大きく下落しました。その後NY金価格は、レンジ相場を形成していますが、円建ての金価格はドル建てゴールドが下げ止まってもなお下げ続けました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は投資日報社 林知久氏にサイクルとアストロロジーから
ドル円相場と金相場の今後を展望いただきました。

林さんには1月25日に番組にご出演いただき、ゴールドはテクニカルと
アストロロジーの観点からいったん修正場面に入る可能性を指摘いただいていましたが、
実際その通りになりました。ではここから先の、ゴールドはどうでしょう?!


東京金の今後展望する際にはドル円相場の動向を分析しなくてはなりません。
年初ドル/円相場は1㌦=113円付近でにありましたが3月23~26日にかけて
104円60銭付近まで下落しました。しかし、現在は円安に転換し、109円台へど上昇しています。
これに反応して東京ゴールドスポットも現時点で最大235円戻っているのです。

林さんは、ドル/円相場が104円台から円安基調に変わった3月23日が
水星が逆行を開始した時間帯であったことを指摘。水星逆行中は乱高下し相場の
方向感が定まらない期間ですが、実際にこの時からドル円相場は下げ止まり、
日替わりで上昇下落を繰り返すことに。


水星逆行期間の中間点も重要ですが、今回中間点となった4月2日からドル円相場は急反発。
さらに、逆行終了となった4月15日からドル円は上昇を加速させており、
まさに、水星逆行に支配された値動きが確認されました。

次の注目点は「シャドウ抜け」という時間帯。今回は5月2~3日に該当します。
過去事例として林さんには2016年8~9月に発生した水星逆行からシャドウ抜けまでの
NY金価格の推移を解説いただきましたが、簡潔にまとめると
シャドウ抜けのタイミングから相場が反転する可能性を秘めている、というのがポイントで
ドル円相場の足下の円安も5月2~3日まで、ということになるかもしれません。

そしてNY金ですが、テクニカル的にはアセンディングトライアングルを形成中。
林さんには、サイクルから今後の展望を伺っています。

詳しくはオンデマンド放送で林さんの解説をお聞きくださいね。

三井智映子氏に伺う株式相場展望と今後の見通し [大橋ひろこコラム]
2018.04/19 大橋ひろこ 記事URL

日米首脳会談ではトランプ米大統領から、米朝首脳会談で北朝鮮による日本人拉致問題を取り上げるとの言質をとれことや、次期米国務長官のポンペオ氏が北朝鮮で金正恩と数週間前に会談していたことなどから、米朝対話が進んでいることを好感し日経平均は5日続伸と堅調。

貿易交渉では鉄・アルミニウムの輸入制限は当面、日本を対象から除外しない考えが示された他、米国はTPPに戻ることはないと交渉の難しさが懸念されたものの、ドル円相場は107円台で値固めの様相、無難に乗り切ったように見えます。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はフィスコ マーケットレポーター三井智映子さんをお迎えし
今後の株式相場の展望を伺いました。

三井さんは、株式市場の循環パターンとして、
金融相場→業績相場→逆金融相場(引き締め入り)→業績縮小相場という
サイクルの中で日本市場は未だ金融相場にあり、まだトップアウトしていない、と指摘。


米国の金融政策は2015年12月の最初の利上げから断続的に利上げを実施、
バランスシート圧縮にも着手しており金融相場は終焉、
現在は米国企業の業績を材料に株が上昇する業績相場にはいっています。
米国、欧州が出口に向かう中、日銀の出口を催促する気運が持ち上がると、
黒田総裁は時期尚早と否定し続けています。



日銀の金融緩和策は長期化の様相を呈していることから、
三井さんは政治要因などのリスクが払しょくされれば、
日本株の上値が軽くなると解説くださいました。


中間選挙を控えた米トランプ政権と米国市場、そしてドル円相場。
三井さんにこの先の展望を解説いただいています。
詳しくはオンデマンド放送で、三井さんの解説をお聞きくださいね。


2018年新年度からのコモディティ市況 [大橋ひろこコラム]
2018.03/15 大橋ひろこ 記事URL

本日のマーケット・トレンドゲストのマーケット・リスク・アドバイザリー新村直弘氏の新著が2月発売となりました!

「調達・購買・財務担当者のための 原材料の市場分析入門~新村直弘著」
「調達・購買・財務担当者のための 原材料のリスクマネジメント~大崎将行著」

どんな内容なのかは番組内でも新村さんにご案内いただいています。

今回は番組をお聞きの皆様の中から抽選で3名様に2冊セットでプレゼント!!
どしどしご応募くださいね。

応募はこちらから→https://ssl.radionikkei.jp/event/trend-present201803.html
3月25日日曜日締め切りです。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケット・リスク・アドバイザリー代表取締役 
新村直弘氏に新年度からのコモディティ市況を伺いました。

新村氏は4~6月期のリスクに言及。
年明けは世界景気の拡大基調に合わせて商品価格の上昇も見られたのですが、
やや鈍化の兆しが・・・・。

実質GDPの先行指標である製造業PMIは欧州、日本、中国で減速が始まっています。
金融システムの正常化や住宅バブルを抑制する方針に舵が切られていることも影響しているとみられますが、特に中国の減速が鮮明。

現在開催中の全人代で、中国全人代、国家主席の任期撤廃の改憲案を可決されました。
習近平の永久国家主席がほぼ可能な体制になる中で
習近平氏は、バブルが大きく弾ける前に抑制に動くことも想定されます。

例年、全人代前後で政策が動くと新村氏。

そろそろ鉱物資源価格には下押し圧力が掛かる可能性が高いと推測されるとか。
アルミなどは上海の在庫が80万トンと、例年の2倍に達しています。
過剰供給能力の削減を進める一方、輸出入に大きな変化がないことを勘案すると、
やはり中国の国内需要は鈍化していると考えらます。

また、原油に関してはここから冬の暖房需要と夏のガソリン需要の
端境期に入ります。不需要期の価格の低迷は例年のサイクル。

また、米シェール企業による増産圧力も上値を抑えると思われます。
米シェール企業が「採算の取れるレベル」まで原油価格が上昇してから
概ね6ヵ月程度の時間差を以って増産が始まっているそうです。

4月は前月比+13.1万バレルの増産が見込まれていますが
恐らく5・6月も増産となると予想されています。


ただ、経済クラッシュ発生を前提としなければ、
特にインドなどは人口ボーナス期に入る2021年に向けて
構造的な成長が予想されることや世界経済の構造的な拡大から
世界の原油需要は拡大基調にあることから、
春先に調整した後に商品価格が再び上昇する、と新村氏。

リスクシナリオとしては、ひとつに金融要因。

FRBの利上げペースは重要です。現在3月の利上げは確実で、
年末までのFOMCのスケジュールを考えると6月にも利上げが起きる可能性も。
名目金利の上昇を通じて実質金利が上昇し、多くのインフレ資産価格に
下押し圧力をかけることも想定されます。

またトランプ政権の政策も大きなリスクですね。
特に保護貿易政策はモノのフローを停滞させ、景気にマイナスになります。

また、穏健派のティラーソン国務長官を解任し、強硬派のポンペオ氏を後任に指名。
地政学的リスクも懸念材料です。

金融要因からは利上げがあるため金銀の基準価格は低下の可能性がありますが
地政学的リスクの高まりで金銀価格は・・・?!

詳しくはオンデマンド放送で新村氏の解説をお聞きくださいね。

ドイツSPD党員投票&イタリア総選挙~ユーロ下落リスク?! [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018.03/01 大橋ひろこ 記事URL

今日から3月入り。2018年年明け、ドル円相場は113円台にありましたがこの2か月で105円台まで円高ドル安が進行。1月は日銀が公開市場操作で国債の買い入れ額を減額。これで一気に日銀の出口論に火が付き円高圧力が膨らみます。その後、米国財務長官のムニューシン氏が、のちに修正発言を行ったものの短期的にはドル安が好ましいと発言したことで、ドル安が加速。トランプ政権の通商問題がドル安を招くとのコンセンサスでドル安が進み、たった2か月で8円近くもドル円相場は下落してしまいました。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はソニーフィナンシャルホールディングス 為替アナリスト 石川久美子氏に
為替市場の動向、今回は特に週末の欧州イベントリスクについて伺いました。


3月4日はドイツで、SPD社会民主党が党員に対し連立を承認するかどうかを問う党員投票が。
同日、イタリアでは総選挙が実施されます。

昨年9月、ドイツ総選挙でメルケル首相率いるキリスト教民主同盟・社会同盟(CDU・CSU)が
勝利を収めたものの、過半数は取れず。これまでは最大野党である社会民主党(SPD)と
大連立を組んでいたのですが、今期、SPDが連立を拒否。
CDU・CSUは他の小政党と連立交渉の道を模索するも交渉はまとまらず、
やはり、SPDと連立を組むということで2月7日、両党が合意しています。

しかし、連立手続きはまだ残されています。
SPDは党員に対して連立を承認するかどうかを問う投票を実施しなくてはならないのですが
この党員投票が今週末4日に実施されるということですね。
承認されれば正式に連立成立ですが、否決されたらこの連立も失敗に終わり、
再選挙実施とのシナリオも出てきます。
ドイツの不安定化は再びEU崩壊論の再燃にも繋がり、
ユーロは大きく売られるリスクとなります。


イタリア総選挙はあまり不安視されていませんが、最新の世論調査では、
どの政党も単独過半数議席獲得が難しそうです。

中道右派連合、ポピュリズム(大衆迎合主義)政党「五つ星運動」、
中道左派の与党・民主党が三つどもえの戦いを続けているのですが、
問題はギリシャの次に債務問題が深刻とされるイタリアにあって
どの政党もばらまき政策を公約に掲げていること・・・。

週明けユーロは下落リスクが否定できません。

IMM通貨先物ポジションではファンド勢のユーロ買い越しが大きいのですが
これが整理されるリスクが出てきています。

足下ではユーロが下落していることがドル反発の一因でしょう。

詳しく石川さんに解説いただいています。
是非オンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

ファンドの原油ロングは史上最高、その背景にある需給 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018.01/31 大橋ひろこ 記事URL

原油価格がまだジリジリと上昇。WTIは66㌦/㌭を挟んだ展開。北海ブレントは70㌦/㌭前後。

世界的株高が生んでいる過剰流動性が大量に原油先物市場へと流れ込んでいるとみられます。大口投機筋の買い越し建玉は連日史上最高数を更新し71万枚へ。昨年9月12日には37万枚程度でしたので4か月余りで約2倍に膨張しています。(1枚=2,000㌭)。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は石油・ガスジャーナル顧問 山内弘史氏にお話を伺いました。

WTI価格と大口投機筋の買い越し玉数はほぼパラレルに変動。投機筋の買いに引っ張られての原油高騰であることを裏付けられています。

ではなぜ投機筋はここまで買いを積み上げているのでしょうか。

①米、世界景気堅調

2017年10~12月期の米GDPは前期比年率換算2.6%増。
うち個人消費は3.8%もの増加となりました。
石油需要は今後も伸び、原油在庫も減少を続けるとした見通しが
投機筋の原油買いを呼び込んでいるものと思われます。

2017年の石油需要は2,012万㌭/日となり、過去最高の
2005年の2,080万㌭に迫る勢いです。


②アラスカよりフロリダ州を含む東海岸の方が20℃も気温が低い大寒波。

異常大寒波が襲った「直近4週(12月最終週~1月第3週)の
米国の石油需要量は2,051万㌭/日。前年比8.1%もの増加です。

中間留分(暖房油とディーゼル)需要は10.1%増,プロパンも同10.1%増。
天然ガス需要も過去最高の需要を記録した2014年1月第1週を上回る
154.7Bcfとなり,19日現在の在庫量は前年比81.6%の超低水準となっています。

寒波・大雪は通常ならばガソリン需要を減少させるのですが、
「直近4週」の同需要は5.4%増加しています。
中間留分需要10.1%増には景気好調を反映した物流の活性化による
ディーゼル需要増もかなりの部分を占めています。

石油需要の大幅増は原油処理量増加につながっており,
「直近4週」1,707万㌭/日,前年比3.0%増。
これが直近のガソリン在庫増につながっているとみられます。

では、ネガティブ要因はないのでしょうか。

原油価格が高ければ米国のシェール生産は増加します。
米国原油生産、1,000万㌭/日超は目前にせまっています。

ここからの見通しは?
詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

***********************

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html




ドル安金高は長期化も短期調整の暗示~サイクル・アストロロジー・テクニカルから見るマーケット展望 [大橋ひろこコラム]
2018.01/25 大橋ひろこ 記事URL

金価格が上昇してきました。金融要因的にはドル安が大きく影響していますね。ドル指数とドル建て金チャートを比較すればきれいな逆相関であることが確認できます。


昨年9月のご出演時に、ドルインデックスは2017年1月から長期下落トレンド入りしており2024年まで継続すると解説くださった投資日報社 林知久氏。ドル下落で商品価格の上昇を展望していらっしゃいました。足元では、その見通し通りにドル安、商品高が進んでいます。

林氏にここからのゴールド価格を展望いただきました。
足元でドル建てゴールドは1360ドル台にまで急激に上昇してきました。
目先は修正局面の時間帯。しかしながら、押し目は絶好の買い場とのこと。

昨年12月9日から今週末1月26日にかけて、アストロロジーの観点から
火星がホロスコープの蠍座入りしています。

レイモンド・メリマン氏の分析によると、火星が蠍座に入っている時は
金やユーロが上昇しやすく、射手座の序盤に入っている時は下降しやすい傾向が。

2004年、06年、2010年、12年、16年と火星が蠍座に入っている時にゴールドは上昇
。蠍座から射手座に入っている時間帯では下落しています。
1月26日~2月13日にかけては、一時的に金の下落に注意しておきたい時間帯です。

押し目のめどは1300ドル前後と林氏。

12月12日の安値で11カ月サイクルが底打ちした可能性があり
過去の11か月サイクル時のゴールドの値動きから、波動を探ると
2018年の金のピークは8月ころで1450~1550ドル次元の可能性も。


林氏には、ゴールドとともに上昇してきたプラチナについても伺っています。
プラチナは南アフリカの通貨ランドの動向がポイントです。
詳しくはオンデマンド放送で林氏の解説をお聞きくださいね。

------------


2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html



コメ価格ジワリ上昇~背景に飼料米増産政策 [大橋ひろこコラム]
2018.01/24 大橋ひろこ 記事URL

おコメの値段がここ数年上昇しています。農林水産省の「コメの相対取引価格・数量」によると、2017年産米の全銘柄平均価格(相対価格、10月)は、玄米60㎏当り(消費税込み)1万5501円で前年同月から8%上昇で3年連続の上昇。外食や中食のコメ価格も上昇しており、価格は据え置きでもコンビニのおにぎりのサイズが小さくなるなど実質値上げとなっていることにお気づきでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫氏に
「主食用米 3年連続で上昇した背景とその影響」をテーマにお話を伺いました。

足元のコメ市況上昇の背景には、昨年2017年秋からの天候不順で稲の生育が遅れ、
作柄が悪化した影響があげられますが、ここ3年のコメ上昇の主因ではありません。


2015年からのコメ価格上昇には「政府主導による飼料用米の増産政策」が
影響しているのです。農水省は2014年より「減反廃止」政策を本格化し、
主食用米から飼料用米への転換を進めています。
主食用米が供給不足になるよう政策誘導しているのです。

飼料用米増産の駆動役となっているのは農家への助成金。
10a当り単収530kgを挙げると8万円、
最高680kgで10万5000円の助成金が出るため、
農家は単収を上げると助成金が増えることから、
中食・外食などが利用する業務用米が品薄となり、輸入米が急増。
結果、輸入米の入札価格も上昇しているのです。

日本のコメ需要自体は年々減少傾向にあるため
コメの過剰からコメ価格の値崩れに歯止めをかけねば
水田という生産装置を維持していくことができません。
日本の主食であるコメの潜在的生産力を保持するためには、
飼料作物へのスイッチもやむを得ないと柴田氏。
しかし、今後、飼料米への助成金制度による主食米の価格上昇が
続けば、さらなる需要減退につながりかねません。


農務省は2017年9月に「コメ海外市場拡大戦略プロジェクト」を立ち上げ、
輸出用米の安定的な生産に取り組む産地、輸出拡大に取り組む事業者、
輸出ターゲット国を特定し、これら3者が連携した個別具体的な
取り組みを政府が強力に後押しする方針を示しています。

ただ、この取り組みにも様々な障壁が、、、。

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

------------

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html

 全36ページ中1 ページ   [1] 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 次の10件