東京ゴールドスポット100の魅力 [商品先物取引のイロハ(~15年6月)]
2015/04/21(火) 23:17 山本郁

「商品先物取引のイロハ」、今回は、5月7日(木)から取引が始まる『東京ゴールドスポット100』について
東京商品取引所 広報部の近藤史規(ふみのり)さんに、その特徴や魅力について教えて頂きました。

『東京ゴールドスポット100』は、金の理論スポット価格を取引対象とする証拠金取引で、売り、買い、どちらからでも取引を始められる決済期限のない取引です。
名前の示す通り、取引単位は標準取引の1/10サイズの100グラム。
証拠金は、現時点でおよそ1万円程度です。

その魅力は
●期限にとらわれずに取引を行うことが出来ること
●レバレッジ効果により資金効率の高い資産運用が出来ること
●希望であれば地金の受け渡しも可能であること
●夜間でも取引ができること
●取引所取引なので安心であること
●繰越控除や他の金融商品先物取引の所得との通算が可能であることなど、税法上のメリットがあること
●ロスカット制度を導入していること
このように一般の投資家の方でも参加できるように様々な工夫がされています。

『東京ゴールドスポット100』を始めるには、この取引を扱う商品先物取引業者に口座を開設することが必要です。
業者によって取引の手数料や、提供される情報などサービス内容が異なるので、ご自身の投資スタイルに合った商品先物取引業者を選定しなくてはなりません。
TOCOMのホームページにリストが制裁されているのでご覧ください!

『東京ゴールドスポット100』いよいよ5月7日(木)ゴールデンウィーク明けに取引スタートです!
それに先立ち、TOCOMでは来週27日(月)からホームページに理論値の掲載を始めます。
最初は1日1回ですが、5月7日からは5分ごとの公表となりますので是非チェックしてくださいね。
TOCOM『東京ゴールドスポット100』特設サイトはこちらです。

近藤さんの詳しい解説はオンデマンド放送をお聴き下さいね。


コメント