小次郎講師のトレードラジオ講座~銘柄分散の考え方
2019/03/12(火) 23:59 大橋ひろこ

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。
2019年3月までで第3期シリーズをマスターしましょう!

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson13「銘柄分散の考え方」です。


ひとつの籠にタマゴを盛るな。

という格言があります。

卵を一つのカゴに盛るとカゴを落としてしまったら、
全部の卵が割れてしまうかもしれません。
しかし、複数のカゴに分けていれば、助かる卵もありますね。

だからと言って、やみくもにあちこちの籠に分散しても
投資効率が下がってしまうだけです。

分散投資はどのように考えればいいのでしょうか。

タートルズ流銘柄分散に考え方は

1、同一市場(銘柄)で4ユニットまで
2、相関関係の高い銘柄で6ユニットまで
3、相関関係のある銘柄で10ユニットまで
4、売り(または買い)どちらかで12ユニットまで

ここでポイントになるのは「相関関係」

分散していたつもりでも相場の急変が起きた場合、
同じ方向に動く性質のものに投資していたら意味がありません。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

コメント