売りを制する者が投資を制する~売りの優位性 [大橋ひろこコラム]
2015/08/04(火) 23:05 大橋ひろこ

小次郎講師の新刊『数字オンチあやちゃんと学ぶ 稼げるチャート分析の授業』売れ行き好調!!

ということで、小次郎講師からサイン入りの著書を5冊ご提供いただきました~♪
番組をお聞きの皆様の中から抽選で5名様にプレゼントいたします。移動平均線大循環分析と一目均衡表を徹底マスターできる1冊です。

こちらからどしどしご応募くださいね。

https://ssl.radionikkei.jp/event/150804-trend.html



さて「小次郎講師のトレードスクール基礎編」第5回のテーマは
「売りとは何?!~売りを制する者が投資を制する」です。

このシリーズはテキストがございます。
ご覧の画面の右側にある「小次郎講師のトレードスクール」波の柄のバナーをクリックすると
テキストをダウンロードしてお聞きいただくことができます。只今、8回分のテキストDLできます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は小次郎講師こと手塚宏二さんに売りの優位性についてお話いただきました。

上げ100日下げ3日、、、とも言いますが、
上昇は緩やかでも下げるときはあっという間です。

この下落に巻き込まれると大変ですが、
売ることができれば効率よく収益拡大できるということでもありますね。

上げ相場と下げ相場、どちらもできるということは
利益機会を倍に増やすことでもあるのです。

また「敵を知ることができる」と小次郎講師。

空売りをすると売方投資家の気持ちが理解できます。
どんなに売りを仕掛けてくるかがわかることで
「敵を知り己を知れば百戦危うからず」

また、リスクヘッジ(保険)に使うこともできます。
現物で金を保有していても、この数年の金の下落局面を
黙ってみていることはありません。
先物市場やETFなど売れる市場で、金を売ることで
資産の目減りをヘッジすることもできますね。

売りを覚えることでの優位性は様々ありますが、
当然リスクもあります。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************************************************

ここで『コモディティ・フェスティバル2015 in 東京』のお知らせです。

9月26日土曜日、東京・御茶ノ水ソラシティホール
10月3日土曜日、大阪・大阪ハートンホール

今年は東京・大阪で開催です。

世界を動かすコモディティ。

「原油バブル崩壊!? シェール革命の舞台裏と新時代のエネルギー政策」

「富裕層への道をひらく先物金投資~勝つためのルールを知る~」

「買い場到来!?ヘッジファンドマネージャーの金・原油市場の見方」

コモディティを知り尽くした専門家の講演、
ファンドマネージャーによる今後の原油、金投資講演、
豪華グッズが当たるコモディティ抽選会もあります。

マーケットトレンドでおなじみ、池水雄一さん、小次郎講師の講演もあります!

ご友人・ご家族連れでぜひお越しください!

参加は無料ですが、事前にお申し込みが必要です。
お申し込み・イベントの詳細は下記のバナーをクリックしてください。

http://blog.radionikkei.jp/trend/cfes2015_46860.gif

http://cfes.jp/

コメント