今週の放送予定(7月1日~5日) [山本郁コラム]
2013/06/30(日) 23:58 山本郁

2013年6月30日、『松坂屋銀座店』が閉店し、88年の歴史に幕を下ろしました。
銀座初のデパートとして、関東大震災の翌年1924年に開業。
銀座復興のシンボルとしても親しまれてきたのだそうです。

閉店セールは通常は閉店の1~2カ月前から行われるそうですが、松坂屋銀座店では4月3日からと、3か月前からスタート。
しかも、閉店セール限定で人気ブランドのショップを次々とオープンさせたりと話題も多く、連日開店前から行列が出来る盛況ぶりでした。
4月~5月の売り上げ高は、前年同月比で2倍を大きく上回っているそうです!
高級腕時計や、宝飾品、美術品などの高額商品がよく売れていたそうですね。

私も、最終日の朝、銀座の歴史の一つとしてその様子を目に焼き付けておこう...と朝10時の開店(通常開店時間を30分繰り上げていたそうです)に合わせて出かけました。

銀座4丁目交差点に到着し、松坂屋に向かって進んで行くと、遠目にも大変な賑わいで「最後尾」の看板も目に入りました。
やっぱり並んでるなぁ...と思ったその時、突然ブラスアンサンブルの演奏で『銀河鉄道999』が鳴り響きました!

普段の朝の銀座の様子はよく知りませんが、毎朝10時に演奏がある...なんて聞いたことがないので、これも閉店セレモニーの演出なのだろうと...しばしその姿に注目していたら・・・・・・・なんてことでしょう!!
演奏スタートと同時に開店してしまったようで、気が付いたら行列の姿はすっかり店の中に飲み込まれてしまっていました。

写真は、朝9時55分ごろ。
「最終日の開店を待ちわびる長蛇の列」...の写真を撮ろうと思ってわざわざ足を運んだのに...涙。
それでも、写真の左端にブラスアンサンブルのメンバーが、右端に報道陣の姿が写っているので、かろうじて閉店日の朝の様子が伝わったのではないでしょうか。
ちなみに、夜の報道番組で知ったのですが
最終日は開店時間をさらに15分繰り上げたのだそうですね。

開店前から1000人以上が並び、一日の来店数、約7万3000人。
一日の売り上げはセール期間中で最高の約5億1000万円だったそうです。!!

経団連が5月30日に発表したこの夏のボーナスの第1回集計では、大手64社の平均で前年同期比7.37%増の84万6376円。バブル期の1990年に次ぐ過去2番目の伸び率だそうです。
アベノミクスの円安効果による輸出産業の牽引が大きいようです。

松坂屋銀座店のロングラン閉店セールもこの時期に行われたことで、大成功で幕を下ろしたようです。


さて、今週から7月。
2013年も、もう下半期突入ですね。
マーケットトレンド、今週の放送予定です。

7月1日(月) 後藤康浩さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
 「乱気流に入った中国経済」

2日(火)野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー )
「きっかけ待ちの今、出来る事」

3日(水)東海林勇行さん(オーバルネクスト・アナリスト)
「貴金属市場の動向と今後の見通し」

4日(木)山下雅弘さん(東京商品取引所 農産物・砂糖市場グループ グループ長)
「農産物取引のポイント」

5日(金)柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

今週も一週間、マーケットトレンドにお付き合いくださいね♪

コメント