6年連続豊作か?!大幅下落の穀物市況、貿易問題も [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/07/04(水) 20:28 大橋ひろこ

シカゴ穀物が急落しています。大豆は10年ぶりの安値に沈んでいます。6月上旬まで大豆は1ブッシェル=10ドル台、小麦5ドル台、トウモロコシ4ドル台とここ2~3年ぶりの高値圏で推移していましたが、6月後半に入り、米穀倉地帯の天候良好に加え、米中貿易摩擦に解決の兆しが見えないもともあってファンド筋が一斉に売りに転じ、いずれも大台を割り込んでいます。

7月4日米独立記念日。大豆は8.48ドル、小麦4.91ドル、トウモロコシ3.52ドルと、生産コストとされる同10ドル、7ドル、4ドルを大きく割り込んでしまっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所 代表 柴田明夫さんにお話を伺いました。


さらに、足元では大豆・トウモロコシともに生育状況がよく
6年連続の豊作の可能性が大きくなってきました。

トウモロコシは今週が授粉期のピークですが、現在までの生育状況は
米農務省発表の7月1 日時点の主要18州平均で
受粉状況(Corn Silking ):17% (前年同日9%、過去5年(13-17年)平均8%)
作況(Corn Condition):"優"と"良"の合計76%(前年同日68%)


大豆生育状況は、
開花率(Soybeans Blooming):27% (前年同日17%、過去5年平均13%)
 作況(Soybeans Condition):"優"と"良"合計71 %(前年同日64%)

米農務省の6月需給報告では、今年のトウモロコシ単収を
174.0ブッシェル/エーカーとし、昨年の同176.6ブッシェルを下回るとの
控えめな見通し。7月上旬までの2~3週間の天候がカギを握るとはいえ、
市場では作柄の良さを好感し、単収が史上最高の178~180ブッシェルに
達するとの声も出始めています。


一方、大豆の単収を48.5ブッシェルとしています。
昨年の49.1ブッシェル、史上最高であった一昨年の52.0ブッシェルを
下回るとの見立てで、7月の需給報告でどの程度上方修正されるかが注目。
大豆も「6年連続の豊作」が関係者の視野に入ってきました。


7月のUSDA需給報告には注意しておいた方がよさそう。
上方修正があれば、一段安の可能性がありますね。

※作付確定面積(6月29日発表)は大豆が初めてコーンを上回りました

トウモロコシ:8,856 >(意向面積 8,802) <(前年実績9,017)
   生産量⇒140.40億bu が145億bu超まで上方修正されるか。

  大 豆 :8,969 >(意向面積 8,898) <(前年実績9014)
     生産量⇒42.80億bu が 45億bu程度まで上方修正されるか。

それから、米中貿易交渉の影響が穀物価格に影響している側面も。

柴田さんに伺いました、詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

コメント