マーケット・タイミング分析から見たゴールド相場4/21に注目! [大橋ひろこコラム]
2017/03/30(木) 23:04 大橋ひろこ

現在金星逆行中。3月4日~4月15日までの金星逆行期間に金融市場では転換点を迎える可能性があると1月のご出演で解説いただきましたが、実際にNYダウは逆行開始日の3日前、3月1日に21,169でトップアウト。WTI原油相場も3月8日急落。ドル指数も3月2日と9日にダブルトップ、ユーロドルは2月22日と3月2日でダブルボトムを形成。様々な市場でマーケットの転換とみられる動きが出現しています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は投資日報社の林知久さんにサイクルアストロロジーから
ゴールド相場を分析いただきました。


林さんは4月20~21日ごろ、ゴールドがボトムをつける可能性に言及。

①サイクル


NYゴールドには6週間サイクルが存在している。
12/15 1/27 3/10 とボトムをつけて転換上昇のサイクルでカウントすると
次のボトムは4/17~21頃に安値出現の可能性がある。

②火星のサインチェンジ

火星が水瓶座からうお座、うお座から牡羊座へと
サインチェンジするタイミングでゴールドは安値を示現している。
次のサインチェンジは4/21


③水星逆行中間点

水星の逆行というのは、その期間のスタート地点と終了地点。
そして中間地点がマーケットの転換点となりやすく、
今回の4/10~5/4の水星逆行の中間地点は4/20に該当。


④金星と土星のスクエア

金星と土星がスクエア状態の天体位相となるとき、金は安値を示現しやすい
パターンが見受けられ、次回のスクエアは4/21となる。

林さんによるとまだまだあるそうですが、
4月21日前後に様々な転換のタイミングの符合がみられることは
大変興味深いですね。


こうしたサイクルやアストロロジーを用いて相場の"重要な天底"を
見つけるための技術を「マーケット・タイミング分析」というのだそうです。

林さんには、プラチナスポットとゴールドスポットを使った
トレードアイディアも頂戴しました。

詳しくはオンデマンド放送で林さんの解説をお聞きくださいね。

コメント