40ドル節目が見えてきたWTI原油価格、ここからのポイント [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2017/06/28(水) 23:10 大橋ひろこ

5月25日のOPEC総会に向けて上昇したWTI原油価格は、期待を超えられなかったOPECの減産合意を受けて下落に転じ、足元では40ドル節目割れを警戒する声が。ここから原油市況を占うポイントはなんでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治氏にお話を伺いました。

藤沢さんは供給過剰感を投資家がどうとらえるか?がポイントだと指摘。



①米国の原油増産  
シェールオイル革命は当初、中小企業がジャンクボンドで資金調達する形で始まりましたが、
現在ではオイル・メジャーが参入。年内は50ドル台での売りヘッジがあるため、
価格下落にも耐えうる構造となりつつあります。
$40にまで落ちてくれば、足元の増産が止まるか否かが注目されます。


②OPECの減産幅拡大 
OPEC要人発言から、減産幅の拡大の兆候はあるものの足並みがそろうかどうか。
価格低迷で11月30日の次回の総会迄待てるでしょうか。臨時総会で減産枠拡大などの動きがあるかどうかにも注目です。



③カタールとの断交 
石油の需給に与える影響は軽微ですが海運の航路に影響します。長引けば、
サウジ、UAE等中東諸国、欧米の石油メジャー、金融市場にも
影響を与えると藤沢さん。
OPECの結束力にも影響を与えるリスクでもあり、減産遵守率の低下が懸念事項。


④需要面での懸念  
7月4日独立記念日に向けて米国はいよいよガソリン需要期本番ですが、
最近4週間の平均は、前年対比1.5%減とガソリン需要は伸び悩んでいます。新車販売低調も気がかり。


⑤IEAもやや弱気に
 6月の石油市場報告で、需給のリバランスは来年2018年としています。
これまで2017年内のリバランスを想定していましたが修正。
OECD在庫が高いため2018年3月迄はリバランスしないと予想に転じています。


⑥サウジの動向   
皇太子に昇格したムハンマド・サルマン(MBS)の政策で油価にインパクトがあるか否かに注目。

藤沢さんに解説いただいています。

詳しくはオンデマンド放送で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

***************************************

ここで、東京商品取引所(TOCOM)からお知らせです。

「商品先物取引ナンバーワンの称号をつかむのはだれか?!」
TOCOMリアルトレードコンテスト開催!中です。

優秀者には、金貨のプレゼントなど豪華賞品を用意。
ただいま参加者をプロ・アマ問わず募集中。
詳しくは下記のバナーをクリック!

皆様のご参加お待ちしております~♪

コメント