2018年はコモディティ上昇の年に?!~ゴム市況の今後 [大橋ひろこコラム]
2018/01/11(木) 23:05 大橋ひろこ

米景気のさらなる回復、また欧州経済の回復が示すとおり、世界経済は最悪期を脱し「世界好景気」が指摘されています。景気拡大による消費の拡大がコストプッシュ型のインフレ化をもたらすでしょうか。景気の動向に強く左右される原油を中心としたエネルギー群や、銅、亜鉛、鉛、アルミ、ニッケルなどの産業素材銘柄が上昇基調に入ってきています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表 小針秀夫氏にお話を伺いました。

2001年から2008年までの期間、あるい
は2009年から2011年までの期間に示された
大型のコモディティ上昇相場が再現されるシナリオもあるのではないかと小針氏。

先導役となっているのは原油価格。
ゴールドマン・サックスが11月中旬に発表した2018年の予測では、
北海ブレント1バレル当たり58ドルでしたが、
12月5日に価格見通しを62ドルに引き上げました。
ところが、1月4日時点で北海ブレントは68ドル台まで高騰し、
既にゴールドマンの強気な予想を上回っています。

価格高騰の背景に投機マネーの流入も囁かれていますが、
OPECと非OPECの協調減産の効果と世界需要の伸びによって
需給が引き締まっていることに裏付けされているとの見方が
価格をサポートしており、このトレンドはしばらく継続しそうです。

原油との相関関係が強い天然ゴム相場は、原油高にもさえない値動きが続いています。
生産大手であるタイ、インドネシア、マレーシアの3カ国が今年1月から3月までの間、
最大35万トンの輸出を削減することで合意したらしいという情報が
リークされているのですが、まだ価格に織り込まれていません。

2016年3月から8月までの6カ月間にも、合計61万5000トンの輸出削減を実施。
今回の削減期間と削減量は昨年のほぼ半分であるものの
削減の期間に対する量の比率(削減ペース)は前年とほとんど同じです。
出遅れていたゴム市場にとっての買いのきっかけとなるでしょうか。

ゴム相場のアノマリーとして、ゴム価格は1~2月に高値を取りやすいというものがあります。
3~5月がウィタリング(落葉期)でゴム樹液採取が細る減産期にあたるため、
その前に減産を織り込んで価格が上昇しやすいのです。

ここからのゴム市況展望、詳しくうかがっています。
オンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

コメント