2017年マーケット展望~価格に対する理解とは [大橋ひろこコラム]
2017/01/11(水) 23:43 大橋ひろこ

今日は18:45~TOCOMスクエアにて<劇団:これも何かの円×E-factory>「トランプ大統領誕生! 日本経済これからどうなる!?」新春特別講演。今夕のマーケット・トレンドは講演に先だち、本講演の脚本・構成・解説をされている金融ジャーナリスト 川口一晃さんを番組にお迎えして「2017年マーケット展望」をお話いただきました。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

2016年はブレグジットや米大統領選挙、OPECの減産合意など、
想定外のことがいろいろとありましたが、それを受けた値動きも
予想を超えるものでした。値動き予想が難しくなっている印象ですが、
川口さんは「価格」を勉強することが重要になってくるお話くださいました。

相場の値動きの基本はファンダメンタルズの理解が重要ですが
景気の良し悪しは常に両意見が存在しています。

テクニカル分析でも上昇トレンド継続と買われ過ぎの判断は常に対立します。
適正価格とは一体、なんなのでしょうか?!
2017年は価格の理解を深めることがより求められるという川口さん。

バブル絶頂の1989年、川口さんは株価の崩壊の時が近いことを
予見されていたそうです。

~794年 桓武天皇は都を平安京へ遷都。
1192年 鎌倉幕府成立(現在は1185年との説もあるようですが)
1550年 豊臣の時代に南蛮貿易始まる
1990年 バブル崩壊へ・・・

マーケットに存在する「400年サイクル」が存在しているとか、、、
それぞれにどんな時代だったのか、そして川口さんが1989年のバブル崩壊を
何故予見できたのかは是非番組のオンデマンドで。

足元の相場では、ペンタゴンチャートのドル円、日経平均の変化日が1/19
ダウ平均の変化日が1/20で奇妙な合致がみられるということで、
トランプ大統領就任式をターニングポイントとして、マーケットはどのように
変化するんでしょうか。解説はオンデマンド放送を是非!

コメント