金急騰の背景と2016年LBMA予想 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2016/02/05(金) 23:00 大橋ひろこ

金が騰勢を強めています。ドル建て金日足チャートは200日移動平均線を突き抜けて尚、上昇を続けています。年末年始が相場の転換点になる、と昨年末の番組出演時に解説くださった池水氏に金急伸の背景と今後について、そしてLBMA の2016年相場予想について解説いただきました。果たして金価格は大底を付けたのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
ICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一さんは
この値動きの主因は、ドル安であると指摘。

12月の利上げ実施で材料出尽くしとなり、ドル高トレンドから
ドル安転換の可能性を指摘されていましたが、利上げにもかかわらず
ドルの一段高にはつながらず、むしろ、継続利上げに懐疑的なムードが
出始めたことでドルが下落を始めました。


この動きが世界の金融市場に大きな影響を及ぼし始めていますが
減少の一途であったGold ETFの残高も年初から反騰。
70トンを越える量のゴールドが買われており、
投資家のゴールドに対する態度も一変しています。


「LBMA の相場予想」

LBMA(ロンドン地金市場協会)会員各社のアナリストの意見をまとめた
恒例の相場予想が1月中旬に公表されました。

ゴールドは1月半ばまでの平均価格1091ドルに対して、
2016年1年の年間平均価格予想は1103ドルで1.1%の小幅な上昇を予想。
ところがすでに1170ドル台まで金価格は上昇しています。
アナリストらの予想時よりもゴールドの価格は上昇中。

シルバー、PGMは5.4%とさらに強気予想。
パラジウムに至っては12.7%の上昇予想となっています。

今年は昨年の同時期の相場予想と比べ総じて強気に大きく変化しています。

ただし強気ではありますが、4メタルとも部分的な回復にとどまり、
昨年2015年の高値は越えない予想。
その予想の詳細、特筆すべき注目メタルなどなど
詳しくはオンデマンド放送で池水さんの解説をお聞きくださいね。

*******************************************

マーケット・トレンド公開録音のお知らせ♪

3月10日(木)に、東京・虎ノ門のラジオNIKKEIで、「マーケット・トレンド」公開録音を実施します。

木曜日レギュラーコメンテーター岡安盛男さん、ゴールドのスペシャリスト池水雄一さんが、
2016年の世界経済を為替動向や金価格の動きなどから徹底分析します。
この公開録音に、抽選で20名様を無料ご招待します!

司会は私、大橋ひろこが務めます。皆さまのご来場心よりお待ちしています。
詳しくはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/160310special.html

コメント