2013の金世界需要減少も潮目の変化 [大橋ひろこコラム]
2014/02/19(水) 19:52 大橋ひろこ

金相場が1月から反騰開始で、とうとう1300ドルの大台を回復しています。

昨年は12月31日にも1,185.50ドルまで下落し、6月28日の安値に面合わせとなりましたが1,200ドル割れは回避。テクニカル要因の心理的改善と言う指摘もありますが、この上昇の背景は?そしてこの先も続くのでしょうか。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオーバルネクストアナリスト森成俊さんにお話しを伺いました。



森さんは、短期筋のショートカバーが入っているとしながらも、
金市場から中期投資資金の流出に歯止めがかかってきたと指摘。



金ETFの金現物保有高は今年1月末には1,136.38トンまで減少しましたが、
2月に入り微増となり18日現在、1,144.55トンに増加しています。


世界最大の金ETFであるSPDRゴールドの現物保有高は
1月末に793.16トンまで減少したが、2月18日現在、801.25トンとなり
こちらも微増傾向にあります。



ETFは年金など機関投資家による中長期マネーが流入してきますので、
これはいよいよ潮目が変わってきたというサインでしょうか?!



ニューヨーク金市場で昨年11月終盤に2万枚台まで低迷した
大口投機家の買い越しが昨年末から増加に転じ、
今月11日現在、71,201枚まで増加。短期資金の流入もみられます。

ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が
18日に発表した2013年の需給統計では
宝飾需要が2012年の1896トンから2209トンに増加したのですが、
投資需要、中央銀行の買いが2012年から急減、総需要は3756トンとなり、
2012年の4415トンから大幅減となりました。


背景にはETF絡みの需要が大幅減となったことが上げられ、
全体の需要大幅減につながったと見られます。



こうした傾向に改善の兆しが見えてきた、と言うことでしょう。



足元の材料は、今夜、日本時間の20日午前4時に
先月28、29日に開催されたFOMCの議事録が公開されます。

量的緩和縮小の継続が再認識されればドル高、商品安の可能性も。
ということで、今夜は要注目です。



東京金先限は昨年12月20日に4,002円まで下落したのですが、
4,000円割れは回避。大納会は4,094円で終了しました。

年明け後は上昇基調となり、1月21日に4,221円の高値をつけた後、
押し目を形成し、今月5日には4,074円まで下落となりましたが、
6日からドル建て現物相場の上げから急騰となり、
18日に昨年9月8日以来の高値となる4,366円まで上昇してきました。

森さんは200日移動平均線が通る4,230円台が支持線で。

今月7日からの急騰前の抵抗線4,221円が逆に支持線になるイメージとし、
今後の金相場も堅調に推移するのでは?とお話しくださいました。

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きください。

コメント