移動平均大循環分析~仕掛けと手仕舞い [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.04/05 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。あっという間に今回がシリーズ最終回です。

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
中級編では移動平均大循環分析をレクチャーいただいてきましたが、
最終回の今回は「仕掛けと手仕舞い」について小次郎講師に伺いました。

仕掛けにタイミングについてはこれまでの放送回でも
お話を伺ってきましたので、移動平均大循環分析において
トレードエッジのあるタイミングについては、理解も進んだかと
思いますが、では「手仕舞い」はどうすればいいでしょうか。

手仕舞いには、利食いと損切の2パターンありますが、
損切は比較的ルールを決めてしまえば、習得は早いもの。
それ程難しくはありません。実は利食いが最も難しいんです。

利食いは利益の確定だから、難しいことはないじゃないか、
と考えがちですが、利食いこそ絶好のタイミングは人それぞれで
考え方も多岐に渡ります。実は最大の利益を確保できる利食いは
トレーダーの永遠のテーマかもしれません。

今回は小次郎講師に移動平均大循環分析の三次元分析から
移動平均の並び順、間隔、そして値幅などから
仕掛けのタイミングと、手仕舞いの極意をお伺いしました。

是非オンデマンド放送でその極意を聞いてくださいね。

小次郎講師のトレードスクールは5月再開です。
次回開校を楽しみにお待ちください。

移動平均大循環分析「帯」とは?! [大橋ひろこコラム]
2016.03/29 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。残すところあと2回となりました。今回のテーマは「大循環分析の急所『帯』について」

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師の移動平均大循環分析、いよいよ急所の解説、
今回は小次郎講師に「帯」について解説いただきました。


帯とは、移動平均線大循環分析の中期線と長期線の間を指します。

チャートを印刷して、その間を塗りつぶしてみてください。
視覚的に、トレンドと抵抗帯、そしてトレンド転換点が
ハッキリと理解できるはずです。

帯には、中期線が上にあり右肩上がりの「上昇帯」と中期線
が下にあり右肩下がりの「下降帯」があります。

上昇帯と下降帯の入れ替わるところて「帯のねじれ」
帯がねじれることにより大局トレンドの転換がわかるのです。

帯の傾き、帯の幅などからトレンドの方向性と強さを
見極め、エントリーイグジットの優位性の高いポイント
=エッジのある局面を見極めることができます。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

******************************************

マーケット・トレンドは今週金曜4/1から放送時間が
18:00~18:15となります。

引き続き番組をよろしくお願いいたします。

移動平均大循環分析~移動平均の傾き [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.03/15 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。全開2月23日放送回から第9回(3月末まで)はシリーズで「移動平均線大循環分析!」についてレクチャーいただいています。

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師、先週は体調を崩されお休みされましたが、完全復活です!

今回は「三次元分析2~傾き」について解説いただきました。

その前に!

小次郎講師がこの3月、新著「トレーダーズバイブル」を上梓されました。

勝ち組とレーダーになるためのルール作りとは?!

伝説のトレーダー集団「タートルズ」のトレード手法から、
適切なポジション量を導き出す「資金管理のやり方」、
移動平均大循環分析と大循環MACDの全てがこの1冊に。

発売を記念して、番組をお聞きの皆様の中から抽選で4名様に
小次郎講師流「トレーダーズバイブル」をプレゼント!

お申込みはこちら専用応募フォームへ。
https://ssl.radionikkei.jp/event/trendpresent.html

3月25日金曜締切です。


さて、今回の放送では小次郎講師に移動平均大循環分析
「三次元分析2~傾き」について解説いただきました。

利食いのタイミングなのか、押し目買いのタイミングなのかを
見極めるにはどうしたらいいのでしょうか。

移動平均線の「傾き」からわかる現トレンドの状況ですが、

•短期線は短期トレンドの方向性を示す。
•中期線は中期トレンドの方向性を示す。
•長期線は長期トレンドの方向性を示す。

※3本の線が上昇。

ステージ1の前でも3本の線が上昇していたら、
早仕掛け&試し玉のチャンスです。つまり買いシグナル。

※3本の線が下降。

ステージ4の前でも3本の線が下降していたら、
早仕掛け&試し玉のチャンスです。つまり売りシグナル。

•移行する場合は次の線の傾きが変化します。

•変化が見られない場合は移行しないか、
移行してもすぐにダマシとなって元に戻っていきます。

このポイントを押さえているだけでも
価格の急落時に、手じまうべきか、買い増しすべきかがわかりますね。
詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きください。

******************************************

「マーケット・トレンド」特別番組のお知らせです。


明日3月16日水曜日夕方4時からラジオNIKKEI 第1で
「マーケット・トレンド」特別番組
「2016年世界経済の動きと投資を考える」を放送します。


この番組でもお馴染み、ICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一さん、
FXアナリスト 岡安盛男さんのスペシャル対談です。
ゴールドのスペシャリストとFXのエキスパートが
2016年のドル円、ゴールドを展望、3月期末から4月新年度相場も徹底解説。

オンデマンド・ポッドキャストでも配信します。
パソコン、スマートフォンでも是非お聞き下さい!

移動平均線大循環分析「三次元分析~ステージ~」 [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.03/01 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。全開2月23日放送回から第9回(3月末まで)はシリーズで「移動平均線大循環分析!」についてレクチャーいただきます。

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は小次郎講師に「三次元分析1~ステージ」について
解説いただきました。

三次元分析とは~
3本の移動平均線の並び順、傾き、間隔の3つの条件を読み解くこと。
移動平均線の並び順はステージ1~6まで存在します。

「並び順」を読み解くことで現在の状態がわかるのです。

①ステージ1(上から短期線・中期線・長期線)
・上昇トレンド期、長く続くのが基本
・ここが短期で終わるともみあい期入りの可能性

②ステージ2(上から中期線・短期線・長期線)
・上昇トレンド終了(ときに押し目)
・ 下降トレンド発生の第1予兆
・ 短期が基本

③ステージ3(上から中期線・長期線・短期線)
・下降トレンドの入り口
・あるいはもみあい期(ときに大きな押し目)
・短期が基本。もし②③が長続きなら、もみあい期の可能性大。

~これが⑥のステージまでありますが、
詳細はテキストを参照し、オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きください。

移動平均線大循環分析シリーズスタート [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.02/23 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。今回から第9回(3月末まで)はシリーズで「移動平均線大循環分析!」についてレクチャーいただきます。

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師の移動平均大循環分析といえば、書籍にもなっているくらいです。
15分の生放送のシリーズでどれだけお伝えできるのか、
小次郎講師の解説が楽しみですね。

皆さんはトレードする場合「エッジのある局面」をどのように探していますか?

様々なテクニカル分析がありますし、手法も千差万別。
移動平均線大循環分析もその一つですが、トレンドを見つける、
トレンドの転換を知る上では、非常に解りやすいものです。

相場は

安定下降

安定上昇

それ以外

この3つに分けることが出きれば、超簡単と小次郎講師。

それ以外、という局面ではトレードエッジがないので休むも相場。
何もしないことが肝要です。そのエッジを知るために解りやすいのが
移動平均線。これをどのように使いこなせばいいでしょうか。

移動平均大循環分析はあらゆる時間軸で有効ですし、
株式・FX・コモディティ等、全ての市場で同様に使えます。
是非どんな物なのか、オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


*******************************

マーケット・トレンド公開録音のお知らせ♪

3月10日(木)に、東京・虎ノ門のラジオNIKKEIで、「マーケット・トレンド」公開録音を実施します。

木曜日レギュラーコメンテーター岡安盛男さん、ゴールドのスペシャリスト池水雄一さんが、
2016年の世界経済を為替動向や金価格の動きなどから徹底分析します。
この公開録音に、抽選で20名様を無料ご招待します!



司会は私、大橋ひろこが務めます。皆さまのご来場心よりお待ちしています。

詳しくはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/160310special.html

資金管理の考え方~あなたのトレード、リスクは何%?! [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.02/16 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。第3回は「資金管理の正しい考え方」です。

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師はタートルズの投資手法研究の第一人者ですが、
小次郎講師曰く、タートルズの世紀の実験での勝利の最大のポイントは
「資金管理」なんですって。

皆さんは、現在のトレードにおいて「何%」のリスクテイク状態にありますか?
これにパッと答えられないようだと、勝ち残るのは難しいかもしれません。

資金管理とは、自身のトレードにおいて適正な取引量を守ること。
無謀な取引を続けていると、あっという間に資金は消えていきます。

ではどのように自分の取れるリスクを計算すればいいのか。
タートルズでは「ユニット」でリスク量を把握します。

①自身の投資資金はいくら?→仮に200万とします。

②その1%はいくら? = 2万円

③ATRを計算する(各銘柄ごとに異なります→仮にドル円のATR0.84とする)

④ 2万円 ÷ 0.84円 = 23.809 

この場合、ドル円トレードにおいての1ユニットは2万4000通貨。

というように考えます。

1ユニットのトレードで1%のリスクテイク状態となります。

ドル円で1ユニット、日経平均で3ユニット、ゴールドで2ユニットの
取引をしていた場合、合計5ユニットの取引ということで
現在のリスクテイクは5%ということになります。

※ATRはトレードスクールの初級編でレクチャーいただきましたね。
ボラティリティの高い相場の時はATRの数値が上がります。

このように、常に自身がどのくらいのリスクを取っているのかを
把握することが最も重要なのです。詳しくは小次郎講師の解説をお聞きくださいね。



*******************************

マーケット・トレンド公開録音のお知らせ♪

3月10日(木)に、東京・虎ノ門のラジオNIKKEIで、「マーケット・トレンド」公開録音を実施します。

木曜日レギュラーコメンテーター岡安盛男さん、ゴールドのスペシャリスト池水雄一さんが、
2016年の世界経済を為替動向や金価格の動きなどから徹底分析します。
この公開録音に、抽選で20名様を無料ご招待します!



司会は私、大橋ひろこが務めます。皆さまのご来場心よりお待ちしています。

詳しくはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/160310special.html

チャート分析では将来はわからない?! [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.02/09 大橋ひろこ 記事URL

毎火曜日の「小次郎講師のトレードスクール」中級編。第2回は「チャート分析の正しい考え方」です。チャート分析って売り、買いのサインが出たらそれに沿って売買すればいいんじゃないの~?

この番組シリーズは、テキストをご覧いただきながらお聞きください。小次郎講師によるわかり易いテキストをDLしてご覧いただくことができます。このHPの右側にある「小次郎講師のトレードスクール~株・FX/コモディティに使える~中級編」というバナーをクリックしてダウンロードしてくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
小次郎講師の講座では、テクニカル分析は「計算式を理解しよう」
というのがトレードスキルをUPする極意としての基本です。

何故、計算式を理解する必要があるんでしょう。

小次郎講師曰く
「チャートで将来のことはワカリマセン!」

え~っ?!
じゃあ、何のためにチャート分析が必要なんですか。

「チャートでわかるのは現状認識のみ」

現状を知ることで勝てるようになるんでしょうか?

そもそも勝ち負けとはなんでしょう。
勝率でしょうか。結果的に資産を増やすことでしょうか。

勝率にこだわればチャート分析も当たり外れが重要だ、
という認識となってきますね。

小次郎講師曰く
「投資は予想のゲームではない、確率のビジネスである」

そう、確率が重要なのです。
現状認識ができれば「エッジ(優位性)」が発生する瞬間を
見抜くことができるのです。

ではエッジとはなんでしょうか。

今回の番組ではエッジ発生のメカニズム、
なぜテクニカル分析が重要なのか、そしてその考え方が大事なのかを
レクチャーいただいています。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話をお聞きくださいね。


****************************************************

マーケット・トレンド公開録音のお知らせ♪

3月10日(木)に、東京・虎ノ門のラジオNIKKEIで、「マーケット・トレンド」公開録音を実施します。

木曜日レギュラーコメンテーター岡安盛男さん、ゴールドのスペシャリスト池水雄一さんが、
2016年の世界経済を為替動向や金価格の動きなどから徹底分析します。
この公開録音に、抽選で20名様を無料ご招待します!

司会は私、大橋ひろこが務めます。皆さまのご来場心よりお待ちしています。

詳しくはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/160310special.html




小次郎講師トレードスクール中級編スタート [『小次郎講師のトレードスクール』中級編(~16年3月)]
2016.02/02 大橋ひろこ 記事URL

今日2月2日からの3か月間毎火曜日は「小次郎講師のトレードスクール」中級編がスタートします。全9回のシリーズ、放送項目は以下の通りです。


第1回、予想はよそう!トレードの考え方
第2回、チャート分析の正しい考え方
第3回、資金管理の正しい考え方
第4回、移動平均線大循環分析
第5回、三次元分析①「ステージ」
第6回、三次元分析②「傾き」
第7回、三次元分析③「間隔」
第8回、移動平均線大循環分析の急所「帯」について
第9回、中級編まとめ、大循環分析の仕掛けと手じまいについて


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
初級編に続き中級編、小次郎講師にトレードスキルをUPする極意を徹底解説いただきます!

本日第1回は「予想はよそう!トレードの考え方」

株や為替、商品などの資産を買ったり売ったりするのに
方向感や今後の見通しは必要だと思うのですが、
「予想はよそう」とはどういうことなのでしょうか。

小次郎講師は
価格を動かす要因は山ほどあり、そのひとつひとつが刻一刻変化している!
として、今、買方が有利でも次の瞬間には売方が有利に変わる、
これが相場というものだ、として、その変化を敏感にキャッチするためには
予想しワカッタ!気になることが厳禁であると指摘します。

では、どのように、何を支えにトレードすればいいのでしょうか。


「確率で勝つ」

小次郎講師は、予想ではなく、現状から上に行くのか下に行くのか
その確率が偏る局面「優位性」が勝利のポイントだとして
「大数の法則」について解説してくださいました。

大数の法則とはデーターが多くなればなるほど正確な確率が
反映されることをいいます。

このシリーズでは、優位性の高いエッジの効いた局面を
どのように見つけるのか、また、勝つための資金管理の考え方
などをレクチャーいただきます。

今後の放送にもご期待ください。
オンデマンド放送で繰り返し復習もできます。

*******************************************

マーケット・トレンド公開録音のお知らせ♪

3月10日(木)に、東京・虎ノ門のラジオNIKKEIで、「マーケット・トレンド」公開録音を実施します。

木曜日レギュラーコメンテーター岡安盛男さん、ゴールドのスペシャリスト池水雄一さんが、
2016年の世界経済を為替動向や金価格の動きなどから徹底分析します。
この公開録音に、抽選で20名様を無料ご招待します!

司会は私、大橋ひろこが務めます。皆さまのご来場心よりお待ちしています。
詳しくはこちらから→http://blog.radionikkei.jp/trend/160310special.html