1500ドルまで上昇したゴールド、さらなる上昇はあるのか [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2019/08/21(水) 20:23 大橋ひろこ

ドル建て金価格が1500ドルの節目の攻防を続けています。2019年は1200ドル台からのスタート。1380ドルレベルが数年来のレンジ上限、何度も頭を叩かれてきましたが、6月にこのレベルを上放れ、価格調整ではなく日柄調整を経た後の8月にさらなる上昇加速で1500ドル大台に到達しました。


米国の金融政策の転換、そしてトランプ大統領の発言によるマーケットの混乱に、ゴールドが受け皿となっているようです。



皆さんご機嫌板がでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエモリ・キャピタルマネジメント代表 江守哲氏をお迎えしお話しを伺いました。

米中貿易問題は、8月1日のトランプ大統領のtweetによって
全く進展がみられないことが明るみに出ました。

また、米国の利上げサイクルが終了、10年ぶりに利下げに踏み切ったことから
世界の中央銀行も利下げに踏み切っており、通貨安競争の様相を呈しています。

リスクを恐れた資金は債券市場になだれ込み、世界から金利が消失しつつあります。
ドイツの債券市場では30年債まで全ての利回りがマイナスに沈んでおり、
オーストリアの100年債の利回りでさえ1.3%台まで低下しています。

金利が低下しているということは債券価格は上昇しているということです。
債券市場は明らかなバブルですが、より安全な資産を求めるマネーが
行き場を失う中、あふれ出た資金が金市場に流れ込んでいるということでしょうか。

江守さんはこれまでの金の上昇は「実質金利」から正当化できると解説くださいました。
実質金利とは名目金利から期待インフレ率を引いたものですが
1500ドルまで金が上昇してしまうと、割高の域に入ってきたと指摘。

インフレ率が上がってこないことには、更なる金の上昇は難しいということですが、
原油価格から見ると将来のインフレ上昇はあまり期待できないような気が、、、。

すっかり膠着状態に入って原油先物市場ですが、
OPECプラスが協調減産を続ける中、米国のシェール生産は増加しています。
世界景気後退への警戒から需要増となる期待も薄く、
需給面からは買い材料に乏しいのですが、、、


ここからの展望はSpotifyのポットキャスト配信で

江守さんの解説をお聞き下さいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
コモディティ投資をじっくり学べる一日。

毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの
小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、

ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

コメント