ゴールド1300ドル上昇~プラチナとパラジウム価格差縮小 [大橋ひろこコラム]
2017/08/31(木) 23:01 大橋ひろこ

金が上昇しています。COMEXのドル建てゴールド価格は1300ドルの大台に乗せ、昨年11月の米大統領選挙時につけた高値1,336ドルが次の高値目標となっています。ドル安が続いているだけでなく、有事リスクへの警戒、トランプ政権への不安などが金市場への資金逃避を招いています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト 森成俊さんに
ゴールド市場の現状と今後について伺いました。

9月19、20日のFOMCで利上げ見送りの公算が一段と強くなれば
ドル安がさらに進むことが想定され、
金には追い風となりますが、すっかり後退してしまっている利上げ思惑が
再浮上する内容となればドルの巻き返しも否定できません。
また9月は債務上限問題などトランプ政権には課題が多く
政府機関の閉鎖などがあるようなら金買いが加速するとの見方が金価格を支えているようです。

金ETFの金現物保有高は今月30日現在、1,151.73トン。
7月末の1,128.16トンから約2%増加。
6月末の1,188.78トンは下回っているが増加基調を回復しています。
ヘッジファンドなどの短期筋のポジション、買い越しは今月22日現在、20万8,438枚で、
約1カ月前の7月25日の9万0,831枚から倍以上の増加を示しています。
短期、中長期資金とも7月の流出から流入に転換。
7月は買い戻し主導の上昇となりましたが
8月は新規買い主導の上昇であった可能性が濃厚です。

東京金先物価格は、3月以降、4,403~4,553円のレンジ相場を形成していましたが
8月29日にレンジブレークし、31日に4,627円まで上伸、
2015年7月以来、約2年ぶりの高値を更新しました。
チャートからは2015年6月の高値4,794円を目指す展開となっています。

金とプラチナ価格の逆転現象が長期化していますが、今後はこのサヤ縮小するでしょうか。
プラチナについても伺っています。詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

****************************************

「コモディティ投資をじっくり学べる一日」

9月23日土曜(東京)
東京商品取引所ほか主催「コモディティ・フェスティバル2017」が開催されます!


世界を動かすコモディティ。
その魅力から現在のマーケット、トレード手法まで詳しく取り上げます。
プレゼント抽選会ありますよ~!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(公式サイトへアクセス)。




コメント