低迷する穀物相場 大豆は一時12年ぶりの安値へ [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2019/05/15(水) 19:34 大橋ひろこ

楽観的見方が広がっていた米中貿易交渉は"時間切れ"トランプ政権は10日から対中関税を従来の10%から25%に引き上げました。これに対抗し、中国もすぐさま約600億ドル(約6兆6000億円)にもなる米国からの輸入品に25%の関税を課すことを発表(6月1日から)しています。


米中の終わりのない報復関税合戦を受けて、シカゴ穀物市場では、大豆、小麦、トウモロコシ価格が下値を探る展開になっています。とりわけ、真っ先に米中報復関税引き上げ合戦の対象になった大豆は、一時1ブッシェル=8ドルの節目を割り込む下落となりました。14日は作付の遅れ懸念から急反発していますが、価格水準は2007年5月以来、およそ12年振りの安値に沈んでいます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は資源・食糧問題研究所 代表 柴田明夫氏をお迎えしお話を伺いました。

米農務省(USDA)は5月10日、
2019/20年度(19年後半~20年前半)の世界農産物需給見通しについて
最初のレポートを発表しました。



世界の穀物生産量は27.01億tで、史上初めて27億tを突破、
7年連続の豊作という強気の内容となっています。

3大作物では、小麦7.77億t、トウモロコシ11.33億tで
いずれも史上最高を更新。

コメ(精米)は4.98億tで過去最高となった
昨年の4.99億tに並ぶ見通しです。

「旺盛な需要」と「高水準の貿易量」と穀物市場のスケールの拡大を指摘する一方で
「潤沢な供給量」と「積み上がる在庫」が懸念材料といった内容となりました。

USDAの発表した予想は、あくまでも机上の計算です。
実際にどうなるかは今後の世界の天候次第。

14日、シカゴ大豆、トウモロコシ相場は大きな反発を見せました。
米穀倉地帯では3月より大雨・洪水により
トウモロコシの作付が大幅に遅れていることが確認されました。

USDAによれば、5月13日時点の主要生産18州の作付進捗率は30%と、
過去5年平均59%の半分。
大豆は9%で、同29%の3分の1です。

当初は、「農業機械の高速化で、少々晴れ間があれば、
一気に作付作業が進む」とみられていたのですが
大豆も含めて回復不可能となる懸念も出てきました。

このニュースが穀物市場の急反発をもたらしたのですが、、、
「積み上がる在庫」が上値を抑えると思われます。

5月のUSDA報告では足もとの世界穀物在庫は8億tの大台を超え、
期末在庫率(年間消費量に対する在庫量の比率)も
4年連続で30%を超える状況。

FAO(国連食糧農業機関)が適正とする在庫率が17~18%ですので、
現状は明らかに過剰です。

ところが、市場はこの在庫にあまり反応しませんでした。
何故でしょう?!

柴田さんに詳しく解説いただいています。

詳しくはオンデマンド放送で柴田さんの解説をお聞きくださいね。

コメント