今週の放送予定(1月22日~26日) [山本郁コラム]
2018/01/21(日) 23:36 山本郁
東京から1,740㎞離れたはるか南の海上にあって、日本で唯一の熱帯気候の島、沖ノ鳥島。
東京都小笠原村に属し、国土面積に匹敵する排他的経済水域が設定されています。
漁業資源が豊富で、漁場として有望であるだけでなく、海底では、レアメタル(希少金属)やマンガンなどの資源が存在する可能性もあります。
その沖ノ鳥島の重要性と東京都の取り組みの意義を広く知ってもらおうと、2006年から毎年1回「沖ノ鳥島フォーラム」が開催されています。
今年も国土交通省の活動拠点整備事業についての報告や、南シナ海仲裁判決が今後の沖ノ鳥島の排他的経済水域に与える影響など4つの講演が行われました。
また参加者に沖ノ鳥島で獲れた魚を使ったコロッケや唐揚げなどの試食品も振舞われました。

地球温暖化の問題も採り上げられました。
沖ノ鳥島はパラオの続く海底山脈の中で唯一海面に頭を出している島。
温暖化で海中に沈んでしまうと、島として認められなくなり、日本は排他的経済水域を大きく削ってしまうことになるのです。
もっと深刻なのは、キリバス共和国、ツバル、モルディヴ共和国は国家消滅の恐れがあるのだそうです。
トランプ大統領は米国の利益にならないからと、地球温暖化防止に関する国際条約「パリ協定」から離脱を表明しましたが
この問題についてはどう考えているのでしょうね。自国のことでないから関係ないのでしょうか。

参加者の4割がリピーターという、人気のセミナーです。
来年は1月27日(日)東京国際フォーラムで開催されます。
関心のある方...というより、今まで関心のなかった方に是非参加していただきたいな...と思いました。

それでは今週の放送予定です。

1月22日(月)
田宮寛之さん(東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「糖質制限ダイエット」

1月23日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第8回「大循環分析応用編」

1月24日(水)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

1月25日(木)
林知久さん(投資日報社)
「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」

1月26日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね。

コメント