12月1日金急落急騰乱高下の背景に [大橋ひろこコラム]
2014/12/03(水) 23:48 大橋ひろこ

12月1日月曜、12月最初の取引日、金価格は急落急騰と派手に動きました。週末の外貨準備に金を20%保有を義務付けるとしたスイスの国民投票は否決されましたが、この影響もあったのでしょうか。金価格は取引オープンから売り込まれ一時1500ドルの大台を割り込み1141ドルまで下落しました。


1500ドルという心理的節目を再び割り込んだことや、期待された減産合意がなかった原油市場で先物価格が63ドル台まで下落していたこともあり、金市場には悲観ムードが漂ったのですが、欧米市場に入ってから風向きが変わりました。原油先物価格が自立反発を見せるなか、金価格も反発を始めたのですが、金曜日の引け近辺であった1165ドルをブレイクした頃から今度は買いのストップが始動したとみられ、1180ドルまで急伸。その後10ドルごと急伸するという値動きを何度も繰り返し、1200ドルを回復。1221ドルまで上昇を見せました。安値からは80ドル近くの上昇で、近年稀に見る大陽線をつけたのです。


皆さんご機嫌いかがでしょうか。大橋ひろこです。
今日はインベステック調査情報グループの東海林勇行さんにお話を伺いました。


このドル建ての派手な動きに伴って円建ての金、TOCOMの先物市場でも
金価格は乱高下。100円安から一転して200円高という凄まじい展開となりました。

この背景にはいったい何があったのでしょうか。


東海林さんは、原油急落からの反発局面で金市場はストップを巻き込んで急伸した
として、原油価格に連れた側面もあったとしながらも、
足元では金のリースレートが上昇しており、現物市場では
タイト感が出始めていたところだったと解説くださいました。


ETF市場からは相変わらず資金流出が続いているとのことですが、
月曜の上昇局面ではETFの買いも見られたとのこと、
ETF市場からの資金流出が止まるかどうかにも今後注目ですね。


また、インドは貿易赤字の主因となっていた金の輸入に
規制をかけていましたが、先週末「80:20ルール
(ゴールド輸入を規制するため、100輸入した場合、そのうち20を
付加価値をつけて輸出しなければ次の輸入は許されない)を
即日中止すると発表しており、このニュースも心理的には強気に働くと
思われます。


こうした背景から、急落から一転、急騰劇を演じた金市場ですが
チャート的にはテクニカルの好転からしばらくは売り方劣勢の
センチメントが形成されそうです。


しかし、来年はアメリカの利上げが目されており、
金利のつかない金は下落するという見方が大勢であり、
金を買う材料は見当たらないのが現状。
欧州が量的緩和策に踏み切るのも時間の問題とみられ、
ドル高が加速すれば、金は下落するというのがセオリー。


基本的には今回の金の急騰劇は一時的な値動きである可能性が強く、
あまりここから金が上昇するという見方は多くはありません。
ここからの金の見通しはオンデマンド放送で
東海林さんの解説をお聞きくださいね。


******************************

ここでラジオNIKKEIからお知らせです!

ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。

「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。
円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。この機会に実物資産のゴールドを!私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。


詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

コメント