コロナウイルス、過去の経験則からはドル/円は買い?三角保ちあい収束のポンド/ドルはBOE待ち! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020/01/24(金) 21:30 辻留奈

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、109.26~110.22で動きました。

110円台にのせている時間が長くなってきたなぁと思っていたら...
今週の火曜日に、突然ドル/円が30銭ほど理由なく下げ、110円値固めならず109円台へ。
同時に日経平均株価も下げ幅を広げました。
これといった材料はないなか「中国武漢市のコロナウイルスが意識されたのでは」
という解説が多く聞かれました。

SARSが流行したときは、不良債権の処理でその後のドル/円は上昇しました、
MERSのときは、その後アベノミクスでドル/円上昇。
今回のタイミングでは、米国は税制改革第2弾に着手することを表明。
これは今後のドル/円をサポートする材料です。
コロナウイルスによる下げが一時的だすると、
過去の経験則から、下げた場面ではドル/円は買い?


ECB理事会は金利据え置きとされましたが、
ラガルド総裁の発言でユーロ売りが進みました。
「物価目標含む戦略的な検証をスタート」などの発言がありましたが、
これは年末までに結果をだすとのことで、
つまり実質1年間政策金利の変更がないことになります。

ユーロ/ドルはヘッド&ショルダーを形成、
ネックライン1.10に注意したいと岡安さんは話していました。
1.10を完全に下抜ければ、ユーロ売りが進みそうですが、
1.09にも強いサポートがあるとのこと、
またユーロ/円は、120.70付近が底固そうなラインとのことでした。


そんななか来週の注目点はポンド。
日足で三角保ちあいが収束しつつあるポンド/ドルは、
そろそろどちらかに大きく動きそうなチャートとなっています。

30日には英政策金利発表が控えています。
これをきっかけにどちらの方向へブレイクか?
中銀メンバーの利下げ発言も多く聞かれるなか、果たして英中銀はどう動くのか注目です。
利下げ観測のあるポンドですが、どの程度現在のポンドに織り込まれているのでしょうか?
岡安さんの答えを聞くと展望できそうです。


来週のドル/円の予想レンジやお話の詳細は、
radikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)
来週も聴いてくださいね。

コメント