コモフェス2014 レポート

番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~金曜日 17:30~17:45
提供:東京商品取引所

投資情報番組「マーケット・トレンド」は平日月曜日から金曜日17:30~17:45の生放送番組。
(月)「世界の経済・政治ニュースから」(火)新コーナー!「ファンダメンタル分析」(水)「コモディティ・マーケットの見通し」、そして(木)は「岡安盛男のFXトレンド」(金)は「投資経験者のためのα情報」。
いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャトでお聴きください。
キャスターは(月)・(火)が山本郁、(水)・(金)が大橋ひろこ、(木)は櫻井彩子が担当いたします。

新着記事

12月で調整は一段落しそう!? [岡安盛男のFXトレンド]

2014.12/18 櫻井彩子 記事URL



岡安さんはかなりの寝不足のご様子ですが・・・それも無理ありません。
先週までは"スケートリンク"と言っていたスピード感。
今週はもう"ジェットコースター"と言うほどにめまぐるしく動きました。
ドル円は売られたのにフェイントをかけてすぐに上昇しているので
ロングもショートもかなりしんどい展開に。


FOMCの声明文では「相当な期間」と「忍耐強く」のふたつが入りました。
株式市場は「相当な期間」に反応。
緩和政策が続くことは、株式市場ではプラス。
ロシア危機をもプラス視する強気の相場。
一方、債権市場は「忍耐強く」に反応。

長期債利回りが上昇し、金利が上がったのでドルが上がりました。

つまり株式市場は緩和政策を、債権市場は利上げを取る結果となり
合わせ技とも言えるイエレン議長の思惑通りに動いたと言えそうです。


ここまで株も下がってドル円も下がっていたというのは
年末の薄商いの中でヘッジファンドなどの手仕舞いなど、調整だったと考えて良さそう。


ロシアは政策金利を6.5%上げて17%とするなど
これまで見たことのないような上げ幅です。
それでもルーブルが下がったので、ロシアにとっては相当なダメージ。
しかし相場は今ところアメリカの金融政策にとっては影響がないと結論づけています。
イエレン議長も、長期化しないとの見方をしている様子。
ロシアから資源国に広がっていくとかつてのアジア通貨危機が連想されますが、
97、98年のようにはならないのではというのが多くの見方。
ただ、シェールガスの採算コストと言われる40〜50ドルまで原油が下がった場合は要注意です。


120円超えも特に過熱感はなかったので、長期的にはドル円は上昇方向。
ユーロの買い材料がないのに上がったのは、ドル安が原因でしたが、
米国債権も買われて金利も下がったのでドルが買われてきたので
不安定な状況は是正されるのではと予想されます。


ただ、欧米はクリスマスで小休止に入り、さらに薄商いに。
薄商いの時に変なニュースが出ると、勢い良く動きやすいので注意です。
また、今回はフェイントがかかるので、少し傷が癒えるまでは時間がかかりそうです。


最後に豪ドル。
下落が顕著な豪ドルはちょうど0.81まで来ているのですが、
1月にRBA議長が「0.8が適正レベル」と発言しており、
そういう意味では良いところまできているので
豪ドル円を少し買ってみるのも良いのかも?


いずれにせよあまりポジションを偏らせないで
上下の動きに気をつけて臨んだ方が良さそうです。


******************************
ここでラジオNIKKEIからお知らせです!

ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、
純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、
日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。
価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。
「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、
山本郁さん、大橋ひろこさん、そして私、櫻井彩子の3人それぞれのデザインのカードがあります。
円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、
(実際に、円建ての金は現在上昇中)
おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。
この機会に実物資産のゴールドを!

私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。
詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください

◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

LPG価格も下落傾向、そもそもLPGとは... [大橋ひろこコラム]

2014.12/17 大橋ひろこ 記事URL

原油安が止まりません。原油価格は今年の高値から50%もの下落となっていますが、原油が安いことでLPG価格も下落しています。LPGって?!マーケット・トレンドで詳しく取り上げるのは初めてかもしれません。今日はLPGのお話。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はRIM情報開発のLPGチーム記者、編集長のリム・チーセンさんに
LPGについてお話を伺いました。

LPGとは英語Liquefied Petroleum Gasの略称です。
化石燃料の一種である液化石油ガスのことですが、
「プロパン」と「ブタン」の2種類に分かれています。

LPGは主に油田、ガス田や製油所から生産されています。
油田の発掘によって、原油は大量に生産されますが、
随伴で割と密度が軽いLPGも一緒に出ているのです。
ガス田からは基本的に天然ガスが採掘されますが、
こちらも随伴でLPGも生産されるというわけ。

また、原油を原料として製油所で蒸留することによって、
LPG、ナフサを含む軽質留分、灯油、軽油を含む中間留分
そして重油を産出しています。これが製油所生産分。

日本では、プロパンが家庭のガスコンロや給湯器で使用されていますね。
ライターや鍋料理を食べる時に利用するコンロのカセットボンベ
はブタンです。タクシーもオートガスとしてブタンを使っています。

石化プラントのナフサクラッカーがナフサの代替原料として
使用することも可能なほか、東京電力や中部電力など電力会社は
LPGを発電用の燃料として使う場合もあるのだそうです。
工場などではプロパンとブタン両方を燃料として使っています。

ともかく、持ち運べるためにインフラがなくても使える利便性が高く、
震災後はLPGが注目されました。

日本はエネルギー輸入国ですからLPGも輸入に頼っているのですが、
日本のLPG使用量は年間1千600万トン前後、
そのうち4分の3が輸入されて分です。

輸入の大半は中東からですが、近年アメリカでシェールガスが
大量に生産されており、それに伴って出ているLPGも急激に増加、
アメリカからの輸出増につながっています。
アメリカのLPGの輸出量は2012年、500-600万トンぐらいでしたが
2013年に1千万トン前後に大幅に増えました。
今年の輸出量は1千400万に達しそうだとチーセンさん。
日本もアメリカからの輸入を増やしています。

また、その4分の1は製油所から生産される分だそうですが、
そもそも日本の製油所で精油される原油が輸入されているものですから、
結局はLPGの形で輸入されていないとはいえ、
全てが輸入に頼っているということですね。

では価格はどのように決定されているのでしょうか。
元売はその殆どを中東から輸入しているため、
輸入する際に、そのコストは中東のサウジアラムコ社が毎月発表している
長期契約の公示価格(通称Aramco CP)に連動しています。
これは中東産ガス社と長期契約を結んだ時の値段です。
サウジアラムコは月末に翌月のCPを設定しますが、
長期契約以外の取引もCPに連動される場合が多いので、
Aramco CPの動きは注目されています。

LPG価格は通常、冬場の需要期に上昇して、
夏場の不需要期に下落する傾向にありますが、
今年異常な値動き、、、なのだそう。
Aramco CPはここ半年、ずっと下がっています。

11月末に確定した12月CPはプロパン550ドル、ブタン570ドルで、
11月CPと比べて、それぞれ60ドルと30ドル安くなりました。
1月CPは12月末に発表されますが、今の時点で、
12月CPより100ドルぐらい下がりそうと予想されています。

では何故、LPG価格は下落が続いているのでしょうか。
要因は2つ。
原油の急落とLPG自体の需給状況。
原油は6月以来、50%も下がっており、それに引きずられて
LPGの価格も下落しています。

そしてLPGの需給状況。
冬に需要は強くなるはずですが、供給もアメリカの輸出増で増えており、
結局、供給は需要より多くなっています。
この供給過剰もLPGの輸入価格の下落につながっているのです。

では、ここからの見通しは?
詳しくはオンデマンド放送でチーセンさんの解説をお聞きくださいね。

****************************************

ラジオNIKKEIからお知らせです!

ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。

「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。
円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。この機会に実物資産のゴールドを!私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。


詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

これまでの価格推移とファンダメンタルズの関係 [ファンダメンタル分析シリーズ]

2014.12/16 山本郁 記事URL

ファンダメンタル分析シリーズ、先週に引き続き、日本ユニコム主席アナリストの菊川弘之さん。
石油のファンダメンタル分析・その2「これまでの価格推移とファンダメンタルズの関係」についてです。

マーケットの主題になりつつあるオイル価格。
今日もWTIの時間外で心理的節目の55ドルを割り込んできていますが、下値の目途がつきにくくなっている状況です。
原油発の金融危機とささやかれるようになってきましたが、過去にもこのようなことがありました。
'73年と'79年のオイルショック。
原油価格が大きく上昇し、サウジアラビアは価格維持のために減産しましたが、OPEC以外の振興の産油国がこれはもうかると増産し、OPECの生産シェアが相対的に落ちました。
そして今回、シェール革命で米国産の生産シェアが伸びていったことに対処するため、減産を見送ったのではという見方が一般的になっています。
アラブ首長国連邦は40ドルまで下落しても減産しない、3か月は状況を見るとのこと。
足元で底打ちはなさそうです。

単純なファンダメンタルズだけでなく、投機のお金の需給関係も大きなポイント
ファンド筋の買い越しがどれだけ減って、新規の売り越しがどれだけ増えていうか注意する必要があるそうです。
単純な価格の節目や、48ドルの上昇ラインと言った値ごろ感だけでな、くファンド動向と合わせてパターンを見る必要がある。
ファンダメンタルズと合わせて、テクニカルのチャートパターンも見てみるといいと菊川さん。
詳しい解説はオンデマンド放送で!
ぜひブログ右側のバナーからテキストもダウンロードしてお聴きくださいね。


おまけ
菊川さん、今日は「しろたえ」のチーズケーキをお土産に買ってきてくださいました!
しろたえのチーズケーキ、間違いないですよね!
濃厚で、それでいて上品で。
足元の悪い中、わざわざありがとうございました♪


西洋菓子しろたえ 赤坂
一ツ木通りの小さなケーキ屋さん。
ケーキのショールームの前はいつも行列が出来ていますが、並ぶ価値がありますよ♪






ここでお知らせです♪

ラジオNIKKEI開局60周年を記念して、純金のインゴットが付いた特製カードを限定販売いたします!!
ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカード。
インゴットは日本マテリアル製で、100gと10g。
価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでのお届けとなります。 

10gのインゴットが付いたカードは6種類ありまして
「マーケット・トレンド」からは3人のキャスター
大橋ひろこさん、櫻井彩子さん、そして私、山本郁と、それぞれのカードをご用意しました♪

他にもラジオNIKKEIマーケット番組の60周年を記念して、マーケットキャスター 岸田恵美子さんのカード。
さらに、叶内文子さんと内田まさみさんの2ショットカードもあります。
ラジオNIKKEI60周年を記念したデザインもあります。 

100gのインゴット付きカードは、60周年記念デザインのみのプレミア版です。
60周年を記念してで数量限定、期間限定での販売です。

詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧くださいね。

◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ 

http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n

原油価格下落が株式市場の与える影響 [鎌田伸一記者]

2014.12/15 山本郁 記事URL

今日のコメンテーターは、ラジオNIKKEIの蒲田伸一記者です。
今日の日経平均株価は大幅な下げとなりましたが、昨日の衆院選の結果を受けて...ということではなく
先週末の欧米株の大幅な値下げの流れで、東京市場も下げたという形です。
11月27日にOPECが原油の減産を見送ったことで原油市場が大幅に値を下げ、それが株式市場にも影響を与えているそうです。
でも、原油価格が下がれば、ガソリンや灯油の価格も下がるので、その分のお金を他のものに使えるようになるから
消費に対するプラス要因、当然株式市場のプラス要因になるはずですが、何故なのでしょうか?
鎌田さんのお話では、原油価格の下落が、投資家に与える影響を株式市場が気にしている...というのです。
"消費者"ではなく、"投資家"。
原油価格の下落
→シェールガスを始めとする、原油やガスの開発会社が開発が停滞する
→開発会社が資金調達に利用しているハイイールド債の価格が急落
→金融不安に...ざっくりと説明するとこんな方式に。
ハイイールド債は高利回りの債券。
つまり、信用度の低い商品です。
あれ...信用度の低いって覚えがありません?
そう。サブプライムローン。
鎌田さん曰く「世界はリーマンショックの影に怯えているのです」!?
詳しくはオンデマンド放送で鎌田さんの解説をお聴きくださいね。


ここでお知らせです♪

ラジオNIKKEI開局60周年を記念して、純金のインゴットが付いた特製カードを限定販売いたします!!
ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカード。
インゴットは日本マテリアル製で、100gと10g。
価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでのお届けとなります。 

10gのインゴットが付いたカードは6種類ありまして
「マーケット・トレンド」からは3人のキャスター
大橋ひろこさん、櫻井彩子さん、そして私、山本郁と、それぞれのカードをご用意しました♪

他にもラジオNIKKEIマーケット番組の60周年を記念して、マーケットキャスター 岸田恵美子さんのカード。
さらに、叶内文子さんと内田まさみさんの2ショットカードもあります。
ラジオNIKKEI60周年を記念したデザインもあります。 

100gのインゴット付きカードは、60周年記念デザインのみのプレミア版です。
60周年を記念してで数量限定、期間限定での販売です。

詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧くださいね。

◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ 

http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n



今週の放送予定(12月15日~19日) [山本郁コラム]

2014.12/14 山本郁 記事URL

第47回衆議院議員選挙の投開票日を迎えました。
政権交代がかかった前回に比べると、国民の関心は今一歩。
寒波襲来による大雪の影響もあり、投票率が戦後最低だった前回をも下回るのでは...と心配されていますが
皆さん投票は済まされましたか?

私は今日朝から仕事があるため、昨日、期日前投票を済ませてきました。

そしてGETしました「投票済証」
投票所で入場整理券を渡すときに、「投票済証」を下さい!と言えばもらえます。
これ、結構役に立つんですよ!

「選挙割」とか「選挙割引」なんて言葉で検索していただくと出てくると思いますが
この投票済み証を提示すると割引してくれるお店があるんです。

中には、お店のサイトで投票宣言した方はその画面をお店で提示すればOKなんてお店も!
http://senkyo.benjerry.jp/(←本日の12時までだそうです)

私の家の近所では、施術料10パーセントオフサービスしてくれる整体院や、15パーセントオフしてくれる中古レコード店を発見しました!

そんな中で私が出かけたのは仕事先に近い目黒にあるお蕎麦屋さん。
こちらでは投票済証を見せると、グラス生ビール(お通し付き)かウーロン茶をサービスして貰えるんです♪
「投票行ってこられたんですね。ご苦労様です!」って労って頂きました♪
都知事選の時も、前回の衆議院選挙の時もこの選挙割引をしていたそうです。
ただ実際には投票済証を持ってくる方は殆どいないそうです...。


「目黒不動門前 海老民」さん。
http://r.gnavi.co.jp/a339900/

投票行動を物や金銭で釣るなんて...なんて言葉も聞かれるなど批判もありますが、若者の選挙離れをなんとか食い止めよう、政治に参加させようという、お店の方の心意気です♪
せっかくですから一緒に盛り上がってみませんか?


それでは今週の放送予定です。

12月15日(月)
鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」

12月16日(火)
菊川弘之さん(日本ユニコム 調査部 主席アナリスト)
「石油のファンダメンタルズ分析②」

12月17日(水)
リム・チーセンさん (リム情報開発 LPGチーム記者)
「LPGの需給と価格について」

12月18日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

12月19日(金)
林知久さん (投資日報社)
「テクニカルからコモディティをよむ」

今週も、1日15分マーケット・トレンドにお付き合い下さいね。

原油安がもたらす金市場への影響 [大橋ひろこコラム]

2014.12/12 大橋ひろこ 記事URL

12月に入って金が上昇に転じています。11月30日㈰のスイスの外貨準備における金保有比率を高めるといった趣旨の国民投票が否決されたことを受け、週明け月曜の東京時間で金価格は1141ドルまで急落しました。11月7日につけた安値1130ドルを割り込まなかったことで、反発に転じてはいたものの、本格上昇となったのは欧州時間から。この日はNY時間もショートカバーが続き、結局金は一晩で80ドル近くも上昇となったのです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
金融貴金属アナリスト亀井幸一郎さんにお話を伺いました。

亀井さんは、週末に金がらみのイベントがあった場合、
週明け月曜日のTOCOM時間に価格が振れやすく、
天底を形成するパターンが多いようです。

行き過ぎる価格を付けるのが月曜の東京時間で、
その後反転することが多いそうですので、覚えておくといいですね。
3月16日のクリミアの住民選挙の時も、週明けに当面の高値を付けて
下落に転じて居ました。

この12月1日の大陽線から相場が底入れしたように見えますが、
亀井さんは金ETFの代表的なスパイダーゴールドの保有残高が
木曜までで3営業日連続で増加していることにも注目だと指摘。

ETF市場からの資金流出は、これまでの金価格下落の大きな圧力と
なってきていましたが、資金流出が止まったのでしょうか?
9月以降3日連続で金ETF保有残が増加したことはなかったのだそうです。
亀井さんは金ETFの残高動向はマーケットの潮目の変化を読むうえで
先行指標となるケースが多いとして注目されています。

また、昨年こそ中国に首位を奪われたものの世界1の金の需要国である
インドが金の輸入規制を緩和したことも、大きな変化だと亀井さん。

インドは巨額の貿易赤字に苦しんでいますが、赤字の最大の原因は
原油です。これは輸入規制するわけにはいかないので
次に赤字の原因となっていた金の輸入に、厳しい規制をかけていました。

輸入関税を1%から10%へと10倍に引き上げたり、
80:20ルールと言って、100の金を輸入したら
そのうちの20%は加工するなどして輸出しなければ、次の輸入ができない、
という規制も施行していました。

これを11月28日に緩和したのです。

すでにインドの金輸入は9月に143トン10月に150トンと増加傾向にあり、
インドの金需要が旺盛であることは、数字にも表れていましたが、
この規制緩和を受けて、おそらく中国から金消費国首位を奪還する
のではないでしょうか。こうした金輸入増を受けて、市場では
インドが金の規制を強めるのではないか、という予想もあったのですが、
その逆でインドは金の輸入規制を緩和したのです。
その背景にあるとみられるのが原油安。

インド当局は規制緩和の理由は明らかにしていないのですが、
亀井さんは原油安によって貿易赤字が縮小する見込みであることが
金輸入規制緩和の背景にあるのではないか、と指摘。

北海ブレント価格も70ドル程度まで下落していますが、
70ドル換算で計算すると2015年のインドの原油輸入による
貿易赤字額は500億ドルも圧縮されるそうです。

ちなみに2013年の金の輸入コストは440億ドル。
来年原油価格下落で圧縮されるであろう赤字額分より
少額ですね。まるまる相殺されてしまう、という試算です。

また、昨今の原油安が今後何をもたらすのか、という点においては
シェール事業に投資していた資金の焦げ付きなどが指摘され
始めており、(シェール掘削事業も原油価格が高いことで成立していた)
すでにジャンク債市場には影響が出始めています。

ロシアも欧州向けパイプラインの事業計画凍結を発表しており、
原油安によってもたらされる地政学上のリスクも懸念されているのです。

こうした金融市場や地政学上のネガティブ材料は
金市場にとっては買い要因なってくるため、
金価格がジワリ買い戻されている背景にはこうしたリスクへの
警戒が強まっているとの見方もできないことはないでしょう。

詳しくはオンデマンド放送で亀井さんの解説をお聞きくださいね。

****************************************

オNIKKEIからお知らせです!

ラジオNIKKEIでは、開局60周年を記念し、純金のインゴットが付いた特製カードを限定にて販売しています。

この特製カードは、ラジオNIKKEIの人気マーケットキャスターの写真が入ったオリジナルカードで、日本マテリアル製のゴールドインゴットとともに販売します。本物の金ですよ。

今回、販売するインゴットは100gと10g。価値あるゴールドを、人気キャスターのカードとともにケースに包んでお届けします。

10gのインゴットが付いたカードは6種類。

「マーケット・トレンド」からは3人のキャスターが登場、山本郁さん、櫻井彩子さん、そして私、大橋ひろこの3人それぞれのデザインのカードがあります。
円安のヘッジに円建ての金が注目。。。と番組でもお伝えする機会が増えていますが、(実際に、円建ての金は現在上昇中)おそらく、これから来るであろうインフレヘッジとしてますます注目が高まると思われます。この機会に実物資産のゴールドを!私たち3人娘?のデザインカード付の金インゴットを是非、ご検討ください。


詳しくはネットショップ「さうんろーど」をご覧ください
◆ラジオNIKKEIネットショップ「さうんろーど」公式グッズ
http://radionikkei.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1407275&csid=0&sort=n




新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 郁
やまもと かおる

新潟テレビ21アナウンサー・ラジオNIKKEI契約アナウンサーを経てフリーに。
ニッポン放送では『高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団』最後のアシスタントをつとめた。
ラジオNIKKEI『聴く日経』、『テイスト・オブ・ジャズ』のパーソナリティー等。

新しい一週間の始まりにお耳にかかれて光栄です!!
今聴いて下さっている“あなた”をマイクの向こうに意識して価値ある情報を、正確に分かり易くお伝えします。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

櫻井 彩子
さくらい あやこ

東京生まれ。一般企業にOLとして就職後に転身し、フリーアナウンサーに。
ラジオNIKKEIでは「マーケット・トレンド」ほかを担当。
特技は3才から始めたヴァイオリンで、アマチュアオーケストラにも所属。

岡安 盛男
おかやす もりお

1979年4月アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)入行。アービトラージディーラー としてスタートし、マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる。83年RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長。85年ウエストパック銀行にシニア為替ディーラーとして入行。ロンドン支店を含み約10年間勤務1994年にはインドスエズ銀行(現カリヨン銀行)にチーフカスタマーディーラーとして入行。自動車や石油会社などのメーカーや、生損保、商社などの大手顧客へ為替のアドバイスを行う。 1998年独立してデイトレーダーに転身。日本ではまだFX業者はなく、海外のFXブローカーを使ったFXデイトレーダーの先駆けとなる。

パーソナリティ一覧はコチラ