コモフェスバナー

番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~金曜日 17:30~17:45
提供:東京商品取引所

投資情報番組「マーケット・トレンド」は平日月曜日から金曜日17:30~17:45の生放送番組。
(月)「世界の経済・政治ニュースから」(火)「商品先物取引の仕組みとポイント」(水)「コモディティ・マーケットの見通し」、そして(木)は新登場!「岡安盛男のFXトレンド」(金)は「投資経験者のためのα情報」。
いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャトでお聴きください。
キャスターは(月)・(火)が山本郁、(水)・(金)が大橋ひろこ、(木)は櫻井彩子が担当いたします。

新着記事

ドル高の様相で国際商品価格に下落圧力 [大橋ひろこコラム]

2014.08/27 大橋ひろこ 記事URL


ぐっと気温が下がり過ごしやすくなりました。今週で8月も終わり、夏の去っていくムードは寂しいものですが、皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はコモディティインテリジェンスだ代表取締役 近藤雅世さんに
コモディティ市況について伺いました。

円安、ユーロ安が進行し、全面ドル高の様相となっています。
円安は円建ての商品価格TOCOM市場にとっては押し上げ要因ですが、
国際商品価格には下落圧力となります。


金やプラチナ価格も頭が重く、今年は地政学リスクで買われる局面も
あった原油市場も足元では下落が続いており、
6月には107ドルあったWTI原油価格は93ドルにまで落ちてきています。

近藤さんによると米国では6月末から8週間のうち7週間原油在庫が
減少し、約2%原油在庫が減っているそうなのですが・・・。

在庫減の背景は石油精製設備稼働率が過去最高になっているためで、
8月15日の週は93.4%でした。
日本の稼働率が87.3%ですからかなり米国の石油精製設備の
稼働率が高いことがわかります。

しかし、市場はこれを材料視していないようです。

OPECのOil Market Report8月号によりますと、
今年の世界の原油需要量は日量9111万バレルですが、
非OPECからの供給は6146万バレル、その差は2965万バレルです。

それをOPEC諸国が生産すれば需給は均衡するのですが、
7月のOPECの生産量は2991万バレルなので、
日量26万バレルだけ余分に生産されているということになります。

需要の伸びが110万バレルであるのに対し、米国やカナダ等
非OPEC諸国の生産の伸びが158万バレルですから
OPECは減産する必要があります。

ところが、イスラム国で荒れているイラクですら、
前月比7万5千バレル減の305万バレルも生産しています。

リビアからも2隻目のタンカーが出航リビア生産も回復基調。

原油価格が下落するとOPEC総会で減産を決め、価格を支えてきたOPECですが、
現在ではOPEC諸国も外貨を稼ぎたいため少しでも多く生産してしまうのだとか。

このまま原油価格は下落が続くのでしょうか。

近藤さんはNY原油価格は6月20日の107.73ドルから
8月21日の92.5ドルまで▲15.23ドル14%も下落しているため、
気分的には何かあればそろそろ反転する頃だと指摘されています。

何か?というのは地政学要因でしょうか、それとも。。。。

番組では下落が続く穀物相場についても伺っています。
詳しくはオンデマンド放送でお聞きくださいね。

********************************

9月23日(秋分の日)
コモディティフェスティバル2014が開催されます!!

下落が続く穀物・ゴム相場ここからどうなる?
金はアメリカの金利が上がったらどうなる?
地政学リスクにも原油が下げっているのは何故?
コメ価格の今後・・・などなどコモディティ価格の何故にせまります。

スタンダードバンク東京支店長、池水 雄一さん。
資源食糧問題研究所代表、柴田明夫さん、
そして小次郎講師や菊川弘之さんら、
番組でもお馴染みのメンバーが登場、
住友商事グローバルリサーチ社長 高井裕之氏による基調講演は必聴です。

トークセッション、総合司会は私、大橋ひろこが務めさせていただきます。

ゴールドグッズや豪華賞品が当たる
コモディティプレゼント抽選会もありますよ~!

「コモフェス2014」のお申込は無料です。
お申込受付はコモフェス2014公式サイト↓↓↓からどうぞ。

小次郎講師流トレードの極意 全10回スタート! [大橋ひろこコラム]

2014.08/26 大橋ひろこ 記事URL

今日から11月4日までの全10回、講演会は常に満員御礼、トレーダーに大人気の小次郎講師こと手塚宏二さんがレギュラー出演です。
「最高レベルのトレード手法を世界一わかりやすく!」をモットーに小次郎流投資の極意をお伝えしてまいりますのでご期待くださいね。

小次郎講師の放送は、テキストと合わせてご覧くださいね。
テキストはこのブログの右側あるTOCOMのバナーの下に「小次郎講師流トレードの極意」参考テキストはコチラからダウンロード其の一というところからダウンロードできます。

第1回目の今日のテーマは「Aクラストレーダーの心構え」レベルアップの方法論を知る!です!

1・小次郎講師は、トレードでは「予想はよそう」とバッサリ。(ダジャレ?)

 

伝説の投資集団タートルズは予想をしないことで伝説となったのです!

ん?予想しないでどうやって買ったり売ったりするの?

※タートルズとは...新聞広告で集められた10人の素人集団。素人を天才トレーダーに育て

ることができるか?という賭けをした2人の天才トレーダーに投資理論を伝授されトレード
開始したこの素人集団はなんと4年半の間に年平均80%以上の収益をあげた。
方法論にのっとれば素人でも天才トレーダーになれることが証明された大実験。

小次郎講師は「まずトレードのルールを作ることが基本」と解説くださいました。


2・トレードエッジを見つけよう!


んんん?エッジって何のこと?

小次郎講師曰く

「投資は予想のゲームではありません。確率のゲームなのです。」

極意は価格変動を予想するのではなく、変動の中に「エッジ」のある
タイミングを狙っていく、というのです。

それは一体どのようなポイントなんでしょうか。

エッジとは優位性。優位性のあるタイミングだけを狙いすまして
ポジションを取ればいいのです。

具体的にはとエンドが継続するサインが点灯している局面。

テクニカル的に優位性の高い、エッジのある瞬間に絞っていかなくては
ならないのです。投資のタイミングはあなたの時間の都合でも、
あなたの用意できる資金量の都合も全く関係ありません。
投資のタイミングは相場にエッジがある時なのです!


3・トレードルールを作ろう!

皆さんはトレードに厳格なルールを設定していますか?

小次郎講師は東大生のように優秀な人でも、トレードをした瞬間
(ポジションを持った瞬間)から高校生程度の判断力になる、と指摘します。

曰く、トレードには欲や恐怖が伴うが故に冷静な判断ができなくなる。

というのですが、確かに、買いポジションを持つと都合のいいニュ―ス
ばかり集めて、悪いニュースを見なかったことにしがち・・・。

騰がると予想して買ったはいいものの、下がることなど想定していなかった、
というポジションの構築では勝ち組にはなれません。

予想はするな。

ポジションを構築して間違ったら速やかな撤退判断も
必要なのです。このルールをきちんと持っていないと
損失が膨らんでも損切りができませんね。

Aクラストレーダーとなるためには撤退のルール、
上手な負け方が必要なのです。




4・資金管理・リスク管理を学ぼう!


相場の構造としては7~8割が負け組と言われています。
では2~3割の勝ち組は何故勝ち組なの?

小次郎講師曰く、負け組投資家の大半は資金管理リスク管理の

失敗で撤退を強いられているそうです。

どんなエッジ局面で買えばいいの?とついついトレードの手法を

学ぶことに精を尽くしてしまいがちですが、手法よりも大事なのが
資金管理。。。なのだそうです。

「1回あたりの取引量において、あなたは何%のリスクを取っているか」

これにすぐに答えられなければ失格です。
あ・・・。私も失格です・・・(笑)

自身の資金管理を徹底できてポジションコントロールができれば

手法が何であれ、Aクラストレーダーの仲間入りができる?!

小次郎講師のトレードの極意、全10回のシリーズにて
エッジとはどんな局面なのか。
トレードルールはどのように作るのか。
資金管理はどのようにしていけばいいのか。
などなど、詳しく解説いただきます。

全10回中、前半5回はトレードの極意、考え方を、

後半5回はテクニカル分析を軸に小次郎講師に伺っていきます。

毎週火曜のシリーズ、今後もお付き合いくださいね。

詳しくはオンデマンド放送をお聞きください。



********************************



9月23日(秋分の日)

コモディティフェスティバル2014が開催されます!!

下落が続く穀物・ゴム相場ここからどうなる?
金はアメリカの金利が上がったらどうなる?
地政学リスクにも原油が下げっているのは何故?
コメ価格の今後・・・などなどコモディティ価格の何故にせまります。

スタンダードバンク東京支店長、池水 雄一さん。
資源食糧問題研究所代表、柴田明夫さん、
そして小次郎講師や菊川弘之さんら、
番組でもお馴染みのメンバーが登場、
住友商事グローバルリサーチ社長 高井裕之氏による基調講演は必聴です。

トークセッション、総合司会は私、大橋ひろこが務めさせていただきます。

ゴールドグッズや豪華賞品が当たるコモディティプレゼント抽選会もありますよ~!

「コモフェス2014」のお申込は無料です。
お申込受付はコモフェス2014公式サイト↓↓↓からどうぞ。

本日スタート!小次郎講師が投資の極意をレクチャー [小次郎講師流トレードの極意]

2014.08/26 番組スタッフ 記事URL

 

 




「小次郎講師流トレードの極意」参考テキストは、当番組サイトのサイドバナー
からダウンロードしてください。






【小次郎講師流トレードの極意】


8月26日 第1回 「Aクラストレーダーの心構え」

レベルアップのための方法論を知る!


1)予想はよそう!
2)トレードエッジを見つけよう !
3)トレードルールを作ろう !
4)資金管理・リスク管理を学ぼう!



9月 2日 第2回 「トレードエッジを学ぶ」

Aクラストレーダーの方程式


1)トレードエッジとは?
2)トレードエッジの計算式
3)トレードエッジの計算例
4)Vトレーダーになるためには?



9月 9日 第3回 「大数の法則とは?」

Aクラストレーダーの確率論


1)サイコロで1が出る確率は?
2)開票速報で早々と当確が出るのは?
3)確率を制するものがトレードを制する!
4)少数の法則に騙されない!



9月16日 第4回 「リスクリワード比率」

確立と並んでトレードに最も大事な数字!


1)リスクワード比率とは?
2) 勝率とリスクワード比率の関係
3)日本人投資家が損小利大が出来ない理由
4)リスクワード型トレーダーを目指せ!



9月30日 第5回 「破産の確率」

落とし穴を克服せよ!


1)破産の確率とは?
2)有利なトレードルールでも
3)タートルズの破産の確率
4)平均的一般投資家の破産の確率

 




【小次郎講師流チャートの極意】



10月7日 第1回 「移動平均線の極意」

移動平均線ってなんのためにあるの?


1)小次郎講師流テクニカル指標のマスター術!



10月14日 第2回 「MACDの極意」

MACDが移動平均線の進化形ってほんと?



10月21日 第3回 「相対力指数(RSI)の極意」

RSIのパーセンテージが意味するものは?



10月28日 第4回 「ストキャスティクスの極意」

ストキャスのパーセンテージが示すものは?

 


11月4日 第5回 「ボリンジャーバンドの極意」

ボリンジャーバンドはストキャスと移動平均の融合形!

 



高騰続くパラジウム [日経新聞編集委員]

2014.08/25 山本郁 記事URL

本日のコメンテーターは、日本経済新聞社 商品部 編集委員の志田富雄さんです。
今日のお話はパラジウム。
今、パラジウムが高騰しています。
他の商品の値動きが鈍いので、値動きの軽いパラジウムに投資資金が流れているともいえます。
NY市場ドル建てで一時900ドル台と2001年2月以来の高値をつけました。
国内市場では円安の要因もあるので13年5か月ぶりの高値となりました。
この高騰の背景は、パラジウムの二大供給国からの供給不足です。
南アフリカ共和国の鉱山労働者のストライキ
ロシアのウクライナ軍事介入への経済制裁
8月の対日供給量は半分に落ちています。
同じ白金族のプラチナに比べても上昇が突出しています。
パラジウムの相場観というとドル建てで400ドル台だったのですが、それが今は2倍になっています。
供給不安だけでなく実際の供給量が落ちているのでひっ迫感が出ているのです。
需要はプラチナと同じ自動車の触媒向けが中心です。
プラチナは欧州で普及が進んでいるディーゼル車向けの需要が多いのですが
パラジウムはガソリン車に使われるためアメリカや中国の需要が多いのですが、今も自動車の普及が進み排ガスの触媒需要が伸び続けています。
過去にプラチナが高騰した時に、自動車触媒がパラジウムにシフトしてきた経緯もあってそれが今効いてきているということもあります。
今後供給に制約要因が出てくると需給のひっ迫が継続します。
ただ、今の相場高騰は投機的な側面もあるので、今後値動きが粗っぽくなる可能性もあります。
乱高下するような局面もあるかもしれません。
今後の値動きには十分注意が必要です。
詳しい志田さんの解説はオンデマンド放送でお聴き下さいね。

ここでお知らせです!!

9月23日(秋分の日)、東京・御茶ノ水のソラシティホールで
コモディティ投資の魅力を伝えるスペシャルイベント
「コモディティ・フェスティバル2014」が開催されます。

コモディティを知り尽くす講師陣による、これからのコモディティを考えるセッ ション、そして魅力を伝える多彩な展示ブースまで。
コモディティ投資をじっくり学べる一日です。

「コモフェス2014」の講師は、
スタンダードバンク東京支店長、池水 雄一さん。
資源食糧問題研究所代表、柴田明夫さん、
そして小次郎講師や菊川弘之さんら、番組でもお馴染みのメンバーが登場。

トークセッション司会は番組キャスター、大橋ひろこさんです。
貴重なゴールドグッズや豪華賞品が当たる! コモディティプレゼント抽選会もあります!

「コモフェス2014」のお申込は無料です。
お申込受付はコモフェス2014公式サイトから。
沢山のご応募をお待ちしています!

 

今週の放送予定(8月25日~29日) [山本郁コラム]

2014.08/24 山本郁 記事URL

週末、江戸川区で東京のイーストサイド初の本格的な大型ジャズフェスティバルが開催されました。
『江戸川ジャズ・ナイト』
江戸川区などが主催したイベントです。

このラジオNIKKEIで12年ジャズ番組を担当していることと、江戸川区のコミュニティーエフエムで10年間リクエスト番組を担当させて頂いている御縁で
記念すべき第一回の司会を私、山本郁が務めさせていただきました。

出演されたミュージシャンがとにかく豪華でバラエティーに富んでます!!
日野皓正クインテット
山中千尋トリオ
土岐麻子 meets Schroeder-Headz
高橋誠カルテット
トランペットに、ピアノに、ボーカル、ヴァイオリン
バンド構成もトリオからクインテットまで
ジャンルも、王道ジャズから新世代ジャズ、ジプシージャズ。

このようなバランスのとれたラインナップで幅広い世代の方に楽しんでいただき
何か新しい出会いや発見があればいいな...という狙いなのです。

実際に司会の私も、このイベントの司会を通じて今まで知らなかった高橋誠(セイ)さんというミュージシャンと知り合うことが出来ました。
とてもロマンティックで情熱的な演奏をするヴァイオリニストで、名古屋のマダムに大人気なのだそうです。
いずれ、テイスト・オブ・ジャズにご出演頂こうと思っています。
そして、土岐麻子さん。お父様のジャズサックス奏者土岐英史さんには番組にご出演頂いたことはあったのですが、麻子さんは初めて!
今もCMで流れている『Gift~あなたはマドンナ』を生で聴けたのも感動でした♪♪(ミーハーで済みません)




実は小学校から高校までトランペットを吹いていた私。
小学校時代の憧れのトランぺッターはニニ・ロッソ
そして、中学時代の憧れは何を隠そう日野皓正さんでした!
『シティーコネクション』、『ダブルレインボー』をさんざん聴きまくったものです。
そんな憧れの日野さんと同じステージに立って仕事を出来る日が来るなんて
新潟の田舎で暮らしていた中学時代の私は想像したこともありませんでした。
感動です♪

ちなみにそんな話をこのマーケットトレンドのコラムで書いたことがありました。
6年前の写真です。

そんな昔のことを思い出したりした週末でした...。



さて、8月最終週、夏もいよいよ終わりです。

今週の放送予定をご紹介しましょう。

8月25日(月)
志田富雄さん日本経済新聞社 商品部 編集委員)
「高騰続くパラジウム」


8月26日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
「小次郎講師流トレードの極意・第1回」


8月27日(水)
近藤雅世さん(コモディティー インテリジェンス 代表取締役社長)
「商品市場の動向と今後の見通し」


8月28日(木)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


8月29日(金)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

今週から火曜日は『小次郎講師流トレードの極意』が始まります。

今週も1日15分、マーケットトレンドにお付き合いくださいね。



下落続くトウモロコシ、生産コストからみると・・・ [大橋ひろこコラム]

2014.08/22 大橋ひろこ 記事URL

中東・ウクライナ情勢などの地政学的リスクが後退したとの見方が強まったことに加え、米国の金利引き上げ時期を巡っての思惑からドル高が進行したことで、商品市場は全般軟調な推移となっています。10月にはテーパリングも終了する見込みで、いよいよ米国の金利が動き出すとの見方が強まっており、ここからさらに米国金利の上昇→ドル高→商品安のシナリオに傾いていく可能性も?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はマーケット・リスク・アドバイザリー津賀田真紀子さんにお話を伺いました。

穀物、特にトウモロコシ相場は弱い値動きが続いています。
シカゴトウモロコシは最大生産国である米国で豊作見通しが
強まっていることから上値の重い動きが続いています。

8月12日に米農務省から発表された需給報告によると、
2014-15年度の米国トウモロコシの生産高は前月から上方修正され、
前年度比+0.8%の140億3,200万ブッシェルと
過去最高を記録するという見通しに変っています。

今年の夏は5年ぶりにエルニーニョ現象の発生が予想されていましたが、
発生が秋から初冬にずれ込む見込みに変ってしまったため、
の要である受粉期に干ばつなどの被害を受けずに済みました。

現在、主要産地ではクロップツアーと呼ばれる実勢調査が
行われているそうですが、作柄が例年以上に良好で、
今後、単収・生産高とも更に上方修正される可能性も高いと
見られているようです。

価格が下がればそれだけ需要が増えるということはないでしょうか?

津賀田さんによると、2014-15年度の米国全体のトウモロコシ需要は
前年度を下回ることが予想されているのだとか。
飼料向け需要は+1.4%となることが見込まれていますが、
エタノール向けは▲0.9%、
輸出向けは▲10.2%となる見込みです。

トウモロコシ由来のエタノールはガソリンにブレンドして使用されますが、
米国でガソリン自体の需要が伸び悩んでいることから、
エタノール需要の伸びが期待され難い状況になっていることも背景に。
輸出向け需要は最大の輸出先であった日本の需要が減少しているようです。


では現在の価格水準は適正なのでしょうか?

津賀田さんが解説くださったのは「生産コスト」
価格決定要因は様々ありますが、生産コストという観点からみると
現在の価格水準は割安であると伺いましたなようです。

米農務省が6月3日に発表した予想によると
2014-15年度の1エーカー当たりのトウモロコシの生産コストは
690.59ドルとされています。

今回8月12日に発表された需給報告では単収が
167.4ブッシェルと予想されていますから、
690.59ドルを167.4ブッシェルで割る
1ブッシェルあたりの生産コストは412.54セントとなります。
現在のシカゴトウモロコシ相場の359.50セントというの
売られ過ぎとみることもできますね。

ただ、今週から始まった米中西部のクロップツアーの結果では
過去3年を上回る単収になると見込まれている地域がほとんどです。
おそらく9月の需給報告では更に単収が上方修正され、
これによって1ブッシェルあたりの生産コストが
更に引き下げられる可能性があるため、すでに割安であっても、
今の時期に積極的にポジションをしかける非商業筋(ファンド勢)は
少ないのではないか、と津賀田さんは解説くださいました。

今後は、ファンド筋のショートポジションが今年5月以降
急速に積み上がっているということを考えると、一時的に
買い戻しの動きによって相場が反転する可能性が考えらるとはいえ、
足元のファンダメンタルズの弱さを考えると、
上値余地は限定されるのではないかと予想されます。


詳しくはオンデマンド放送で津賀田さんの解説をお聞きくださいね。

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 郁
やまもと かおる

新潟テレビ21アナウンサー・ラジオNIKKEI契約アナウンサーを経てフリーに。
ニッポン放送では『高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団』最後のアシスタントをつとめた。
ラジオNIKKEI『聴く日経』、『テイスト・オブ・ジャズ』のパーソナリティー等。

新しい一週間の始まりにお耳にかかれて光栄です!!
今聴いて下さっている“あなた”をマイクの向こうに意識して価値ある情報を、正確に分かり易くお伝えします。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

櫻井 彩子
さくらい あやこ

東京生まれ。一般企業にOLとして就職後に転身し、フリーアナウンサーに。
ラジオNIKKEIでは「マーケット・トレンド」ほかを担当。
特技は3才から始めたヴァイオリンで、アマチュアオーケストラにも所属。

岡安 盛男
おかやす もりお

1979年4月アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)入行。アービトラージディーラー としてスタートし、マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる。83年RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長。85年ウエストパック銀行にシニア為替ディーラーとして入行。ロンドン支店を含み約10年間勤務1994年にはインドスエズ銀行(現カリヨン銀行)にチーフカスタマーディーラーとして入行。自動車や石油会社などのメーカーや、生損保、商社などの大手顧客へ為替のアドバイスを行う。 1998年独立してデイトレーダーに転身。日本ではまだFX業者はなく、海外のFXブローカーを使ったFXデイトレーダーの先駆けとなる。

パーソナリティ一覧はコチラ