自分で取引を実際に体験・学習!「TOCOM 先物・オプションシミュレーター」はこちら!
(外部サイトへ移動します)


TOCOMスクエア

番組紹介

ラジオNIKKEI第1 毎週月曜日~金曜日 18:00~18:15
提供:東京商品取引所

毎日夕方に15分生放送。
(月)「世界の経済・政治ニュースから」
(火)「小次郎講師のトレードラジオ講座」
(水)「専門家の目(コモディティ・マーケットの見通しなど)」
(木)「専門家の目(投資経験者のためのα情報など)」
(金)「岡安盛男のFXトレンド」 と、日替わりで最新の投資情報をお届けします。
いちはやくライブで、いつでもオンデマンドやポッドキャストでお聴きください。
キャスターは山本郁、大橋ひろこ、袰川有希が担当いたします。

新着記事

今週の放送予定(12月5日~9日) [山本郁コラム]

2016.12/04 山本郁 記事URL

先週末、仕事が終わって帰宅する途中
半蔵門線のホームでぐったりしながら電車を待っていたら
こんな真っ赤な電車が滑り込んできました。

クレヨンしんちゃん!

わーい♪
待っていた電車がラッピング電車だと、ラッキー!!って気分が上がりますよね。

もう連載は終わってるし、お正月映画って話も聞いてないし
何の宣伝かな??

不思議に思いながらも電車を降りてから慌てて写真を撮りました。
一緒に降りた他の乗客の皆さんも、大騒ぎで写真を撮っていました。

帰宅してから、調べてみたらわかりました。
クレヨンしんちゃん、25周年を迎えたんですね。
その記念で、しんちゃんの故郷、埼玉県の春日部市で今
「くれよんしんちゃん25周年記念企画 オラのマチ春日部にくれば~」を開催中なんだそうです。
http://shinchan25.com/news/

このラッピング電車はそのプロジェクトの一環で
東部鉄道の運行している東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線で、11月3日からしんちゃん電車の運行をスタート。

この写真は埼玉にお住いの鉄道ファンのリスナーさんから頂いたんですが、この黄色の車両が第一弾。
11月25日から第二弾の青い電車が、私が乗った赤い電車は第三弾で11月29日から走っているのだそうです。
この後も12月13日からオ第四弾のオレンジが、そして12月20日に第五弾の緑の電車...と全5ラインナップが来年5月まで走るんですって。
デザインもそれぞれ違うキャラクターが描かれているんだそうです。
半年くらい、半蔵門線に乗るのが楽しみになりそうです。
何回乗れるかなぁ♪

ちなみに、25周年企画の一環で、半蔵門線の通っている東京スカイツリーのソラマチ4Fで
ソラマチ...ならぬ、「ビストロ オラマチ」も期間限定でオープンしているんですって。
http://bistro-oramachi.jp/

しんちゃんの顔のラテアートが楽しめたり、入手困難な金星佐賀豚を使った「大金星!!黄金のぶりぶり豚カツバーガー 海苔ノリフライドポテト付き」、双葉社のレシピ本「みさえの愛情たっぷり手抜きレシピ」にも紹介されている「オラも大好き野菜たっぷり野原畑ドリア スープ付き」、「とってもジューシーミサエノハラミステーキ」などなど、スィーツも含めて全12種類の楽しいメニューが揃っています。

クレヨンしんちゃん...子どもたちがみんなしんちゃんのしゃべり方を真似して、学校で禁止令が出るなど社会現象になりました。
あれから25年なんですね。


それでは今週の放送予定です。

12月5日(月)
野尻美江子さん(ファイナンシャルプランナー)
「今年の運用、どう締めくくりますか?」

12月6日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期
Lesson 15「トレイリングストップとは?」

12月7日(水)
柴田明夫さん(株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

12月8日(木)
小針秀夫さん(商品アナリスト)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

12月9日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね♪

http://shinchan25.com/news/

トリプル高続くNY...も変化!?センチメントも変化するか!? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]

2016.12/02 袰川有希 記事URL



私宛に月初に毎月届く、ある郵便物があるのですが。
今日その郵便物をポストに見つけ、「あれ?つい数日前に届いたばかりなのに、変だな」と首を傾げた私。

数秒後......「えっ......"数日前"って感じているあの日は、もう一か月も前なの!?」

時の流れの速さ、いとおそろし......。
そりゃ、スタジオがあるトコムスクエアにクリスマスツリーも飾られるってものですよ。。


そんな12月を迎える週となった、今週。
オペック総会で原油減産が合意に至る、という少し予想外でもある展開がありました。

原油は急騰、関連株は上がり、 NY株も好調。

アメリカは依然、株高、金利高、そしてドル高のトリプル高状態ですが、それでも今週は114ドル台で頭打ち。

金利がこれだけ上がっているのに、ドルの勢いに翳りが見えてきたことで、これまでの金利とドルの相関関係が崩れてきている、と岡安さん。

岡安さんは以前から、「これまでの常識で見ていてはいけなくなるかも」とおっしゃっていましたから、もはやその片鱗か!?といった感じですよね。

一方の日本は、株が年初来高値をつけたなか円安方向。

日米金利差を考えたら頷けますが、アメリカ以外も金利が上昇傾向ななか、クロス円も円安方向なのだとか。

そんなこんなで、木曜からは12月。
今夜は雇用統計がありますが、よほど悪くない限り、12月の利上げは確実でしょう。

サプライズが多すぎて、なんだか最近存在感が薄い!?気がする雇用統計ではありますが...しかし、トランプ後の熱狂相場が続いただけに、何がセンチメントの変化のきっかけになるかはわかりません。

センチメントの変化といえば、4日には憲法改正の是非を問うイタリアの国民投票がありますが、その結果が伝わり出すのは、翌日月曜の東京時間。

ECBによるイタリア国債買え支え報道もありましたが、結果によってはこれもまた、センチメントの変化のきっかけになりえますから、注意が必要ですね。


......と言っている間にFOMCが来て、欧米勢は休暇モードに......早い、早いったら。。
クリスマスだってきっと、あっという間に来てしまう。

だから!......というわけではありませんが、今年皆さんに一足もふた足も早く、クリスマスプレゼント(!?)が!!

詳しくは、下記を☆


*****************************************


TOCOMスクエアに行って、2017年版投資手帳をゲットしよう!!

来週12月5日月曜日午後6時~「マーケット・トレンド」公開生放送にお越しくださった方15名様に、
東京商品取引所発行協力の「CX FX STOCK DIARY 2017」をプレゼントいたします。

この手帳は、2017年の国内外の主な指標だけでなく、各商品の取引要綱や月足チャート、更には為替・株式など各種年表も掲載。
商品・為替・株式と、投資に関する情報が網羅されています。
自分の投資成績などを書き込んで、あなただけの投資手帳を作ってください!

「CX FX STOCK DIARY 2017」プレゼント付き、「マーケット・トレンド」公開生放送
入場無料!
日時:12月5日(月)午後6時~
会場:TOCOMスクエア
http://www.tocomsquare.com/#access
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所内
<電車>
● 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅(1,3番出口より徒歩5分)
● 東京メトロ日比谷線 都営浅草線 人形町駅(A5出口より徒歩7分)
● 都営新宿線 馬喰横山駅(A3出口より徒歩6分)
● 東京メトロ銀座線 半蔵門線 三越前駅(A4出口より徒歩13分)

<バス>
● メトロリンクEライン「堀留町東京商品取引所」(徒歩1分)
● 江戸バス「堀留町一丁目 東京商品取引所前」(徒歩2分)

番組から投資手帳「CX FX STOCK DIARY 2017」をプレゼント! [番組からのお知らせ]

2016.12/02 番組スタッフ 記事URL

東京商品取引所・TOCOM製作協力の、
「CX FX STOCK DIARY 2017」をTOCOMの提供で番組をお聴きの方、抽選で5名様にプレゼントいたします!

この手帳は、2017年の国内外の主な指標だけでなく、各商品の取引要綱や月足チャート、更には為替・株式など各種年表も掲載。
商品・為替をはじめとする投資に関する情報が網羅されています。
自分の投資成績などを書き込んで、あなただけの投資手帳を作ってください!

締め切りは12月9日(金)です。
番組のご意見・ご感想をお書き添えの上、お申し込みください。
※応募はインターネット限定
※当選者の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

お申し込み
こちらから応募フォームに進めます

上昇続くパラジウム、今後のリスクは?! [大橋ひろこコラム]

2016.12/01 大橋ひろこ 記事URL

プラチナ・パラジウム比価(プラチナをパラジウムで割った比率)が1:1.18となりました。プラチナ1173ドル、パラジウム773ドル。プラチナとパラジウムの値段が近づいています。比価は1:5にまで開いたことがありましたが(もちろんプラチナ高)そう遠くない将来に1:1、いわゆるパリティとなるかもしれません。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一さんに
パラジウム上昇の背景について伺いました。

パラジウム価格は10月28日の610ドルを底値に11/28には760ドル
にまで上昇。一ヶ月で150ドル、25%も高くなっています。
円建てパラジウム価格も2055円から2730円で約700円、
およそ34%の上昇を記録しています。

このパラジウム高の背景にある需給構造について
池水さんに解説いただきました。
簡単に言えばパラジウムは需給がよりタイトなのです。
2012年から6年連続の供給不足状態。

パラジウムの用途の7割は自動車触媒需要です。
工業用メタルの色合いが強く、景気に左右される銘柄です。
一方プラチナの需要の3割は宝飾でゴールドの動きに
より大きな影響を受けやすい側面があります。
また、その宝飾需要の8割が中国によるもので、中国の贅沢禁止令の
影響がプラチナの宝飾向け需要を減少させているほか、
プラチナの自動車触媒はディーゼル車向けであり、
おもに欧州であることも影響しているようです。

中国の10月の自動車売り上げは270万台で、9月の260万台から増加、
前年比でも19%も増加しています。10月は8ヶ月連続の販売増加となり、
ここまでで年初から2190万台の売り上げとなり、
2015年の同期は1900万台なので14%の増加です。

中国・北米の自動車売り上げは好調であることから、ガソリン車向けの
パラジウム需要増思惑が足元の価格上昇につながっているのです。

ただし、この中国の自動車販売は来年も続くかどうかは疑問です。
中国は2015年9月末に1.6リッター以下の小型車に対する売り上げ税が
50%カットされましたが、その期間は今年2016年末まで。
この需要は来年の需要を先取りしている恐れがあります。
この減税の延期も噂されていますが、まだどうなるかはわかりません。

もしこの減税が予定通り今年いっぱいで終わるならば、
パラジウム需要の伸びは年内まで、ということになる可能性が?!

また、鉄鉱石や石炭、銅などの産業用銘柄がトランプ大統領誕生とともに
急激に上昇していますが、パラジウムも同様のトレンドです。
トランプラリーである可能性も高いとみられることも、来年以降のリスク要因。

詳しくはオンデマンド放送で池水さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************

TOCOMスクエアに行って、2017年版投資手帳をゲットしよう!!

来週12月5日月曜日午後6時~「マーケット・トレンド」公開生放送に
お越しくださった方15名様に、東京商品取引所発行協力の
「CX FX STOCK DIARY 2017」をプレゼントいたします。

この手帳は、2017年の国内外の主な指標だけでなく、各商品の取引要綱や月足チャート、
更には為替・株式など各種年表も掲載しています。

商品・為替をはじめとする投資に関する情報が網羅されています。
自分の投資成績などを書き込んで、あなただけの投資手帳を作ってください!

「CX FX STOCK DIARY 2017」プレゼント付き、「マーケット・トレンド」公開生放送


入場無料!
日時:12月5日(月)午後6時~
会場:TOCOMスクエア
http://www.tocomsquare.com/#access
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所内
<電車>
● 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅(1,3番出口より徒歩5分)
● 東京メトロ日比谷線 都営浅草線 人形町駅(A5出口より徒歩7分)
● 都営新宿線 馬喰横山駅(A3出口より徒歩6分)
● 東京メトロ銀座線 半蔵門線 三越前駅(A4出口より徒歩13分)

<バス>
● メトロリンクEライン「堀留町東京商品取引所」(徒歩1分)
● 江戸バス「堀留町一丁目 東京商品取引所前」(徒歩2分)

米国石油需要増、在庫高止まりも原油輸入をするワケ [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]

2016.11/30 大橋ひろこ 記事URL

今夜11月30日のOPEC総会に注目が高まっています。 ナイジェリアとリビアは内戦状態にあり原油生産が落ち込んでいることから、減産協議から除外される中、イランが不満を表明するなど足並みが揃わぬ印象ですが原油相場は底堅く、トレーダーらは楽観の様相。前回9月のOPEC非公式会合では3250万バレル~3300万バレルに生産量を抑えるという決定がなされましたが、10月の生産は3383万バレルにまで増加しており、4~5%の減産合意がなければ失望につながると思われるのですが、、、。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は石油ガス・ジャーナル社 顧問 山内弘史さんにお話を伺いました。

OPEC総会にて供給サイドの材料が原油価格を大きく動かすものと思われますが、
現在の世界の需要はどうなっているのでしょう。

IEAの11月の石油市場報告では世界需要は10月市場報告から日糧で4万バレルの
上方修正となっています。山内さんによると、足元ではインドや中国のガソリン
ジェット燃料や運輸用燃料需要が大きく伸びているほか、OECD諸国の中では
米国の石油需要が大きく伸びているのだそうです。

米国の2016年1月から11月11日までの需要は日量2009万バレル。
前年同期比2%もの増加となっています。
おそらく2016年通年でも日量2000万バレルを超過するとみられ
2000万超えは2007年以来9年ぶりの需要増となります。

需要が旺盛ですが、実は高水準の米国石油在庫と原油安の影響で
米国の原油生産量は減少しています。
一方で米国は原油の輸入量が増加しているのです。

なぜシェール革命が起こった米国で、自国生産を減らして原油を外国から
輸入するのか?!実は米国の原油は軽質油。これまでの生産の主流であった
中東の原油は重質油。米国の製油所は重質油を精製するように作られており
軽質油の精製に適していないのです。

ということで、製油所の能力の問題があるために
米国はわざわざ輸入してガソリンなどの製品にして
消費しているというわけです。

これでは、米国生産量が落ちても、在庫は減らないのでは・・・。
と思っていましたら11月18日現在の米国原油在庫量が
4億8900万バレルと公表されました。5億2000万バレルまで
在庫が積みあがったこともありましたので、5億バレルをきって来たと
いうことは、やはり米国需要が旺盛ということでしょうか。

山内さんは「米国原油在庫量」の数字のからくりについて教えてくださいました。
実は10月13日から米国原油在庫の統計の取り方が変わったのだそうです。
10月から輸送中の原油は在庫統計から除外されたため、
タンクにある分、ローリー、パイプラインの中に存在する原油は
カウントされません。これらの総計は3000万バレルにも上るといいます。

11月に発表された4億8900万バレルに3000万を足すと、、、
しっかり5億バレルを超えてしまいますね。
この点には留意しておきましょう。

米国はこの潤沢な原油在庫解消に向けて、原油輸出を解禁しましたが
あまり輸出は伸びていないようです。米国原油は軽質であるため
世界の製油所に適合しないためです。
新たな技術によって大量に生産されるようになった米国の原油は
これまでの重質原油と質が違うために、米国から輸入する国がそれほど
多くないのですね。日本の製油所もまた重質油に適合しています。

とはいえ、世界の需要は伸びています。
山内さんによると、世界の石油需給は2017年第3四半期には
バランスし、供給不足に転じると見られます。

ちなみに米シェールの採算価格は草分けバッケン地帯で60ドル前後。
イーグルフォードは40ドル程度あれば採算が合うそうですが、、、。

ここからの原油価格展望は?
詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

*****************************************

TOCOMスクエアに行って、2017年版投資手帳をゲットしよう!!

来週12月5日月曜日午後6時~「マーケット・トレンド」公開生放送にお越しくださった方15名様に、
東京商品取引所発行協力の「CX FX STOCK DIARY 2017」をプレゼントいたします。

この手帳は、2017年の国内外の主な指標だけでなく、各商品の取引要綱や月足チャート、
更には為替・株式など各種年表も掲載しています。

商品・為替をはじめとする投資に関する情報が網羅されています。
自分の投資成績などを書き込んで、あなただけの投資手帳を作ってください!

「CX FX STOCK DIARY 2017」プレゼント付き、「マーケット・トレンド」公開生放送


入場無料!
日時:12月5日(月)午後6時~
会場:TOCOMスクエア
http://www.tocomsquare.com/#access
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所内
<電車>
● 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅(1,3番出口より徒歩5分)
● 東京メトロ日比谷線 都営浅草線 人形町駅(A5出口より徒歩7分)
● 都営新宿線 馬喰横山駅(A3出口より徒歩6分)
● 東京メトロ銀座線 半蔵門線 三越前駅(A4出口より徒歩13分)

<バス>
● メトロリンクEライン「堀留町東京商品取引所」(徒歩1分)
● 江戸バス「堀留町一丁目 東京商品取引所前」(徒歩2分)

小次郎講師のトレードラジオ講座~銘柄分散の考え方 [火曜・『小次郎講師のトレードラジオ講座』第2期]

2016.11/29 大橋ひろこ 記事URL

日本橋堀留町のTOCOMスクエアから毎日公開生放送。マーケット・トレンド毎週火曜は「小次郎講師のトレードラジオ講座」小次郎講師のトレードラジオ講座、第2期シリーズも大詰め、Lesson14は「分散投資の考え方」です。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

卵を一つの籠に盛るな。

とはいうものの、何をどのように資産を振り分ければいいのでしょう。

タートルズ流の銘柄資産配分には以下のような取引量のルールが存在するのですが、
トレーディングの際、最大リスクテイク時でも以下のボリュームまでに限定します。

1、同一市場(銘柄)で4ユニットまで(これ以上増やさないこと)
2、相関関係の高い銘柄で6ユニットまで(上記4ユニット+2ユニットまで、です)
3、相関関係のある銘柄で10ユニットまで(加えて4ユニットが最大値)
4、売り(または買い)どちらかで12ユニットまで

1ユニットというのは、1%のリスクテイクポジション。
12ユニットとなると、12%ものリスクをとっていることとなります。
タートルズ流ではこれがMAX。これ以上のリスクは取れません。

では、「相関関係」というのはどのように求めればいいのでしょうか。

相関関係はエクセル、CORREL関数で求めることができます。=correl(A1:An,B1:Bn)

相関関係が高い:相関係数0.7以上
相関関係がある:相関係数0.4以上
ほとんど相関がない:相関係数0.4未満

上記ルールに基ずいて、相関の高い銘柄は6ユニットまでしか
保有しないこと。相関アリまで範囲を広げれば10ユニットが限界です。


小次郎講師は、投資初心者にとってはリスク値が高いとして
小次郎講師流のリスクテイクの銘柄分散ルールを指南くださいました。

小次郎講師はまた、銘柄分散だけでなく、タイミングの分散についても
解説くださっています。追加玉(増し玉)の分散投資の考え方とは?!
これは難平(ナンピン)とは異なります。
増し玉と難平の違いとは?!

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

*****************************************

TOCOMスクエアに行って、2017年版投資手帳をゲットしよう!!

来週12月5日月曜日午後6時~「マーケット・トレンド」公開生放送にお越しくださった方15名様に、
東京商品取引所発行協力の「CX FX STOCK DIARY 2017」をプレゼントいたします。

この手帳は、2017年の国内外の主な指標だけでなく、各商品の取引要綱や月足チャート、
更には為替・株式など各種年表も掲載しています。

商品・為替をはじめとする投資に関する情報が網羅されています。
自分の投資成績などを書き込んで、あなただけの投資手帳を作ってください!

「CX FX STOCK DIARY 2017」プレゼント付き、「マーケット・トレンド」公開生放送


入場無料!
日時:12月5日(月)午後6時~
会場:TOCOMスクエア
http://www.tocomsquare.com/#access
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-7 東京商品取引所内
<電車>
● 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅(1,3番出口より徒歩5分)
● 東京メトロ日比谷線 都営浅草線 人形町駅(A5出口より徒歩7分)
● 都営新宿線 馬喰横山駅(A3出口より徒歩6分)
● 東京メトロ銀座線 半蔵門線 三越前駅(A4出口より徒歩13分)

<バス>
● メトロリンクEライン「堀留町東京商品取引所」(徒歩1分)
● 江戸バス「堀留町一丁目 東京商品取引所前」(徒歩2分)

新着記事一覧

新着一覧はコチラ

パーソナリティ

山本 郁
やまもと かおる

新潟テレビ21アナウンサー・ラジオNIKKEI契約アナウンサーを経てフリーに。
ニッポン放送では『高嶋ひでたけのお早う!中年探偵団』最後のアシスタントをつとめた。
ラジオNIKKEI『聴く日経』、『テイスト・オブ・ジャズ』のパーソナリティー等。

新しい一週間の始まりにお耳にかかれて光栄です!!
今聴いて下さっている“あなた”をマイクの向こうに意識して価値ある情報を、正確に分かり易くお伝えします。

大橋 ひろこ
おおはし ひろこ

フリーアナウンサー。マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ番組でキャスターとして活躍中。一方で映画やアニメなど声優としての顔も持つ。趣味はアンチエイジング。

袰川 有希
いやがわ ゆき

三井住友銀行勤務を経てアナウンサーに。
日本テレビ系列・静岡第一テレビにてアナウンサーを務め、日テレ報道番組の中継なども経験。
その後、テレビ東京、BSジャパン、日経CNBCなどで経済キャスターとして出演。

小次郎講師
こじろうこうし

1954年(昭和29年)岡山県岡山市生まれ。
チャート研究家・トレード手法研究会・トレードコーチ・投資の学校講師。
タートルズの考え方をベースとした小次郎講師流の手法による投資家教育を続ける。
投資教育の第一人者として、私塾の小次郎講師投資塾や投資の学校などを通じて精力的に「勝てる投資家を育てる」活動を展開している。

【著書】
・「数字オンチあやちゃんと学ぶ、稼げるチャート分析の授業」/総合法令出版
・「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った商品先物取引入門 目からウロコのチャート分析編」/ダイヤモンド社

岡安 盛男
おかやす もりお

1979年4月アムロ銀行(現ABNアムロ銀行)入行。アービトラージディーラー としてスタートし、マネーやフォワードディーラーを経て外為スポットディーラーとなる。83年RBC(カナダロイヤル銀行)資金為替部長。85年ウエストパック銀行にシニア為替ディーラーとして入行。ロンドン支店を含み約10年間勤務1994年にはインドスエズ銀行(現カリヨン銀行)にチーフカスタマーディーラーとして入行。自動車や石油会社などのメーカーや、生損保、商社などの大手顧客へ為替のアドバイスを行う。 1998年独立してデイトレーダーに転身。日本ではまだFX業者はなく、海外のFXブローカーを使ったFXデイトレーダーの先駆けとなる。

パーソナリティ一覧はコチラ